健康

野菜は栄養摂取に必要不可欠な食材である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




野菜と聞いたら正直言って「この野菜は嫌い!」って言うのを思い浮かべる事が、ありますよね?中には、根っからの野菜嫌いを徹底している方もいらっしゃるかと思います

もぅ野菜を見るだけで嫌だ!って言う位徹底して野菜嫌いの方が、この世の中にいる可能性が、あります

小中学校時代の給食の献立で、野菜が含まれるメニューが、あった事は事実です。

完全にだけでなく、一部の野菜が嫌いな方もいらっしゃったと思います。

よく聞く嫌いな野菜ってこの二つが、多いと思います

漫画の世界じゃよく有りがちなパターンですが、現実でもあり得る事だと思います

そもそもそのネタの大元って、こぅ言った身近な所から来ている事だと思います。

あと嫌いな野菜として私個人的に多いなって上げるのもお伝えしておきます。

この二つも嫌いな方が、多いんじゃないかなって思います。ただ野菜が嫌い!って気持ちになると、「野菜欠乏症」になってしまい体にとって良くない事に、なります。

具体的な事につきましては、この後お伝え致します。

お話しを進める前に、この記事の対象となる方をお伝えしないと行けませんね\(_ _)。

と言う二点の方が、対象となります。

予めご了承下さい。




野菜は栄養摂取に必要不可欠な食材である。

野菜が嫌いだと当然であり、当たり前の事ですが、野菜欠乏症に陥ります

まぁこれは当たり前なんですけどね(–;)。

けどそれ以上に、野菜不足になると様々な病状が、出やすくなり、結果最終的に病気に、繋がる事となります( ̄▽ ̄;)

そもそも「野菜欠乏症」になりやすい方をお伝え致します。

となります。こぅ言う方の多くは、「脂っこい物とカップ麺」による食生活が、メインの方が、多い可能性があります。

そぅなって来るとますます「野菜欠乏症」になりやすくなります。

野菜欠乏症になるとどぅなるのか?

では「野菜欠乏症」になると、どの様な病気になりやすいのか?最低でもこれ等が、出て来ます。

と言う5つの病気になりやすい事が、判明しました(;`・ω・)ノ

マジです。本当です。一番目立つのは、やはり「生活習慣病」ですね(>_<)。

私が個人的に目立つ「生活習慣病」ですと、やはりこの二つを上げさせて頂きます。

この他にも「糖尿病と脂質異常症」も上がって来ますが、真っ先に上がって来るのは、枠内の二つです。

やはり肥満になりやすくなるのか?

その大元となるのが、やはり肥満です。現代社会特有による(肉など脂っこい)の食生活が、習慣化して来ると、どぅしても野菜摂取による食生活が、低下して行きます

これが当たり前の様に、なって来るとLDL事悪玉コレステロールが、知らず知らずの間に、どんどん体内に蓄積されて行きます。

この「悪玉コレステロール」が、知らず知らずの間に蓄積して来ると、「動脈硬化」と言った病気になり、最終的に(高血圧症)等と言った「生活習慣病」へと発展して行きます。

一番のきっかけはやはり幼少期の頃である。

一番野菜嫌いになりやすいのは、幼少期の頃です。この頃って食べ物の好き嫌いが、最も分かりやすい時期です。

この頃に(抑圧的)な教育で、野菜嫌いを克服しようとすると、返って逆効果です

脳の働きが、「野菜嫌い」なのを認知し記憶してしまう可能性が、生じて来ます。

従って無理矢理でなく、ヒントを与えるか何かのきっかけを与えて、野菜嫌いを克服させるべきです。

野菜の食べる順番も大切です。

あと野菜を食べる時は、なるべく先であり、最初の方に食べる様心掛けて下さい

理由として、後になって野菜を食べると、糖質の吸収が早く、特に脂っこいものを先に食べると(脂肪)が、蓄積されやすくなりなす

なので、脂っこい物とか問わず、くれぐれも先に野菜を食べる様お願い致します

あとは野菜との組み合わせですね。

ハンバーガーを例にして上げると、(肉、パン、調味料、野菜)を一気に同時に、これ等の食材と食べる事となりますので、カロリーや糖質の摂取が、かなり多くなります

くれぐれもお気を付け下さい。




野菜による酵素の摂取も必要。

実は野菜には、体の良い細胞を生み出す酵素が、多く含まれている事が、判明しております。

実はこの野菜に含まれる酵素と体の関連性が、非常に高いです

体内の酵素は、年々であり日に日に酵素量は、減って行きます。主な原因は次の通りになります。

と言った事が、続くとより酵素の量が減り、逆に「悪玉コレステロール」等を生み出す原因となる「活性酸素」を生み出す形となります。

先程の話しと結びつけると、野菜欠乏症と酵素の減少は、かなり関連しており、活性酸素が、多くなると野菜欠乏症に伴う病気に、なりやすくなります

この事を理解した上で、野菜に対する取り組み方を変えるべきです

野菜が必要なら定期便による購入法を利用するのも一つである。

この現代社会において、24時間営業のスーパーも存在する様に、なりました

ただここは一つ確実に野菜を購入出来る方法も存在している事もお伝えしておきます。

更に無農薬であり、有機肥料も一切使用しない「完全自然栽培の野菜」が、購入出来るルートもある可能性が、あります。

このサービスを利用して、野菜欠乏症と活性酸素に蝕まれた体から酵素溢れる健康体へ、改善のきっかけと繋がるでしょう




まとめ。

ここまで本文で、野菜は栄養摂取と健康体に必要不可欠である事をお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、野菜が欠乏すると様々な病気を引き起こしやすくなり、LDL事悪玉コレステロールが、溜まりやすくなります。

それに伴い動脈硬化や脳梗塞と言った病気になる可能性もあります。

野菜嫌いな方にとっては、酷となりますが、やはりここは自分の健康の事を考えて、野菜嫌いを克服する努力も必要です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。