 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
社会

人生100年と言われる時代。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前麻生副総理が、「老後の年金は2000万円必要」だと言う事は、もぅ記憶に新しい出来事です。

この事は、一時期問題となった事もありました。野党もこの事は、追求しました。

それに証券会社等金融機関も今「人生100年時代」だと言う事も訴えている所も存在します。

70歳以上の政治家と経営者を見てれば、分かりますが、もぅ昔の頃の日本の様に、短命的な寿命でなく、本当の意味で後期高齢化社会であり、生涯現役の時代へとシフトしつつあります。更に年金支給年齢の設定案も出つつあります

そぅですね(-_-;)。その麻生副総理もそぅですが、ソフトバンクホークス王会長、長嶋茂雄終身名誉監督、小沢一郎議員、二階俊博幹事長等を見ればもぅ一目瞭然ですね。

いずれも70代後半で、間もなく80歳になろぅかと言う方々です。それでも尚現役ですからね( *゚A゚)。あっ。長嶋茂雄氏と二階俊博幹事長は80代か??。

この記事でお伝えしたいテーマとキーワードは、人生100年計画と年金2000万円の事についてです。

更に突き詰めれば、「国に頼らず自分の事は、自分で何とかする!」と言う事です。

予めご了承下さい。

年金金額は2000万必要と言われている。

先程冒頭でお伝えしました通り、麻生副総理が、老後の年金は2000万円必要だと言う事は、正直波紋を呼ぶ発言となりかねます

今の国の財政を考えたら、日本年金機構に、年金の支払いの記録が、完全に残っていたとしても「支給不可能」になる世の中になる可能性もなきにしろあらずですからね。

と言う事は?言い換えれば「国から年金が貰えなくなる時代( ´゚д゚`)エー」と言う事になります。

私の友人等もこの事に対する危機感を持っている方もおります。私も私で、もぅ年金は国からの支給じゃなくなるんだなって常々感じております。

どぅでしょう( ゚Д゚)ノ。麻生副総理は、そぅ簡単に言いますが、今の雇用情勢を見ていると正直簡単に言えますかね(–;)。いくら働き方改革をして、副業推進をしても。

若い頃から年金を積み立ててないから。

私個人的な意見になりますが、難しいと思います

理由として、企業勤めが一生涯出来るのが、困難な時代であり、フリーターの方々が、年金の支払いをしない方も存在する時代だからです

その上において「将来の事を考えず今を楽しく生きたい」と言う考えの方も存在するからです。

結論で言います。若い頃から定職につかず、年金の支払いをしなかった事が、最大の原因だと言う事になります。

麻生副総理は2000万円必要だと言うのは簡単に言いますけど、やはり波紋を呼ぶ原因は、そぅ言う事になりますね。

結局一人一人が、老後の事を考えず、今が楽しければ良いじゃん♪と言う考えの方が、存在しているからです。

年金は自分で作る時代となりつつある。

恐らく麻生副総理の発言の真意は、ここじゃないかと思います?企業と金融機関が、(401k/DC/iDeCo)を出している理由は。

麻生副総理は、親族企業に小松製作所と言う企業が、存在します。麻生副総理の祖父の兄上殿が、起業した企業として知られます。

麻生副総理を支持する訳じゃありませんが、彼の様に経営者家系は、自分達で稼ぎ自分達で老後の資産を作ると言うのが、恐らく代々言い伝えられていると思います

それに比例して自分の資産は、自分で作るべきだと言う事になりますね?この発言の真意は。

それはお金の作り方を学ぶに等しい!

そぅなります。「国民/厚生」両年金だけでなく、先程お伝えした確定拠出型年金だと自分で、資産運用形式となります。

更に不動産投資等による年金方式となると(最低限ローン)は、避けて通れなくなります。

場合によっては、ローンが通れない可能性もあります。

自分でお金の勉強をしなければならない!

と言う事は、年金2000万円を作るには、自分でお金の勉強をしなければ、なりません。

そぅなるとやはりファイナンシャルプランナーと組むか、自分でファイナンシャルプランナーの能力を身に付けるかになります。

物凄く簡単で無責任な言い方になりますが、今の時代と言うよりこの先の時代、自分で年金を作る時代となりつつあります。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すれば、資産の管理やらの能力が、自然と身に付きますので、限られた資産の中で、どぅやって2000万円の年金を作るのか!

その事を考えるべきです。

最後は国に頼るのでなく自分で何とかする。

特に「フリーランス/自営業者」の様な方は、尚更自分で資産形成をし、自分のやり方で、年金2000万円と人生100年計画をする必要が、あります

何故なら経営者は孤独との戦いであり、自分が先頭に立って動かなければ、ならない立場だからです。

まとめ。

ここまで人生100年時代と老後の資産が、2000万円が、必要な事を兼ねてお伝えして参りました。

本当に老後は、悠々自適でのびのびと暮らす夢を描いているのであれば、やはり今からお金の勉強をすべきです。

そのお金とどぅやって付き合って行く過程で、2000万円の年金を作り上げて行く事が、我々現役世代の難題となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。