イノベーション

歴史上の終わりと始まりから真のイノベーションが誕生する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




社会科の授業で教わる事ですが、紀元前の頃から始まる太古の原始時代から現在までにおける(長い年月による歴史の歩み)を見ていると、もぅかれこれ「何千万年」以上続く歴史の歩みの中において、必ずと言っても良い位「終わりから始まる」と言うサイクルの連鎖が、続いております。

これも私達のご先祖様達が、作り気づき上げて来た時代が、一つのきっかけが理由で終わり、その終わりの過程から新たな始まりが誕生すると言う(自然の摂理)が、歴史の中における旅路と言うのが、イノベーションが生まれる一つの理由とも言えます。

イノベーションとは革新なり!

それは現状の体制等を改めて変化する為の出来事であるつまり改革すると言う事です。特に政治ではよくある事です。

これまでの歴史の動きを見ていると、必ず何処かでイノベーションは、起きております

例え小さな出来事であろぅと必ず何処かで起きている事は、事実過言です。何故ならそれは、一つのきっかけから生まれるのです

予めご了承下さい。




歴史上の終わりと始まりから真のイノベーションが誕生する。

これまでの語り継がれる数多くの歴史の中において、様々な「時代と元号」が存在しております。

今の日本の元号は(令和)ですから恐らく「令和時代」と言われてもおかしくないでしょう。

今までの歴史上において、必ずと言っても良い位「一つの終わりと始まり」が、現実として現れております。

最近だとやはり(平成から令和)に、移り変わった事が最も象徴的と言えます。この他にも歴史上において様々な終わりと始まりが、存在します。

その内の一つがテレビの電波塔の移行です。

まず言えるのは、テレビの電波塔の移行です。

戦後から始まった日本のアナログ放送を支えて来たのが、ご存じの通り東京タワーです。

しかし様々な動きと進歩により、デジタル放送が誕生し、その技術に対応すべく、東京スカイツリーが誕生日し、現在の東京の電波塔は、東京スカイツリーとなっております。

お伝えしたいのは、映像技術の革新的な発展により、従来の電波塔の発信力じゃ対応出来ない為より高度な技術を用いた電波塔の誕生が、必要不可欠となった事です。

インターネットの誕生も歴史の終わりと始まりの証拠です。

後個人的に長い歴史上において、イノベーションと上げたい事は、インターネットの始まりと携帯電話の誕生です

何故ならこの二つの交わりとなる象徴となる「スマホ」が、現在の社会において、必ずと言っても良い位あらゆる面における必需品となっております。

今思えばインターネットの誕生は、本当に一つの時代の始まりと言うべき象徴的です。

パソコンによる通信サイトの閲覧から始まった事により、そのインターネットを活用したビジネスモデルが誕生し、現在においては、そのビジネスモデルを主体とした会社が、次から次へと誕生し、躍動しております。




終わりなき成長こそイノベーションが誕生する瞬間である。

この無限大に存在する宇宙が、その事を示している様に、この現世が永遠と続く様に、人々の成長もまた絶え間なき続きます。

つまり日々の可能性と成長し続ける事に、よって無限の可能性の幅と奥行きが、広がっております。

一つの時代における限界が訪れ、その限界を解決し、乗り越えるべく始まりと言う新たなイノベーションが、誕生し続けております。

その中で「イノベーター」と呼ばれる存在も誕生しております。

つまり終わりと言う言葉は、新たなイノベーションの幕開けと言うべきです。

その渦の中に存在する我々一人一人が、その時代の変化に対応する為に、日々成長をしなければ、社会は成長出来ず、次なる世代へバトンタッチが、出来ないのです

その繰り返しこそ歴史上における終わりと始まりから生まれるイノベーションと言うべきです

または破壊から生まれる事もある。

個人的に印象的なのは、「第二次世界大戦」、「明治維新」、「戦国時代」です。

いずれも一つの時代の破壊による出来事から始まっております。

個人的に最も上げたいのが、「第二次世界大戦」です。

アメリカの原爆投下によって焼け野原となった日本の光景を見ていると、本当に積み上げて来た文明が、崩壊しあたかも滅び去った光景が、印象的です

更に資源も戦争時に使い続けた事で、資源が乏しい国と言う印象も見受けます

ただこの「第二次世界大戦時による破壊」から始まった戦後の日本の姿を見ていると、言葉悪いですが、滅び去り失われた日本を新たに作り上げた姿を見ていると、本当に破壊による終わりから始まった事が、とても印象的なイノベーションとも言えます

全ては終わりと始まりからの連鎖の繰り返し。

先程もお伝えしましたが、全てのイノベーションの源であり、我々に取り巻く社会の連鎖こそ終わりから始まる歴史の連鎖です。

その歴史において、必ずと言っても良い位「歴史の代弁者」と呼ばれるイノベーターが、必ず存在します。

そのイノベーターを一人でも多く生み出すべく、常に変化し続ける歴史の連鎖による終わりと始まりの本質を見抜き、新たなイノベーションを生み続ける事もこの先きっと続きます。

そしてこの記事と併用して読んで頂ければ、より一層楽しめると思います。




まとめ。

ここまで歴史上の終わりと始まりから真のイノベーションが誕生すると言う事を本文で、お伝えして参りました。

仰有る通りこれまでの歴史上の歩みの原点であり源は、全て一つの出来事の終わりを告げ、新たな始まりから誕生すると言う事が、多くの形で語り継がれております。

この先永遠と続く現実において、一つの終わりによる破壊が行われ、破壊が終えた頃に、新たな誕生による始まりが、訪れるでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歴史の終わりと始まりから誕生した象徴的となる存在です。

今からお伝えする存在は、まさに長きに渡り続く「歴史の終わりと始まり」の連鎖が、続く中において、一つの象徴的な存在として相応しく君臨する存在となります。

何故ならこの存在は、終わりから始まる事により、新たな時代の始まりの支えとなるべく誕生した存在です。更に言えば、歴史の代弁者とも言えます。

この存在こそ歴史の代弁者です!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。