世界情勢、世界的危機

夏場でも決してウイルスの驚異から油断は出来ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




ウイルスの恐怖の時期って基本的には、「冬場」がメインであり、更に言ってしまえば、「空気が乾燥している時期」もウイルスの恐怖の時期でもあります。

従って真冬で空気が、乾燥している時期こそ基本的に、ウイルスの恐怖が訪れる時期となります。

その代表的ウイルスと言ったらやっぱりインフルエンザでしょう。あとノロウイルスも代表的でもあります。

けどその他に、この2020年初頭において新たな驚異のウイルスが、誕生しました。

もぅご存じであり、耳が痛くなり過ぎる程と言っても良いし、長い歴史上においても間違いなく語り継がれるであろぅ・・・・・・・。

そぅ。「新型コロナウイルス」です。このウイルスのお陰で、我々人類はどれだけ振り回され、悩まされたか(≧口≦)ノ。

それだけウイルスは、恐ろしい位恐い存在です((( ;゚Д゚)))まるで恐怖の大王アンゴルモアその者ですね((((;゜Д゜)))

冬場の空気が、乾燥し汚れた時期にウイルスが、活発化し、逆に夏場の様に、「蒸し暑く湿気が多い時期」だと基本的に、ウイルスは後退する事が、多いです。

そもそもウイルスって、熱と暑さに弱いと聞きます。

けどそのウイルスも実は、夏場でも油断が出来ない事もあります。何故か?って(*´-ω・)。かつて夏場でも「インフルエンザ」が、流行った年があったからです。

それにO157と言った(食中毒)によるウイルスは、どちらかと言ったら夏場に流行るウイルスです。

ウイルスが恐い時期は、夏場でも同じです。

そぅ言う事です。決して冬場だけじゃないと言う事をお伝えしておきます。

今もお伝えしましたが、食中毒等によるウイルスも御座います。

そろそろ対象の方をお伝えし、お話を進めさせて頂きます。

特にと言う訳じゃありませんが、これだと全てとなります。




夏場でも決してウイルスの驚異から油断は出来ない。

何故夏場でもウイルスの驚異から油断が出来ないのか?その事をお伝え致します。

今から凡そ10年位前に、夏場でもインフルエンザが、流行した時期がありました。

この事を始めて知った時には、正直予想外の出来事でしたので、戸惑いも隠せなかったです。

(冒険アドベンチャー作品)を例えにしたら分かりますが、冒険アドベンチャーは、基本的に予期せぬ出来事に遭遇し、その出来事から始まる(危険との隣合わせ)が、掟でもあります。

この様に、夏場においてもウイルスの恐怖から逃れられないのが、現実です。

その前に夏場によくありがちな出来事をお伝えしておきます。

と言う事が、上がって来ました。これ等になる原因は、やはり猛暑による体力の低下から生じる事から始まります。更に夏になるとどぅしても「冷たい物」の摂取をしたくなります。

実はこれも夏場の体調を崩すと同時に、ウイルスに対する抵抗力の低下に繋がる恐れが、あるからです。そして何よりとある事が、原因の一つとして、夏場におけるウイルスの驚異から来る恐怖の原因と言えます。

それは強い電波が、関連しております。

2020年からサービス開始した5Gが、その一つの象徴であり、例えとなります。

このサービスは、今までの常識を超えた通信速度が、特徴となりますが、それと同時に、かなりであり物凄い電波の強さが、発します

電波干渉が強いと身体の抵抗力が、低下します。

よく電車内での「携帯電話の使用禁止」が、鉄道内に貼られてますが、その理由について(高齢者)と言った年配者の方の身体に、害を及ぼす恐れが、あるからです。

つまりウイルスの驚異の本質って、電波干渉による抵抗力の低下と言うべきです。

その象徴が過去に夏場のインフルエンザがあったから。

この事が、一概に全て決めつける事は、いかがかと思います。ただ本来インフルエンザが、発する時期に有り得ない事も過去に、存在しました。

当時の事を考えると、夏場のインフルエンザの出来事は、正直言ってかなり予想外であり、想定外の出来事でしたましてや真夏の炎天下の時期によって、体力低下を免れない時期でもあります。何故起きたか私自身今でも予測は、出来ません。

ただこの想定外の事に対する対策は、やはり健康管理の徹底を図ることです。




対策としてマスクを着用する事です。

この事は、正直申し上げますと結論として、一番と言うべきでしょうか?今でも続いている可能性がある「新型コロナウイルス」対策としても取り組む対策なのか?

マスクを着用する事です理由として今申し上げました通り、ウイルス対策の一貫です

更に職種によっては、肺を患う職種も存在しますので、そぅ言った職種の方の為にもマスク着用をお勧め致します

ただしマスク着用は絶対的安全ではない事をお伝えしておきます。

あくまでマスク着用は、外部からウイルスを守る為の対策であります。

本当の意味でのウイルス対策は、やはり日頃から身体のメンテナンスを怠らない事が、大切です。

身体のメンテナンスを心掛けて免疫力を高める事で、ウイルスからの驚異を防ぐ可能性を上げます。




まとめ。

ここまで本文で、夏場においてもウイルスからの驚異は、決して油断が出来ない事をお伝えして参りました。

仰有る通りこの記事を作成した2020年夏場の当時において新型コロナウイルスの猛威が、続いております。

夏場のマスク着用は、正直嫌がる方が、大半となりますが、ここは感染対策としてマスク着用をすべきです!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。