健康

うつ病になればアルコール依存症になる可能性がありますね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




うつ病と依存症」。この二つのキーワードとこの記事のテーマである言葉を聞くと、この画像で例えますと、うつ病が原因で様々な依存症に陥る聞きます。

一度でも何かしらの理由で、うつ病と依存性になると、中々対応が、難しくなって来ます。

私もそぅ言ったうつ病と依存性の方を沢山見て来ました。

正直もぅストレスの塊の枠を越えてました。

この話しを聞いていると、物凄くかなりそぅ言ったうつ病と依存性の方を差別的発言にきこえがちに見られますが、私の経験上事実です。

私の経験を踏まえた上に記事の作成した理由と目的をお伝えして行きます。

また対象となる方も同時にお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。




うつ病になればアルコール依存症になる可能性がありますね?

ただでさえストレス社会と言われている現代です。

ましてや引きこもりによる対人恐怖症に、陥る方も数多くおります。

故にそのうつ病で、何かしらの依存性になる事だってあり得る事です。

その中で主に上がって来る依存症をお伝え致します。

と複数の依存症を聞きます。

この記事ではアルコール依存症を主をテーマに綴って行きます。

まずは依存症と言う事からお伝えして行きます。そもそもそこからですからね。

依存症とは?

日常生活において支障をきたしているにも関わらずお酒を始め、ギャンブル、薬物使用、喫煙、買い物、アイテム課金等にのめり込み、それ等を止められなくなり、自分の力だけでは、どぅする事も出来なくなる精神状態の事を意味します。

その中でアルコール依存症の事に絞り混んでお話しを進めて参ります。

いわゆる精神的不安定です。

アルコール依存性の原因として考えられるのは、精神的ストレスが発端です。

この状態になると当然何か楽しみが生まれ精神的なストレスから解放されます

日常生活上において、日々毎日当たり前の様に飲酒をしないと、精神的な安らぎを得られなくなります。

それも朝から晩までで、かなりと言うより異常な位飲酒をしないと駄目になります。

まさにこれこそが、アルコール依存性となります。

言葉を変えれば「酒浸り」です。

このテーマの一つであるアルコールですが、私自身はお酒アレルギーの上に、酒の席による大きなトラウマを抱えている為飲めない身です

お酒って飲むと気分がよくなり酔えば酔うほど快楽な気分になり場が和むそぅですね?その上本当にお酒が好きな方にとっては、職場、取引先、地元の気の合った仲間達と「楽しくワイワイ」とその一時を過ごしたいと思います。事実その光景を見てると、そぅ伝わります。

でもこれが段々と楽しさが増すと同時に、アルコールがなくしては、ストレス発散等により酒がなくては生き甲斐が感じられなくなると言う思考になります。

おこがましい形でお伝えする形になりますが、楽しみの果てに落とし穴があると言う事もあります。

もっと強い例えを言えば「光ある所に影があり」。

具体的なアルコール依存性の特徴は。

この状態が強くなって来るとアルコール依存症に陥っている可能性があります。

場合によっては、うつ病になっている可能性もあります。このうつ病時に酒を飲むと悪化する恐れがあります。




うつ病とは?

今からもぅ一つのキーワードとテーマである「うつ病」の事をお伝えして参ります。丁度その例えの画像を記してますからね。

そぅ。そのうつ病とは、その画像を記している通り、精神的ストレスと身体的ストレスが、原因で様々な機能障害を起こる事を意味します

例えば(気分が落ち込みヤル気が出ない。不安や焦り、恐怖感が先行しもぅ自殺したい。感情の波が激しくなる。ちょっとの出来事でイライラしやすくなる。不眠症。食欲低下。疲労感、怠慢感)。など最低これだけの症状が出て来る恐れと傾向が、ありますね。

こぅなって来ると引きこもりに走る恐れもありますね?

やはり一番の原因はストレス?

うつ病になる原因は、様々な経緯でなる事が、考えられます。一番大きな原因は、ストレスが原因だと聞きます。

このストレスによる原因は、人によって様々です。どのストレスが原因で、うつ病になるのか?それは一概には言えません。

そぅ重度な精神的なストレスは、うつの可能性が考えられます。当然何か楽しみがないとストレス発散が出来なくなります。

うつ病だと分かったらすぐに専門医に相談すべし。

こぅ言った症状が、発症したらすぐに専門医に通院して、医師の方に相談し、治療をすべきです。

しかし正しい事を知らないでやると取り返しがつかない事になります。

それが、今回お伝えしている依存症です。うつ病に陥ると、人生に前向きになれなくなる恐れが、あります。

よくニュースで「薬物使用による逮捕、誰でもいいから人を殺す」事を聞きます。あるいは「アルコール中毒」に陥る。

一概に決めつけられませんが、原因はそぅと考えられます。

私もそぅ言う方を沢山見て来ました。勿論救えなかったのも事実です。




まとめ。

ここまでうつ病とアルコール依存性の事をお伝えして来ました。

一度でも体を蝕む事になる依存性になると、中々そこから断ち切る事は、難しいです。

このストレス社会と言われる現代社会において、解決策と言えるのは、やはり効果的な気分転換となります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。