クリーニング

過去にダウンのクリーニングで困った方にお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を作成した2020年の11月の中頃。丁度(立冬)が、訪れましたので、いよいよ本格的な「冬の季節」到来の時期となります。

まぁ。高緯度地域に関して言えば、一足早く本格的な「」が、訪れておりますがね。

高緯度地域と日本海側の地域においては、雪国と言う印象が、強いので、正直寒くて当たり前な気候となります。

一方の私が住む東京を始め、太平洋地域においては、雪が降る所も存在しますし、時には雪が降る時もあります。

ただ北国育ちの方に、聞く所「東京の寒さはまた別の寒さがある」と言う話しを聞きます。

何だろぅ?湿気があるとかそぅ言うのですかね?まぁ。とにかく寒い事に、変わりありません(;´д`)。

ただこの「」の時期に、おいて必ずと言って言い位マストアイテムが、御座います。

それは「防寒着、手袋、マフラー、ネックウォーマー」と言った「防寒具」です。

中には「防寒靴」も存在します。流石に「スノーシューズ」までは、東京じゃやり過ぎですが(–;)。

ただ最低でも「コート」と言った「防寒着」は、絶対的に必要不可欠な時期となります。

流石に(B-3)と言ったマイナス30℃用のエスキモーの様な毛皮のフライトジャケットまではね(–;)

その(B-3)を着ていると下は、Tシャツ一枚で大丈夫ですが、基本的に厚手なだけあって、重いですからね(–;)。

そぅ言った事に対し、現在では「ユニクロ、GAP」と言ったメーカーが、「軽くて暖かいダウン」物の上着を積極的に、販売しております。

個人的に印象強いのは、「ユニクロのウルトラライトダウンジャケット」です。

そんな「ダウン」物ですが、過去にクリーニングを出した際に、(洗い縮み)とかで困った事が、ある方が、いるかと思います。

予めご了承下さい。

過去にダウンのクリーニングで困った方にお伝え致します。

正直「ダウン」物のクリーニングって、かなり難しいかと思います。

今の「ユニクロとGAP」の作りだと、早々簡単に(洗い縮み)は、しないかと思います。

少なくても私が、日頃お世話になっている近所のクリーニング屋さんだと、(洗い縮み)は全くせずきちんと仕上げてくれます。

これは私自身一度しております。正直今でも「家の洗濯機」で洗った事で、しわしわになった状態による(洗い縮み)をしたと言うとても痛々しい経験が、御座います(;´д`)。

ダウン物は必ずクリーニング屋に出す事。

なので「ダウン」物は、必ずクリーニング屋に洗濯のお願いをして、クリーニングをしてもらう様お願い致します。

これは当時の私にも「タイムマシン」に乗ってまで、言いに行きたいです。本当にそれくらい痛々しい事をしましたので( ´-ω-)。

ただそれでも「ダウン」物だけあって、どぅしても一度は、必ずこぅ言ったトラブルは、あったかと思います。

そのダウン物のトラブルとは。

その一例をお伝え致します。

特に「羽根と保温力」に関してのトラブルは、ご経験されているかと思います。

先程の私自身の痛々しい経験の事を重ねてお伝えする形となりますが、中の「羽根」が、しわしわになって、全く使い物にならない事となりました。

つまりクリーニングに出すにあたって、必ずと言って言い位相当信頼性の高いクリーニング屋に、出す事が大前提となりますそれも全国展開しているチェーン店形式の所に

そぅ言う所だと、仕上がり後のトラブルが、少ないと思います

ダウンのクリーニングの値段はいくらですか?

これはダウン物と依頼したクリーニング店によります。

正直どの店が、いくらでダウン物のクリーニングを扱っているのか、私も分かりません。

詳しくは、それぞれのお店に問い合わせる事が、確実かと思います。

ただ物によりますが、「ダウンジャケット」位になって来ると、最低でも3000円以上は、予算として考えた方が、宜しいかと思います

これはあくまで推測に過ぎません。

ただ時期によって、割引セールでダウン物が、クリーニングに出せる事も出来ます。

ダウンのクリーニングなら俺の出番だぜ!

そのクリーニングの仕上がりの問題を解決すべく、いくつかの業者が、存在しております。

ただ予めお伝えしておきますが、この記事の作成者である私が、日本在住なので、この記事では、日本に存在する有名クリーニング屋の事のみで、お伝え致します。

強いてお伝えするクリーニング屋は、ポニー、白洋舍、ホワイト急便言う有名クリーニングチェーン店です。

それぞれクリーニングのやり方は、ありますが、ダウンのクリーニングなら俺等の出番だぜ!と言うのも納得出来ます。

まとめ。

ここまで本文で、ダウン物のクリーニングに対して、困った方を対象としたメッセージ的な事をこの記事を通してお伝えして参りました。

確かにダウン物のクリーニングにしくじると、クリーニング後は、萎んでいる事も時には、あります。

せっかく入手した良質的なダウンコートもクリーニングに失敗すれば、それまでです。

その解決策として、信頼出来る業者に依頼する事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。