 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

就職氷河期の頃の方を支援する事は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そのタイトル通りこの記事のキーワードとテーマである就職氷河期の方を支援すると言う事になります。

今から凡そ20年くらいなります。1990年代半ばから2000年代前半に、かけて就職活動をしていた学生で、正社員として就職が、出来なかった方々の事を指します。

きっかけは、「昭和末期から平成初期にかけて起きたバブルの崩壊」による経済の停滞により、正社員から非正規社員(いわゆるアルバイトパート)雇用をメインによる雇用のシフトが、著しくなった事です

その時期に就職が出来なかった方を対象に、現在人手不足の企業の正社員雇用を募らせている状態です

予めご了承下さい。

就職氷河期の頃の方を支援する事は。

そぅですね(-_-;)。丁度その頃高校卒業時期を迎えた方が、今回の対象となりますね。

大学とかになるとまた更に年齢層が高くなりますね。

その上において「ミッシッングワーカー、引きこもり、フリーター、ニート」辺りの方もこの記事の対象となります。

と言う事になります。今からさかのぼれば、確かに今までバブルの崩壊によって1995年に日経連が、日本型経営の見直しを提言し、労働者派遣法改正によって、先程もお伝えした通り「正社員雇用から非正規社員雇用」をメインとした雇用採用にシフトした事が、一つのきっかけです。

いわゆるアメリカ式雇用形態となる。

正社員雇用となると高学歴の方や、非正規雇用からの社員登用の形での採用方式と移行しつつあります。いわゆるアメリカ形式雇用ですね

このやり方だと確かに、年功序列から実力主義制度になり、「選ばれた方こそ正社員となれる!」そんな制度ですね。

つまり経済を活性化されるには、有能な人材しかいられない!となります。

けどこのやり方による(歪みでありツケ)が、現在様々な形で、出回ってます。

話すと長くなりますので、それぞれの項目でお伝え出来ればと思います。

未経験の中途雇用が、増えると人手不足は、解消となる。

まずはここからです。それは確実に言えます。

日曜の求人広告や街中の求人広告のチラシ、タウンワークの求人欄、ハローワーク辺りに行けば分かりますが、求人広告の募集要項を見ると(未経験の採用も可)と言う項目が、あります。

確かに未経験でも採用する会社は、ごまんとあります。現に私の周囲の方も未経験で、就職した方もおります。

この方法なら確実にと言い切れます。ただその一方で、年齢が重なるにつれ、採用条件が厳しくなって来るのも現実です

私自身も警備会社退職後に、その現実を突き付けられました

いくら人手不足解消の為の一貫として、就職氷河期者支援を掲げているとは言え、企業側としては、未経験の人を採用し、育てるにはそれだけの人件費が、かかると言うのが、企業側の意見となります。

就職氷河期支援をするなら中長期的視野で。

それでも対象の方を支援するとなると、やはり中長期的視野で行う事が、確実です。

本当に雇用を拡大し、経済を活性化させ、更に就職氷河期の方を支援して、人手不足解消を目論むなら「政府、厚生労働省、企業、民間人材雇用会社」等が、一体となって取り組む必要が、あります。

最大の難関は、ミッシングワーカーと引きこもり経験で陥っている方。

やはりこれですね。そぅ。就職したくても長らく、様々な事情で就職出来なくて(就職活動)を諦めている方。

言い方を変えれば(生活保護受給者)の存在。また何かしらの原因で、精神的に追い詰められて、トラウマを抱えた方。いわば引きこもりになった方。

こぅ言う方をどぅ就職支援して行く事も今後の難題となります。

もし採用した場合でもこぅ言った長らくのブランクによって、何かしらの後遺症みたいなのが、出る可能性があります。私も今までそぅ言う方を見て来ました。

心のケアと共に立ち直るきっかけも必要。

就職支援したとしてもその後の心のケアを周囲で、支援して行く事が、とても重要です。

またそぅ言う事に、甘えずに自分から率先して乗り越える事も必要となります

これは該当者だけでなく、普通に就職した方にも同じ事が言えます。

いくら就職氷河期者支援をしてもそぅ言った心の傷を育む事も重要です。

その難関を解決してこそ、就職氷河期者支援と言える。

そぅ。それこそが本当の意味での就職氷河期者支援と言えます。

ただその一方で、私や友人を含むいわゆる「フリーランス、起業家、経営者」の様に、雇用者からの属性から外れる方もおります。

友人は特別な経歴ですが、私を含む大体の方は、会社勤めしてから独立する方が、大勢です。

やはり大きな原因として「会社を勤めるよりは、自分で稼ぐ力を付けた方が良い」と言う考えの方もおります。

結論で言いますと一番の難題は、やはり「本当の意味で誰しもが働きやすい職場環境作り」を目指す事となります。

それが出来てこそ始めて就職氷河期者支援と言えるでしょう

人手不足と騒がれている時代の中において、ただでさえ人材が、欲しい時代です。

ましてや過去に引きこもり経験が、ある方においては、中々職場に馴染めない方もいるかと思います

その上において、ブランク期間も長い事も事実です。

まとめ。

ここまで就職氷河期支援の事についてお伝えして参りました。

一生懸命諦めずに、正社員を目指して就職活動を続けいる方にとっては、本当にお気の毒となります。

ただ一度就職を諦め、何かしらの事が原因で、引きこもりに陥り、社会から疎外した方にとっての就職支援は、正直困難です。

ただ本当にその方々にとっての就職支援は、就職後の勤務先での事です。

心の傷でありトラウマから立ち直るきっかけとなるケアと支えが、必要となります。

それが本当の意味での就職氷河期者支援だと私は考えております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。