ビジネス

これからの時代はまさに(経費=cost)削減の時代です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事のテーマとキーワードは「経費削減」です。

今の時代会社を含む組織経営をして行くに、必要なのはやはり(経費削減)が、最も堅実で確実な方法だと私は思います。

元号が(平成)から(令和)になった事で、新たな時代の到来となり、それに伴い新たな(経営者、起業家、革命家)が、現れる可能性もあり得ます。そぅなるとやはり経費削減の必要性が、生じて来ます

やはり経費削減をする事で、事業投資に回せる資金も出て来ますからね。

何しろ今の時代は、まさに経費=cost削減の時代です。

この記事の対象の方をお伝えした後、本題に入らせて頂きます。

と言う方を対象としております。

予めご了承下さい。




まずは電気代削減!

やはりそぅなりますね(ノ゜ο゜)ノ。電力の自由化により、東電など各地方が構える(◯◯電力)と言う国営企業だけだったのが、今じゃ複数の企業が、電力事業に参入しておりますからね

私個人的に目立つのが、ENEOS電気、東京ガス、au電気、ソフトバンク電気辺りですね。

特にENEOS電気に関しては、度々TVのCMで見かけます。

また東京ガスに関しても、(エネファーム)と言う自家発電システムの電気供給が、特徴的ですからね。

このシステムの特徴は、自宅発電とお湯の沸かしが、同時に利用出来るのも強みであり、他社とは違う形で、電力削減をしたいのが、理解出来ます。

今後確実に言い切れる事は、電気は自然エネルギーを用いた方法で、利用する時代になる事は間違い御座いません。

次に上げるのが、通信費の削減です!

こちらも今の時代における一種の象徴となります。

かつてインターネットは、デスクトップパソコンとノートパソコンが、メインでしたが、今はスマホやタブレット端末が、普及している時代ですからもぅ何処にいてもインターネットが、出来る時代となってますし、言ってしまえば、生活必需品その物ですからね。

デスクトップとノートがメインだった頃は、ブロードバンドと言う通信システムが、普及しましたが、今のスマホとタブレット世代は、Wi-fiの普及、Lien、Skypeなどと言った無料通話システムの普及、更に格安スマホとSIMの台頭で、携帯各社の通信費から補える方法が、続々と出て来てます

時代の進歩の急速化と共に、こちらの通信の業界の成長速度も著しいですね!!( ; ロ)゚ ゚。

今色々と出て来ましたが、具体的に言うとこぅなります。




Wi-fiの有効活用!

これはもぅスマホとタブレットだけでなく、デスクトップパソコンでも確実に一般化されてます

Wi-fiだとWi-fiルーターの費用だけで、経費が、済みますからそれだけでも経費削減に繋がります。

これはもぅスマホとタブレットのパケット費で一目瞭然ですからね。

またタワーマンションの様に高層階にいると、通信の悪さが目立つと聞いた事もあります

Wi-fiでこれを改善する事が、出来るとも聞いた事があります。

今の時代格安レンタルルーターの提供も行っております。また既存の会社でもルーターの提供も行っております。

また公共施設においてもWi-fiは、利用出来ます。

私はタウンWi-fiを入れた方法で、やってますが、このやり方を利用して、通信費の削減も一つの手段です。

無料通信システムの有効活用!

先程もお伝えしましたが、スマホやタブレットだけでなく、デスクトップパソコン、ノートパソコンでも(Line、Skype)は出来ます。

元々スマホとタブレットは、(ポータブルパソコン)みたいな物ですから、当然デスクトップとノートでも使用可能です。

私自身は、正直言いますとスマホでしかLineとSkypeの使い方は、分かりませんので、(デスクトップ、ノート、タブレット)での使い方は、無知に等しいです

なので(デスクトップ、ノート、タブレット)での使い方を聞かれてもお応え出来ませんm(_ _)m。

今はカケホーダイプランもありますので、携帯の通話費に関しては、昔の様に長電話しても何万も取られない時代ですので、携帯代に関しては、さほど心配はないですが、やはり海外での通話のやり取りは、Skypeが有効的となります。

格安スマホとSIM!

今の時代格安スマホとSIMも台頭してます。また携帯大手3社でも、総務省の指示で携帯代削減も実施します。一方の格安SIMでも料金の値下げも可能です。

電気会社とインターネット会社とのプラン!

ドコモ光の例で例えます。ドコモ光を契約し、ドコモの携帯代とのセットにする事で、料金割引プランも組めます。

またJ:COMだとケーブルテレビとインターネットの同時プランも組めます。ただしプランによって値段が、変わりその上において、契約出来るチャンネル数も変わります。

今回は通信費と電気代のみとなります。今後また新たな事が、判明すればその都度お伝えして参ります。




まとめ。

ここまで経費=cost削減の事についてお伝えして来ました。

今の時代ありとあらゆる面において、経費を見直す時代となって来ております。

筆頭を上げれば、やはり電気代と通信費となるでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ずばり!経費削減は、電気代削減こそ最大の特徴です!

私の知る会社が、自信を持って対象となるユーザー様に、ご提供している「新電力見積りプラン」と言うのが存在し、御社の電力費削減の為に大いに貢献してくれるサービスが、存在します。

この先のアイコンをクリックすれば、初めて聞く社名の方もいる事は、お間違い御座いません。


今もお伝えした通り、この会社の電力削減プランの特徴は、皆様のニーズにお応えし、そのニーズに基づいたプランを提供してくれます。

皆様にとってきっとお役に立つ事をお約束致します。それだけの事をご提案出来る強みが、御座いますし、ご友人やご知人の方にもお伝え出来るだけの事もお約束致します。

その電力削減の詳しい概要やご説明も下にある下記のアイコンをクリックすれば、御覧になられます。非常に丁寧なご説明をしてくれますので、ご安心して見れます。

故に事業資金集めや、生活費の向上にも繋がります。


電力削減こそ一つの事業資金の特徴ですよ!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。