 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

老化と糖化に対する対策案。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をご覧になられる前に、必ずこちらの老化と糖化の記事をご覧になられてからこの記事をご覧下さい。

何故ならこの記事の説明だけでは、正直読み手側の立場としては「何か説明が不十分」と捕らえる方がいると思いましたので、この記事と併せた上で、老化と糖化の事をお伝えして行きます。

その事を踏まえた上で、老化と糖化の事を改めてお伝えして行きます。

及び何故この記事を作成し、どの様な方を対象にしたのか?その事をお伝えしてから、改めて本題に入らせて頂きます。

特に「身体を蝕む原因の一つとしての原因」をより詳しくお伝えしたいと言うのが、理由となります。

その事を踏まえて、本題に入らせて頂きます。

予めご了承下さい。

まず老化からです。

加齢に伴い細胞の働きや身体機能や内蔵機能の低下の事を指します

始まるのは40歳からと聞きます

それに伴い皮膚のシワ、視力、聴力、認知判断力、注意力、記憶力等の低下、運動神経や体力の低下、体の抵抗力の低下、脳細胞の減少、心配機能の低下、骨の低下等と言った事が起こりやすくなり、進行しやすくなります

言わば体の錆びとも呼ばれます

一方糖化と言うと。

別名「体の焦げ」と呼ばれ食事において余分な糖質が体内のタンパク質などと結び付いて、体の細胞などを蝕み機能低下させる現象の事を指します

この二つが起こるとどぅなるのか?簡単に言うと老化の進行が進む事になります

と言う事で簡単にお伝えしております。この記事でも簡単に酵素摂取の重要性を強調するつもりでおります

その上において他の対策案を今回は推し進める事を主とします。

糖化による老化進行とは?

体内の酵素は、年齢が加齢すると共に、酵素の量は、日に日に減少していきます。

40歳を向かえると20代の頃と比べたら酵素の生産量が、半分以下になる事もあります。

ただでさえ加齢と共に酵素量が、減少されます

この上において日常生活において活性酸素と言う有害物質が、蓄積されやすくなります

この糖化と言う物質が老化の進行を加速させる原因でも過言じゃありません

その為には酵素の摂取を心掛ける事が重要です

ただ酵素を摂取するだけじゃなく日常生活面においても活性酸素を増やさない様に心掛ける事も重要です。

お伝えしましたた通り、これ等の原因でこの活性酸素が起こりやすくなります。

活性酸素が生み出す原因とは?

最低限これ等の事が、上がって来ます。

と言う最低限の事が出て来ます。やはり活性酸素を減らす事には、こぅした生活習慣の見直し改善が必要になります。

その上において酵素を摂取する事が重要です。そぅする事により老化の進行を遅らせる事になります。

続いて糖化に対する対策案です。

糖化が進行すると一体どの様な事が起こるのか?

この糖化が進行すると最終的には糖化反応が、糖化最終生成物(AGEs)と言う物質となります

この物質は別名終末糖化産物の名称で、体内のブドウ糖とたんぱく質が結合して変性した物です

これが加齢によって蓄積する事からこのAGEsと言う名称で呼ばれてます

この糖化の蓄積で一体どんな事が起こるのか?

最低限これ等の事が、上がって来ます。

となるとAGEs値が高ければ高いほど糖化による身体のこげが、ひどいと言う事になりますね。

やはりこのAGEs値を下げる事が大事になって来ますね。

残念ですが現時点の医科学では、体の中のAGEsを分解・排泄する方法は確立されていませんので、やるとすれば減少をさせる方法となりますね。

まずGI値が低い食生活を心掛ける事です。その上において飲酒、喫煙を減らす。または断つ。優酸素運動を心掛ける。この上において体内酵素の量を増やす事。

ここからは私個人的な意見であります。

毎晩の風呂上がり後のストレッチによる「股関節と肩甲骨」を柔らかくする事を心掛けて下さい。

この二つの間接を柔らかくすると体内の血液循環の促進効果」が高まり、酸素や細胞の働きが進行しやすくなります

それでも中々柔らかくならない事もありますので、この上において骨格整体とアロマリンパドレナージュを取り入れる事です

整体をするなら「トムソンベットによる骨格矯正」と「アクチベーターによる首の凝り」を取る事をお勧めします。

更にリフレクソロジーによる足裏のマッサージにより(血行促進効果の向上、自然治癒力の向上、内蔵の働きを高める、老廃物の排出、疲労回復)等を全て行い「眼精疲労、猫背、肩凝り、腰痛」等の予防をする事により正しい姿勢を保つ事です。

要するに自然治癒力を高めて、免疫力を高めろ!と言う事です。

まとめ。

ここまで老化と糖化の対策案の事をお伝えして来ました。

改めて振り返る形で、お伝えする事に、なりますが、日頃から有害物質を体内に蓄積されやすい環境に、なりやすくしているのも自分自身である事を忘れてはなりません。

色々と試行錯誤してはおりますが、最後は、やはり自分自身の生活習慣の見直しをはかるべきです。

それが、老化の進行を和らげる為のオーソドックスな方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。