イノベーション

経営者の方。今はもはやデジタル化社会の時代です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




まさに仰る通りです。私が学生の頃は、どちらかと言うとまだ「アナログ」色が、まだそれなりに濃い時代でした。

今や完全に「デジタル」色が、どんどん進んでいるので、正直「アナログ」色は、薄れている時代となりつつあります。

その確固たる証明すべき象徴的な存在が、やはり「スマホ」と「インターネット回線」です。

その理由につきましては、私が学生だった頃の携帯電話は、現在の主流の頃であり、多種多機能を搭載した電話の枠を超えたデバイスでなく、どちらかと言うと普通にただ電話する為のアイテムでしかなかったです。

それに当時の携帯電話は、かなり希少価値があり、「PHS」と言った簡易式な携帯電話が、存在しており、電波の範囲もあってか、とにかく携帯電話に関して言えば、かなり希少価値が高かったと思います。

一方のインターネット回線と言ったら、私が学生の頃は、電話回線だけでした。

当時は無関心だったせいもあるか、電話回線のインターネットしかない時代と言う印象でした。

丁度20世紀末の頃に、インターネットに始めて触れる事となり、その頃に「ADSL、ケーブルテレビ」と言った回線を知り、今主流となっている「光回線」もこの頃に知りました。

この二つの進化が、デジタル化社会の象徴的とも言えます

これは専門的となりますが、証券会社の書面等も今やデジタル化となっております

予めご了承下さい。




経営者の方。今はもはやデジタル化社会の時代です。

先程も冒頭でお伝えしましたが、携帯電話とインターネット回線が、そぅである様に様々な事においてデジタル化の加速が、どんどん進んでおります

例えば「カメラ、録画機能搭載のデッキ、オーディオ、時計、固定回線電話」辺りが、とても身近で分かりやすいかと思います。

それに伴い契約書と言った書面においても従来のやり方である手書きによる作成を紙を印刷で大量にコピーしたやり方でなく、Wordと言ったソフトで作成し、そのデータを元にプリンターによるやり方で、シフトしております

お金の払い方も紙幣や小銭による支払い方から「クレカ、Pay」と言ったデジタル式な支払い方法にシフトしつつあります。

アナログからデジタルへの移行は、まさに時代の成長と共に生まれし現象なり。

今までのアナログ式なやり方から現在のデジタル式なやり方になっているのは、本当に時代の流れですね

分かりやすく言うと肉弾戦や接近戦による戦術から、魔法や重火器による中長距離と言った戦術の時代と言う事です

つまり体力勝負でなく、知恵を活かした勝負と言うべきですね。またこれもこれで時代の流れと言う事です。

そぅ言えばこれもデジタル時代の象徴と言うべきです。

デジタル化の実例とは。

契約書と言った書面を紙で作成し、郵送で送るやり方でなく、Word等で作成し、Gmailと言ったメール転送による伝達による手法によるやり方が、一つの象徴とも言えるでしょう

その方が、より早く確実になりますし、経費削減にも繋がります。




そのデジタル化とは。

これは専門的な意味を示す形となります。この場では、広く知られている意味でお伝え致します。

英語では「digital」と呼ばれており、「連続的な量を段階的に区切って数字て表す」事を意味しております。

その数値のデータを0から1を二進法で処理し、段階的に表すメカニズムの事を意味します。

非常に分かりにくいですが、今お伝えした事が、デジタルの意味となります。

何しろ専門的分野が、混じっておりますからね。

そのデジタル化社会における一つの象徴的な存在です。

テレワークと言ったスタイルが、主流となっている事もあり、その必要性をお伝えすべく、今回その事をお伝えしようと思います。

今後ますますテレワークと言った仕事のスタイルが、ますます加速して行きます。その流れに従うべく、今すぐ導入すべきです。

何故なら「スマホとタブレット」が、完全に主流となっており、そのデバイスを活用した時代となっているからです。

全てはパソコンが誕生してこそデジタル化の始まりとなります。

パソコンが誕生した事が、きっかけでデジタル化の始まりが、全てだと決めつけるのは、よくありませんが、確かにパソコンが、誕生しなかったらインターネットの誕生もありませんでした。

けれどパソコンとインターネットが普及し、映像や音楽と言った制作も段々とパソコンによる作業が、一般化へ浸透しました。

その象徴的言えるのが、やはりCGによる映像です。




まとめ。

ここまで本文で、今やデジタル化社会である事をお伝えして参りました。

仰有る通り今や完全と言って良い位デジタル化社会の時代です。

段々とパソコンを駆使した技術により、クリエイティブ性も成長しております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これこそデジタル化社会の象徴的存在です。

本文でもお伝えしましたが、時代の流れと成長により、今やアナログからデジタルへ移行しつつあります。と言うよりもぅ完全にデジタル化社会ですね。

そのデジタル社会をありとあらゆる面から経営者の方のサポートをし、その経営を支え助けてくれる存在です。

そのデジタル化社会と歴史の流れによって、必要な存在として生まれた法人です。きっと良い方向への道しるべとなります。

その事を信じて、今すぐクリックです!


デジタル化社会から生まれし存在です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。