 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

筋トレの基本はまず握力を鍛える事からスタートです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレ」を始めるにあたって、何をどぅやったら良いのか?はたまたどの部分の「筋肉」を鍛えたら良いのか?平たく言えば、「基礎体力」をどぅやって鍛えたら良いか?ですよね。

これ本当にそぅなりますよ。いやぁ「トレーニング」って結構色々な方法がありますし、どの「トレーニング」からスタートすれば良いのか?正直分かりません。

そもそも「筋肉」をどぅすればつけられるのか?まずそこからお伝えしないと、ただ闇雲でがむしゃらなやり方や知識を覚えても正直難しいと思います。あまり過度なやり方で、覚えたら返って逆効果な事もありますからね(;´д`)

となりますね。まさにその通りだと思います。流石に(プロアスリート)とまで行かなくても(–;)身近な方でも「発達した筋肉質」の体型の方でも多くの方が、いらっしゃると思います。

分かりやすく言えば、学生時代の部活や習い事の先輩とか。そぅ言った方の(体型)を見ていると、どぅすれば「筋肉質」の(体型)になれるんだろぅなって思いますよね。流石に(プロアスリート)の体つきだとハードルの設定が、高くなりますが(–;)。

まぁ。そんなこんなでどぅすれば「筋肉」が、つきどの部分の「筋肉」を鍛えれば、良いのか?その辺をお伝えして行きたいと思います。

その前に、対象となる方をお伝えしないといけませんがね\(_ _)。

予めご了承下さい。

筋トレの基本はまず握力を鍛える事からスタートです。

筋トレ」をどぅやって始めたら良いのか?またどの部分からスタートし、どの部分を重要視すれば良いのか?まずはその辺からお伝えしないといけませんね。

と私の中ではこの三つとなります。確かに「足腰」による「ランニング」による「トレーニング」は、スポーツを行う上において、基本中の基本ですからね。

特にどの種目が重要問わず、「足腰」その物が、土台となっておりますので、まずその土台となる箇所を忠実に鍛えないと、正直申し上げますと怪我する事もあり、大元の力が、発揮出来なくなります。また(肺活量)等のスタミナ不足が、懸念されます。

ただ私個人的に主観的に、「筋トレ」で最も基本中の基本的に重要としているのは、「握力」です。おぃおぃおぃ(´□`; 三 ;´□`)白井さんよぉ(°o°C=(_ _;何で「握力」が、重要視するんだよ(`Δ´)って思いますよね?

これ実は理由が、あるのです。実はこの記事を通してお伝えしたいのが、「握力」の重要性と言う事です。で?何故重要なのかって?お応えさせて頂きます。

と言う事です。全てにおいて共通している点に、ついて上げるならやはり「重い物」を持てる力が、必要だと言う事となるでしょう。

その通りです。「握力」の場合ただ物を握る力だけでなく、先程もお伝えしました通り(前腕部)の「筋力」の強さにも大きく関わって来ますので、実際その人一人一人が、「腕力」があるかどぅか・・・・・・・その人の「握力」の強さが大きく関わって来ます。

何故「握力」=「腕力」なのか?その上においてどぅして「握力」が強い方こそ「腕力」が、あるのか?故に「握力」が、どぅしてそれだけ重要視するのか?その理由をお伝えさせて頂きます。

となります。分かりやすく言うと野球のバッターが、速い球を打つ為に必要な握る力が、必要だからです。

本当の基本はストレッチで体を柔らかくする事。

これこそ本当の「筋トレ」の基本中の基本です。何故ならストレッチの本質は、体が柔らかくなる事もそぅですが、内蔵の働きを活性化させると同時に、体の血液循環促進に伴う細胞が、行き届きやすくなると言う特権が、御座います

詳しくは、こちらのストレッチ関連の記事をご覧になられるとその意味が、見えて来ますが、体の靭帯に伴う関節や「筋肉」を柔らかくする事で、怪我予防はともかく「筋肉」の正しい発達にも繋がります。結果(アスリート)の基本は、柔軟性が高い体となりますので、彼等が、それだけ筋骨隆々な体型なのもそれが、大きな理由だと思います。

勿論日常生活における体の手入れの徹底さもそぅですが。

筋トレの基本の握力を鍛えるならこれです!

やるならやはり(ハンドグリップ)です。しかも最大90kgまで重さが、調節出来るのをお勧め致します。

その理由としては、強度の重さが調節出来る(ハンドグリップ)だと、いちいち一個一個購入せず一個で複数の負荷をかける事が、出来ますし、その上において、「筋肉」の成長に伴って「筋力」に見合う(ハンドグリップ)が、通常のスタンダードタイプだと、先程もお伝えしました通り一個一個購入をしないといけなくなりますので、調節式だと一つですむからです。

握力を鍛える事で脳を活性化に繋がる。

先程もお伝えしました通り、「握力」を鍛えておくと脳の働きの活性化にも繋がりますので、結果として勉強もはかどりやすくなりますし、頭の回転の速度も高まりますので、結果として健康的にもなります。

更に(ハンドグリップ)を握りながらダンベル運動に有りがちな「上腕二頭筋」の運動も可能ですし、両手でハンドグリップを挟むと、「胸筋」も鍛える事も可能です。

つまり(ハンドグリップ)による「トレーニング」は、それだけ「トレーニング」の範囲が広く有効活用が、可能だと言う事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。