社会

車の廃車手続きをしたいなら俺等に頼るべきだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

長年愛用して来た車が、時が経つにつれて、あちこちガタガタとなり、場合によっては、「廃車」として専門業者に、手続きをして出す事になる時が、訪れる時が来ます。

自家用車もそぅですが、日頃から車の使用頻度が、高い所に関して言えば、それだけ使用頻度による「蓄積疲労」的な所も時には、出て来ます。

主に上がって来るのは、次の所になるかと思います。

最低でもこれだけの種類の会社が、出て来ます。確かに今上げた彼等の場合ですと、仰る通り車の使用頻度は、相当高いですね。

故に自社で、専門のメンテナンス部門も設けている所も存在しております

鉄道会社が、そぅである様に、運転会社に関してもそれだけ日頃から車の点検に関しては、かなり入念に行っている事は、お間違い御座いませんからね

鉄道と比例するかの様に、(バス、タクシー、運送トラック)に関しても一つの商売道具ですから何処かの部分が、壊れたらそりゃ大惨事になります((( ;゚Д゚)))。

ただこれ自家用車でも同じ事が、言えると思います。その理由については、この後お伝え致しますので、その前に対象となる方をお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。

車の廃車手続きをしたいなら俺等に頼るべきだ!

先程冒頭でもお伝えしました通り、新車ピカピカの車を入手したらそりゃ大喜びしますよね( ´∀`)。私でも同じ気持ちになります。

ただそのピカピカの新車も年々使い続けてれば、人を始めとした生命と同じで、必ず老化に比例し、各部がボロボロになって行きます

故に新しいパーツに交換しないと、その機能が、維持出来なくなって来ます。

あるし住まいと同じ様に、定期的に点検する必要が、あります。車だと車検と言うのが、数年に一度ある様に

廃車になる事例として。

そのピカピカの新車が、何故「廃車」になる事になるのか?私が今まで見て来た中での例を例えてお伝えさせて頂きます。

大体主に上がって来るのが、このケースとなります。あくまで私が、今まで見て来た範囲内による事に過ぎませんが(–;)。

ただこの「故障によって修理すら不可能の場合」が、一番「廃車」として多いケースじゃないかなって思います。

車だって寿命が来る事もある。

まさに人が作った事だけあって、その形を記しております。

仰る通り「車の寿命」に伴う原因も有り得る事です。生命と一緒で、作られた物もいつしか寿命が、訪れ別れの時が来ます

それと同じで、車も車で使用年数が、経てば経つほどエンジン等の寿命が、訪れます

そぅなって来ると修理すら出来なくなり、出来たとしても新車に、取り替えた方が、良いとアドバイスを受ける事もあります。

それが「廃車」になる理由として考えられます。

乗らなくなった車をいらなくなる事もあります。

または「乗らなくなった車」を「廃車」に出す事も時と場合によっては、考えられます。

全く使用してない状態だと中古車販売に売りに出せば、済む話しですが、ただかなり劣化した状態だと恐らく「廃車」になる可能性も(なきしろあらず)に、なる事も有り得ます。

恐らくその理由は、中古車販売店で、売りに出した時に、「却下されるか故障している」場合になる事が、主な理由であり原因になっている可能性があります。

その車の廃車の買取こそ俺等の出番だぜ!

この記事では、主に「廃車」の事を検討している方をメインにお伝えさせて頂きました。

実は「廃車」を検討している車問わず、車を純粋に売りに出したい方にとっても嬉しい業者が、あると聞く事もあります。

どこの業者とは流石にお答え出来ませんが、噂では「廃車」は、勿論の事(15年以上使用している車、15万Km以上走行の車、車検切れの車、故障車、不動車、事故車)全て0円以上の値段で買い取ってくれます。勿論バイクだって対応可能です。

廃車と買い取りが同時に出来るのはありがたいです。

まさに夢の様な業者です。この世界中何処を探しても早々簡単には、見つからない事は、お間違い御座いません。

廃車」に出す事を諦めた方にとっては、まさに救いの手となります。

まさにそぅ言った方の為に存在する業者です。

愛車を廃車にするのは名残惜しいかも。

これ「愛車を廃車にするのは名残惜しいかも」って言われると、正直申し上げますと、かなり心が傷みグサッ来ます。

まるで(槍、レイピア)で、心臓が突き刺さったかのごとくに(>_<)。

または(銃弾)で、心臓を貫通されたかの様に(>_<)。

私的にはkawasakiのZEPHYRを「廃車」にする事が、正直本当に心苦しく名残惜しいです。理由は、現在新たに製造されていないからです。

まとめ。

本文では、上記の通りにお伝えして参りました。

改めてお伝えしますと、「廃車」になるケースは、事故によるスクラップでか、寿命によるケースで、「廃車」になると言うのが、大体多いパターンとなります。

やはり人が、いつしか訪れる寿命と同じ様に、車にもいつか寿命が訪れると言う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。