 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
バイクツーリング

事業資金調達にお困りの方。それなら俺達に任せてくれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対必ずしもとは言い切れませんが、長き尊い人生においていつしか一度転機が、訪れその重大な選択を迫られる事に、遭遇する時期が訪れます。

それは何なのかは、正直申し上げますと誰しもが、予想予測は出来ません。私自身も出来ません。

当たり前です!人の運命ってどぅやって定められてるのか、本当に分かりません。

けどこれだけは言い切れる事だと思います。

生きている以上必ず何処かで、決断をしなければならないと!」と昔お世話になった方からそぅ教わった事が、あります。

もぅかれこれ今から10年位前の事ですが。

その一つの決断として上げる事は、「独立起業」です。

つまり自分が新たに会社を起こす事です会社を起こすと言う事は、自分自身の実力で、稼がなければならない立場となります

当然それだけ稼ぐ事を前提とした実力が、必要となって来ます

更に本当の意味で稼ぐ実力が、必要となって来ます。

その上において(社長=経営者)の立場となりますので、当然「強い事業それも長く続く過酷な現実に勝てるだけの事業が、必要となって来ます

その事業を運営するを前提として、必ず必要になる事が、御座います。

それはズバリお金です!

言ってしまえば、ビジネスを運営して行く為に必要な資金と言う事です

経費やら何かやらと色々な資金が、出て来ます。その為の事業資金としてのお金が、必要と言う事です。

予めご了承下さい。

事業資金調達にお困りの方。それなら俺達に任せてくれ!

そぅなりますね。そもそも何で「事業資金」が、必要なのか?そこからお伝えしなければ、なりませんね。

会社や自営と言った経営する立場となって来ると、必ず事業に必要な道具等を揃えなければ、なりません。

例えば・・・・・・・・(-_-;)鍼灸院で例えると「店舗物件、待合室の家具、治療用ベッド、鍼灸治療道具、受け付け机、電話、人件費、制服代」と最低でもこれだけ揃える必要があります。

この一ヶ月間の経営に必要な経費として使用するのが、事業資金となります。

事業資金を集めるのは正直言って大変です。

ただ事業資金を集めるとなると、正直申し上げますと物凄い莫大な金額となります。

何しろ会社と言う一つの組織を支える為として、必要となって来ますからね。

一番堅実的な方法としては、自分でお金を計画的に作りそのお金を事業資金として、回すのが堅実ですが、それだとかなり月日が用いますし、お金を作るだけの時間すらない事も出て来ます。

手っ取り早い方法として、資金調達による方法が存在します因みに資金調達は、ローンによるお金を借りる方法です

事業資金を作る方法をまとめます。

最低でもこの二つによるやり方が、存在します。これは意外な例ですが、会社を上場した場合の例ですが、株式を発行してのやり方も存在します

つまり証券取引所に上場し、株式を発行させるやり方により、株主に出資して貰う例も存在します。

この場合ですと、専門的な話しも出て来ますので、ここいらにしておきます。

詳しくはこちらをご覧になられると、株式の事が分かって来ると思います。

詳しい事はこの後お伝えしますが、事業資金を調達すると言う事は、言ってしまえば「借金経営」すると言う事になります。

それでも資金調達による事業資金でやるなら「本当に社会的信頼性」が、ある所でやるべきです。借金を返せなくなると、後で大変な事になります。

その事をご理解の上お願い致します。

そもそも事業資金とは?

簡単であり一言で説明すると、事業を運営して行く、もしくは新規事業の立ち上げに必要となる経費の事です

主に上がって来る事業資金だと「新規事業資金、開業資金、運転資金」が、主となります。

この事業資金の調達方法としては、(銀行などの金融機関か、日本政策金融公庫)による融資での方法でのやり方が、一般的に多いです。

ただし「CIC」で「異動」が、ついている場合、または債務整理期間の場合において、基本的に融資は受けられないケースが、多いです。

その事をご理解の上お願いします。

俺等こそ事業資金調達の手助けが出来る。

まさに今お伝えした通り、銀行と言った金融機関、政策金融公庫と言った社会的信頼性のある金融機関のお力を借りる事が、無難と言えます。

ただそれだけのリスクを伴いますので、無計画なやり方でなく、経営、事業計画に詳しい専門家の方の知恵を借りて、行う事が望ましい方法となります。

最後は自分で返済出来るかどぅかです。

やはり最後は、こぅ言う展開になります。

資金調達となりますと、その方にそれだけの債務返済能力と信頼出来ると判断されます。

となると勝てる事業だからこそ起業し、勝負に出る訳です。

まとめ。

ここまで本文で、事業資金を集めるのは俺達に任せてくれ!と言う事をお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、闇金融と言った業者からお金を借りて、資金調達してもかなり返済に苦しむ事になります。

開業と言った起業をし、資金調達をするならやはり堅実で、無理のない返済計画が、出来る段階でやるのが、望ましいです。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。