イノベーション

仕事の業務効率化を図る事こそ会社成長の第一歩の証しです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




時と共に人々は、成長し進化し続けるこの事は、もぅ太古の昔からの伝統であり、自然の摂理であると同時に、生きている以上絶対逆らえない!宿命でもあります

その意味は、もぅ日々の日常生活における(新聞やNetNews)等で、ご覧になられると理解出来ると思います。

または歴史の事を調べても分かって来ると思います。お伝えしたい事は、常に世界の動き(特に社会経済)を見ていると、もぅその流れが、分かって来ると思います。

日々人々は、常に成長をし続け、それと共に産業面においても「便利化」が、進み続けてます。

時には、世界的危機にさらされる位の(イレギュラー)も起きますが(´-ω-`)。

そのイレギュラーが、いつ起きるか予測出来ないので、そのイレギュラーが、起きた時においてもその対策は、日々怠らない様に、研究をし続けてます

私個人的にこの2020年において、印象的なのが、「高輪ゲートウェイ駅」の設備です。

その理由として上げたのは、治安問題対策として、AIを用いたロボットによるセキュリティを導入した事です。

年々犯罪の質が悪化し、それに伴い人の力だと、人手不足に伴い限界に達している事もあります。

そこで、時代の流れと共にAIセキュリティによる方法で、業務効率化を試みたと思います。

業務効率化は、時代の成長と流れによる導き出した答えであります。

あと人間の体は、どちらかと言うと朝昼型体質なので、施設警備になると夜間を交えた「当務」もありますので、言ってしまえば、24時間当直勤務となります

お伝えしたい事は、夜通しによる夜勤で体を壊す事もありますので、そぅ言った対策として、JR東日本様は、新たな試みとして、AIを用いた業務効率化を図ったと思います

予めご了承下さい。




仕事の業務効率化を図る事こそ会社成長の第一歩の証しです。

冒頭でもお伝えした通り、時代の流れと進歩と共に、常に効率化が、進むのが、世の中の仕組みとなります。

その効率化は、多様的となっている為、どれがどぅなのか、説明すると難しく長くなりますので、この場では控えさせて頂きますm(_ _)m。

私個人的に、この業務効率化の大きな源として上げたいのは、やはり一番大きいのは、「一つのきっかけ」です。

先程もお伝えしましたが、一年間の中で、必ずとは言い切れませんが、「予期せぬイレギュラー」が、起きます。

それはいつ何処でどぅ起きるのか?本当に予測が、つかないです。まさに予測不能のイレギュラーです

予期せぬイレギュラーの例を上げます。

2020年においては、「新型コロナウイルス」が、最もそのイレギュラーの象徴的となります

このコロナウイルスがきっかけで、インターネットにおける「オンライン業務」によって、時間と場所の調整による業務効率化が、可能となり実践されました。

その流れの原点をたどると、この3つの要素から生み出されています。

AIはちょっと(–;)って思いますが、「パソコンとインターネット」に関して言えば、業務効率化における源として、大きく関わっています。

今のリモート社会として成り立っている。

その「パソコンとインターネット」のノウハウを用いて、携帯電話もただの携帯電話に止まりません。

今やパソコンよりも便利な「スマートフォンとタブレット端末」が誕生し、先程の話しと結びつけますと、オンラインビジネスの象徴的となる「zoom」が、誕生しました。

またLineも一つの象徴的となります。詳しくはこちらをご覧になられると分かりますが、今やLineも生活必需品と同時に、ビジネスツールの一貫として、活用されております。

お伝えしたい事は、世の中の動きを見て、これだ!と思った事を常に取り入れる姿勢が、大切だと言う事です。




業務効率化は社会の流れに伴う。

そぅなります。例えばインターネットが、良い例です。発足当初は、ただの通信サービスとしてしか使用目的が、なかったのですが、今やインターネットは、一つのビジネスモデルとして、大きく貢献しております

一つの例を例えると、youtubeを始めとした(動画配信サービス)です。この動画配信による宣伝によって、広告宣伝面において、幅が広がり、有効活用化に大きく繋がります。

youtubeの存在も一つの業務効率化となります。

何がって?youtubeは、googleの参加企業なので、世界的知名度が高く、グローバル展開も積極的に行っているので、youtubeによる広告だと、自然的にグローバル展開となります。

結果アナログ的なペーパーによる宣伝費の削減となり、動画配信だけで、宣伝による業務効率化も可能となります。

つまり社会の流れにおける成長と共に、業務効率化も進み結果便利化となります




まとめ。

ここまで本文で、仕事上において業務効率化を図ってこそ会社の成長における証しである事をお伝えして参りました。

本文でもお伝えしておりますが、時代の流れによる成長に伴い必ず何処かで、一つの限界が、訪れます。

そぅ言った限界を乗り越えるべく常日頃から業務の改善に伴う業務効率化を図っています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

更に仕事上における業務効率化を図るならこれです!

御社にとって、更なる業務効率化を図る武器と手法をお伝え致します。


下のアイコンの存在を味方につける事です。その理由は、「経費削減、Webビジネスの展開のサポート、新規事業サポート」等様々な面に、おいて親身になってサポートしてくれる法人です。


創業者の方も「人の為に尽くす事を目的に設立した」と言うスローガンで、今日まで存続しております。


業務効率化の最大の目的は、人々の為に、尽力を尽くす事こそ最大の目的です。


さぁ!そのパートナーが、すぐそこに待ってますよ!その業務効率化の最大の武器であるパートナーが。


これこそ業務効率化における最大の武器です!

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。