 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

資産運用を始めるなら株式投資とFXトレードの二つは覚えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後資産運用を始める事をご検討している方へ必ず最低限この二つの金融商品の取引は、必ず覚えて下さい

その他にも債券、不動産、商品、CFDやら複数御座いますが、私自身は、この記事のテーマとなる株式投資FXは、最低限知るべきだと考えております。

何故ならこの二つの商品による取引では、株式の信用取引とFXのレバレッジと言う掛け金の負担を減らして、当たった時の利益が、倍増出来るのが、特徴である事が一つです。

もぅ一つの理由として基本的に投資は、買いから注文が、基本となりますが、FXに関してはともかく、株式の場合は、信用取引を利用すれば、空売りと言う売り注文から出来るのが、特徴となります。

詳しい事につきましては、後程それぞれの項目でお伝え致します。

お話しを進める前に、この記事の作成した理由と対象となる方をお伝え致します。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

株式投資とは。

まずは、株式投資の事からお伝え致します。

株式投資は、企業が証券取引所に上場し、その企業が、お金の出資を株券として発行し、株主にお金を出資してもらう目的としての一貫となります。

何かの番組が、スポンサーに頼ってお金を出資してもらうかの様に、証券取引所から証券会社を通して企業が、お金を出資してくれる為に、株主になってくれる人を呼び掛ける事。

それが株式投資の目的となります。

株式投資は世界各地の市場が存在する。

仰有る通り、私が住む日本だけに止まらず、世界各国に証券取引所が、存在しております。

私個人は、アメリカと中国が、巨大株式市場だと見ております。

この二か国の企業の成長力と企業の規模は、計り知れないと見ております

特にアメリカのダウ平均、S&P500、NASDAQ100は、アメリカだけに止まらず世界三大市場としても名高く、有名です。

また中国においては、中国本土の上海市場と深セン市場、更に香港市場も負けじとかなり大きな株式市場となります。

取り扱う銘柄は数千は軽く越える。

私が住む日本の株式市場だけでもかなりの企業が、上場しております

一体どれ位の企業が、上場しているか数えた事ありませんが、恐らく数千単位の企業が、日本全国の証券取引所に上場していると見ております。

東証だけでもプライム、スタンダード、グロースの3市場に分別されております。

やはりROE指数は外せない。

このROE指数は、外国人投資家にとっては、最重要の株式投資における最重要の尺度として知られております。

また私自身もかなり最重要視しております。

何故なら企業の確かな収益力と成長力を示す指数です。

またROA指数もかなり最重要視しております。

こちらは、企業の経営力を判断基準として知られております。

どちらも10%を最低ラインとして、判断すべきです

ROE指数が、10%以下の場合は、ちょっと考えるべきです

FXトレードとは。

FX。別名外国為替証拠金取引の名前として知られております。

その名の通り、外国為替を商品として扱う金融取引商品として知られております。

ただこのFXは、基本的にインターネット上での為替取引となりますので、インターネット環境が、ないと出来ないと言うデメリットが、御座います。

ただ今の時代スマホが、当たり前の様に浸透しておりますので、スマホがあれば、インターネット環境の問題に関しては、解決が出来ます。

外国為替市場は世界情勢その物である。

仰有る通り外国為替と言うのは、世界情勢その物です。

外国為替が、動く要因は、色々と御座います。

例えば経済統計の発表が、大きく動く要因となります。一番大きいのは、やはり米雇用統計が、大きく左右されて来ます。

あとは世界各国の中央銀行の政策発表です。

特にアメリカのFOMCが、大きく左右されて来ます。

基本的には平日24時間完全オープン。

世界各地のマーケットが、動く限り必ず何処かの国の時差が、昼間となります。

その国の平日の昼間ですと、必ず外国為替市場が、動いております。

だからこそ平日の24時間の間外国為替市場が、稼働していると言う事になります。

ただし何処かの国が、休日の場合は、基本的にその国に関して市場は、お休みとなります。

なのでいくら市場に参加しても動きは、全くと言ってもいい位ないと言ってもいい位です。

やはり主戦上は欧米である。

世界の基軸通貨と言われる米ドルは、基本的にアメリカが昼間の時に動き、ユーロは、ヨーロッパがメインとなります。

何故なら外国為替取引に使用頻度が、この米ドルとユーロと合わせて70%近くと言われております。

理由につきましては、ユーロ/米ドルの記事と併せてご覧になられると、より詳しく分かりやすく説明が、出来ます。

ただし私が住む日本の場合ですと、欧米市場に参加するとなると、基本的に夕方から夜中の時間帯となります。

まとめ。

ここまで株式投資とFXトレードの事について本文で、お伝えして参りました。

取り扱う商品こそ異なりますが、改めてお伝えしますと、どちらもかなりリスクが、高い商品となります。

なので始める前において、必ず外国為替と企業の見方を勉強すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。