健康

健康丈夫な体が欲しいなら睡眠時間7~8時間は確保して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回の記事のテーマとキーワードである睡眠時間が7~8時間を確保すべきであると言う記事を作成したきっかけは、IRONMAN2022年9月号を購入した事が、きっかけです。

筋肉を成長し発達をさせたいなら睡眠時が、一つの鍵を握ると言う特集を読んだ事で、睡眠時間の確保が、必要であると理解したからです。

それに伴い何故寝る1~2時間前に、プロテインを飲む必要が、あるのかも同時に理解しました。

分かりやすく言えば、寝る子は育つと言う言葉が、分かりやすい例えです。

ただ寝れば良いのでなく、良質的な快眠でないと明くる日の朝において、スッキリと目覚めないのも一つの焦点です。

どぅして睡眠時間の確保と確実な快眠が必要なのか?その事を今からお伝え致します。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。

睡眠時間の不足が続くとどぅなる?

体を発達に繋がり、筋肉を作り出すのに睡眠は、必要不可欠です。

寝ている間に、たんぱく質を始めとする栄養素が分解され、その分解された栄養素が、体を作り出しています。

その結果成長期において、ハッと気ついたら身長が、いつの間にか伸びている時もあります。

その為には、睡眠時間の確保が必要となります

睡眠時間が少ないとどぅなるのか?その事をお伝え致します

体のコンディションが万全でなくなる。

ただ睡眠を取れば良いってもんじゃないですけどね(–;)。

睡眠時間が少なく寝不足が、続くと前日の疲れが残り、その状態が何日も続くと風邪を始めとする病気になりやすくなります。

また肉体的疲労の回復にも影響して来ます。

睡眠が少なく疲労が、残った状態が続くと腰痛と言った怪我に繋がるリスクが、生じて来ます。

あと内臓の働きにも影響を及ぼします

脳の働きが鈍くなる。

今のパソコンスマホ社会になりますと、当然眼精疲労と隣り合わせとなります。

脳と目の神経は、かなり密接に繋がっております。

睡眠不足による蓄積疲労が、続くと脳の働きにも影響を及ぼし、結果ストレス、うつと言ったイライラになりやすくなります。

体の発達の影響が出て来る。

この事は、IRONMAN2022年9月号の特集をご覧なれれば、分かります。

睡眠時間の確保もそぅですが、夜中の12時位に、睡眠中に成長ホルモンが、働くと聞いた事があります。

ただ睡眠を取れば良いのでなく、寝ている間に成長ホルモンが働く時間をよく知る事を想定して睡眠時間の確保が、必要となって来ます。

交換複合神経の働きに影響が出て来る。

睡眠時間の確保もそぅですが、人間の体って本来その時間に寝床つき、決まった時間に起きると言う体内時計による習慣が、あるそぅです。

つまりその体内時計に逆らわず、規則正しい生活を心掛けないと、交換複合神経の働きに影響を及ぼし、ホルモンの働きにも影響が出て来ます。

確実な睡眠を望むならこの方法です。

こぅ言う言い方は大変おこがましく聞こえられそぅですが、私が、今まで生きて来た人生の中で、学んで来た事をベースに、確実な睡眠であり、グッスリとした快眠に繋がる方法をお伝え致します。

この方法が皆様の参考に繋がれる事を願っております

ストレスを溜めない。

私自身も時々ストレスが原因で、中々寝付けない時が、あります。

また夜中に起きてしまう事もあります。

今の時代ストレス社会ですので、ストレスを完全に抜けた状態で、睡眠に入るのは、正直中々難しいです。

完全とまで行かなくても出来るだけストレスを溜め込まない事を心掛ける事が、大切です。

風呂上がりのストレッチを怠らない。

この事はもぅずっと自分に言い続けており、あるし自分の中における使命感みたいな事でもあります。

何故風呂上がりそれも湯槽に浸かった上でのストレッチにこだわる理由ですよね?

それは体の翌日の疲労感が、抜けている事が大きな理由です

前日の風呂上がりに、体が最も柔らかい時に、ストレッチをし、関節の可動域を広げて筋肉の疲労を抜けやすくなります。

血行促進効果を高めた段階で、疲労が抜けやすい体に手入れすれば、快眠は勿論の事、翌日の疲労が抜けやすい状態で向かえられます。

食生活に気を使う。

この事もかなり最重要視しないといけませんね。

夕食後から最低でも2時間間隔を空けてから寝る事を心掛ける事が、大切ですが、正直申し上げますと、出来る事なら和食と言った消化に良い物を食べる事を心掛けて下さい。

あと個人的に、ボリュームある脂っこい食事を取り過ぎない事をお勧め致します。

和食と言ったヘルシーで消化に良い食事と違って、消化に時間がかかりますので、寝ている間に消化時間を用いる可能性もあります。

そぅなって来ると、快眠が難しくなる事もあり得ます。

寝しなにスマホと言った物で目を酷使しない。

この事は、IRONMANで鈴木雅先生が、インタビューで答えてました。

私も気を付けねばならないなって思いました

何故か?と仰いますと、眼精疲労になっている事は、勿論の事目を刺激している段階ですので、目が起きている状態になるからです。

そぅなって来ると中々睡眠状態に繋がりにくくなります。

言葉を変えれば寝付けが悪くなると言う事です。

まとめ。

ここまで本文で、健康丈夫な体が欲しいなら睡眠時間7~8時間は確保すべきである事をお伝えして参りました。

この現代社会において、睡眠時間が7~8時間確保しろ!何て言ったら正直難しい所です。

本文でお伝えした方法を用いて、例え睡眠時間が少なくても効果的な睡眠をすれば、快眠は望めます。

これぞ!睡魔対策?となります。

快眠タイム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鍼灸治療によって体質改善してこそ快眠の秘訣です。

これは私自身が、日頃から取り組んでいる事です。


鍼灸治療による体質改善を行い、痛んでいる体を本来正しい状態に向かい、その正しい体の状態を保つ事によって、快眠しやすい体へ改善する方法です。

更に鍼灸治療の場合は、神経のツボに鍼をうつ事で、細胞の働きを活性化させると同時に、血流の働きも良くなります。


と言う事は?当然筋肉の発達にも役立つと言う事です。


あくまで提案にしか過ぎませんが、ここは一つ鍼灸治療を日常生活に取り入れる事も選択肢に入れるべきです。


それでこそ快眠する秘訣となります。


鍼灸治療で快眠しやすい体へ改善への扉です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。