 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
バイクツーリング

本当の意味での筋力アップメニューをこなす事が確実なり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代において、必ずと言って良い位(必修科目)の中に、含まれる「体育の授業」が、存在します。

その体育の授業において、必ずと言っても良い位、準備運動から始まります。その準備運動から始まって、漸く体育の授業が、始まります。

目的として考えられるのは、やはり身体を動かす事による楽しさを教える一貫として、考えられます。

多分ランニングか、ドッジボールからスタートになるんじゃないのかな?夏場だと水泳も含まれますが。

あっ。鉄棒の授業もあったか\(_ _)。

とにかくそぅ言う事です。中には嫌がる方もおりますが。理由として上がる可能性が、出て来るのは、「体育の授業が嫌になるから」。

それに伴い身体を動かすのが、嫌になる方も出て来ると思います。

となります。ただこれは授業からのスタートとなります。

実は筋力アップのトレーニングって、街中にある児童公園とかでも存在しています

雲梯(うんてい)って呼ばれる公園内に、あるハジコの様な器具。あるいは鉄棒や登り棒。

こぅ言った器具が、実は「筋力アップ」にも繋がると言う事です。

例えば雲梯にぶら下がって、腕による移動によって、腕力が鍛えられる事が、出来ます。

また鉄棒による懸垂(けんすい)運動でも腕力が、鍛えられます。

こぅした本当に身近な器具による方法が、筋力アップの基礎を教えていると言う事に、なります。

またアスレチックランドに言っても筋力アップトレーニングの事を教える事が、可能となります。

予めご了承下さい。

本当の意味での筋力アップメニューをこなす事が確実なり。

冒頭でも身近な器具ややり方で、筋力アップトレーニングの事をお伝えしました。

雲梯も家庭向けの販売もしており、場所とスペースがあれば、自宅内でもトレーニングが、可能となります。

そもそも筋肉自体(インナーとアンダー)と呼ばれる二種類が、存在します。

インナーが内側でアンダーが外側となります。

内側重視で鍛えれば、細身の状態となりますが、身体の内面から引き締まり、筋肉の線が強調される身体となります。

一方外側重視ですと、体つきが大きくなり、たくましさが強調される身体となります。

どちらを目指すのか?それはあなた方一人一人の理想の体型によります。

ただこの場であり、私自身の経験上これだけは、必ずと言っても良い位!この方法こそ筋力アップに繋がるトレーニングとなります

それはストレッチです!

なぜストレッチを上げたのか?その理由をお伝え致します

となります。アスリートの方でも身体が、柔らかい方の方が、怪我をしにくい方の例が、そぅ言う事となります

いくら筋肉をつけても身体が怪我しやすいのは、恐らく身体が固くて、筋肉の細胞が、行き届きにくくなっているからです。

結果として本当の意味で、筋力アップには、繋がらないと言う事です

筋力アップトレーニングは、ただすれば良いものではない!

恐らく学生の頃に、運動をすればする程、筋肉がついて来ると教わっているかと思います。

でもこれ実は間違った教わり方です。何故か?って。お伝え致します。

詳しくはこの記事をご覧になられれば、分かると思いますが、一度筋力トレーニングをすると、組織内における筋肉の細胞が壊れ、修復するのに、一週間かかると聞きます

筋繊維が壊れてる時のトレーニングは、返って逆効果です!

その間において、トレーニングと共に、生まれる新たな筋肉の細胞が、身体の中に行き届き、その細胞に付着し、痛んだ筋肉の線が、修復するまでの間に、筋力トレーニングをすると、返って逆効果となり、結果として、悪循環となります。

恐らく筋肉痛もその事が、原因となります痛んでいる時にやると、痛みが悪化して、怪我に繋がる恐れが、出て来ます

なので筋力アップトレーニングをするのに当たって、今お伝えした事を前提によく理解して下さい

これこそ筋力アップが確実なサプリです。

それはアミノ酸とプロテインです。理由としては、数多くのアスリートの方に、支持されており、取り入れている事が一つです。

更にアミノ酸とプロテインによっては、腸内環境を整えて、栄養吸収効果を高め、更に胃腸に優しいのも存在しております。

アミノ酸とプロテインを取り入れ、より効果的な筋力アップトレーニングをする事で、理想の体型を手にする事を願っております。

私が個人的にお勧めのサプリメントをお伝え致します。

強いてお伝えするならグルタミン酸とクレアボルと言うサプリメントです。

理由としてグルタミン酸の場合は、ハードな運動後において、筋肉が壊れやすくなります。

そのグルタミン酸をトレーニング後と起床時に摂取する事で、筋肉の分解を防げます。

一方のクレアボルは、トップアスリート向けに開発された爆発的な瞬発力を引き出す効果が、あります。

まとめ。

ここまで本文で、本当の意味で、筋力アップを目指す事が、確実である事をお伝えして参りました。

改めて本文でもお伝えしましたが、ただがむしゃらにトレーニングをするのでなく、トレーニングの本質と意味を知る事で、確実な筋力アップを目指せると言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。