イノベーション

コミュニケーション能力を向上してこそ世の中で渡り合える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私自身もそぅですが、この世の中コミュニケーション能力が、乏しく人に対する伝達する事が、中々上手く出来ない方って正直多いとは言い難いですが、必ず何処かにいると思います。

今もお伝えしましたが、私自身も対面による伝達する事は、かなり苦手で中々自分の意見をハッキリ言うのが、どぅも苦手で緊張して舞い上がると言うか何と言うか(´-ω-`)。

とにかく対面での伝達は、苦手です。

原因は自分でも分かってはおりますが、この場で私自身の原因について触れるのは、控えさせて頂きます。

正直私自身の信用にも関わって来ますので(–;)

とまぁ。本当に人とのコミュニケーションは、私の様に苦手な方が、この世の中たくさんいると思います。

大半の仕事だとやはりどぅしても(対人関係)が、避けて通れないのが、現実なので、コミュニケーションが苦手な方にとっては、正直かなり精神的苦痛になるでしょう。

ましてや外国の方になって来ると言葉の壁が、出て来ますからね(>_<)

とにかく人と関わるのが、煩わしい方にとっては、コミュニケーションはかなり苦痛となりますよ。

またはコミュニケーション能力が、乏しい方も対象となります

予めご了承下さい。

コミュニケーション能力を向上してこそ世の中で渡り合える。

冒頭でもお伝えしましたが、この世の中コミュニケーションが、苦手で中には嫌いな方もいます

コミュニケーション能力が、苦手であり嫌いになるのには、何かしらの理由があるかと思います

コミュニケーション能力が不足し乏しい原因となる可能性があると考えられるのは、次の通りになります。

コミュニケーションが苦手な方の特徴とは。

あくまで私個人的な理由ですが、主に上がって来る原因と考えられるのは、この三つとなります

この他に意志疎通が、苦手で嫌う方も上がって来る可能性が、あります

ただこぅなって来ると、コミュニケーション能力を克服するどころか、逆にその人の心の悩みであり原因となる問題を解決して行かないとなりませんね

特に幼少期と思春期の頃の心のトラウマは、中々解決の糸口が、見つけづらいですからね(´-ω-`)

ただこの問題を解決しなくても上手い具合に高める方法が、探し出せばきっとあります。

むしろその方が、早い段階でコミュニケーション能力の苦手さを解決出来ると思います。

トラウマを克服しなくても解決出来る方法とは。

どぅすれば可能か?難しい事となりますが、まずは「新しい人間関係」の構築を前向きに行う事です。

確かに「人見知りさや対人恐怖症」の方にとっては、相当精神的苦痛な注文となります。

ただここは一つ自分自身を一歩後退させて、上手い具合に相手の方に、良い印象を与える所から始めてみるのが、良いと思います。

言葉悪いですが、過去のしがらみから立ち直り全くのゼロからのスタートを踏み込む事が、とても大切です。

話題豊富になる事も一つの方法です。

次に言える事は、自分の情報量と知識を高め、話題豊富な自分に昇華する事です。

その上において相手に対し、話題豊富さでスムーズな会話を試みる事です。

最後に言える事は、やはり自分自身のそぅ言う弱点とトラウマを解決する強い意思となります。

結局最後は自分との戦いに勝つ事です。

そもそもコミュニケーション能力とは。

簡単に言うと一人一人のコミュニケーションの能力を現している事となります。具体的に言うとこぅなります。

対人的なやり取りにおける意志疎通をスムーズにする為の能力となります。

簡単に言えば、会話がどれだけスムーズに円滑に出来るか。

その事を意味しておりますね。または相手にどれだけ「伝える」事が出来るかもその人のコミュニケーション能力が、分かって来ると思います。

コミュニケーション能力の弱点を克服する方法はこれです!

複数の会社が、実施し提供している伝え方コミュニケーション検定による方法が、無難な方法です。

何故なら基本的に動画によるカリキュラムなので、対人関係が嫌いで苦手な方でもこれならコミュニケーション能力の向上するきっかけに繋がれます。

コミュニケーション能力のレベルがその人の能力が問われる時代です。

今やコミュニケーション能力のレベルによって、その人の能力が、どれだけの物か?問われる時代です。

コミュニケーション能力を克服し高めて、どんな世の中でも即座に活躍出来る方が、一人でも多くの方の頃コミュニケーション能力が、乏しい方も一歩踏み出すのが、どれだけ大切なのか?その真価が、問われます。

決して互角堪能になれと言う訳ではありませんが、元となるコミュニケーション能力を向上してこそその語学力が、生きると言う意味です。

まとめ。

ここまで本文で、コミュニケーション能力を向上してこそこの世の中で、勝負出来る能力が問われる事をお伝えして参りました。

仰有る通りいくら優れた能力を持っていても対人関係におけるコミュニケーション能力が、乏しかったらその能力を活かせません。

コミュニケーションが、苦手で苦痛な方は、まず動画配信におけるコミュニケーション能力の講座を受けてから能力向上を目指すべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。