 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
教育

子供の教育が一番大切な時期。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それは幼少期から小学校の6年間の頃だと思います

この頃って身体が全然出来上がってない時期ですし、学習能力も高い時期ですからね

小学校1年生の勉強を例にして例えるなら分かると思いますが、学校の勉強の最も基礎中の基礎を学ぶ時期じゃないですか。

学年ごとにその内容は、積み上がり故に新たな分野や科目の勉強も入ります。

身体も非常に元気な時期でもあります。冬場でも半ズボンの子供も見かける事もありますからね。

あるし一番身体が元気で物事も覚えやすい時期でもあります。

やはりその理由は、子供は素直で純粋だからでしょう。とにかく物覚えが早く、何にでも興味関心を持つ時期ですからね。

その理由をこれからお伝えして行きます。

その前にターゲット層をお伝えしなければ、なりませんね(´□`; 三 ;´□`)。

特に3番目の「子供に将来本当の意味で自立して欲しい方」ですね。今回のメインターゲットは。

予めご了承下さい。

子供の教育が一番大切な時期。

子供を育てる事は、次なる世代を作ると言う重要な役割となります。

その子供が、次世代の社会人となり、やがて大きな偉業を成し遂げる可能性もあります。

その子供を育てるのに、一番大切な時期は、一体どの時期なのか!?

私は、幼少期と思春期の頃だと考えております。

この二つの時期こそが、成長期に辺り、最も成長と吸収力が、優れている時期だと考えております。

何故なら最も頭が柔らかい時期だから。

やはり頭の吸収力が、最も柔軟で素直な時期が、この頃です。

先程ご説明した通り(物事が覚えやすい時期)ですから、人としての基礎教育も一番大事な時期でもあります。

個人的に上げるとすれば、食べ物の好き嫌いを直す為のしつけです

確かに幼少期の頃の教育は、本当に重要です。

食べ物の好き嫌いを直さないまま大人になったらそりゃ恥をかくのは、その人本人ですから本人もそぅですし、親としても恥ずかしがるでしょう。

無理矢理によるしつけは返って逆効果です。

けどこれ逆効果です。正直言いますと、無理矢理好き嫌いを直そぅとすると、返って脳が「嫌いになる事を認知し記憶」してしまう事が、ありますので、食べ物の好き嫌いを無理矢理直す事は、控えた方が、宜しいかと思います。

あと食べ方も幼少期の頃に覚えて、そのまま大人になっても習慣化する事もあると聞いた事が、あります。

いずれにしろ食べ物の好き嫌いと食べ方のしつけは、なるべく無理矢理押し付けるやり方は、控えて子供自身で考えて上手く直すやり方を教えるべきです

将来社会に出る為の一貫として、その期間において学校教育など様々な教育で、教え学び自立した大人になってもらう目的が、あります。

社会に出ると言う事は。

社会に出ると言う事は、あるし冒険に出るのと同じ事となります冒険に出ると言う事は、幾度なく危険と試練の隣り合わせが、連続で続きます

例えば、海や川に出れば、「津波、激しい川の流れ、突風、嵐」などに直面します。山だと「突然の山嵐、落盤、スコール、雪崩、突風、落雷、火災」に直面します。

雪原などにおいても突然の「吹雪、雪崩」に襲われます。更に平原においても「落雷、突風、砂塵」などに直面します。

共通なのはやはり地震でしょう:-<

冒険は、常に危険と試練との隣り合わせとの戦いですその冒険を乗り換えるには、それだけ精神的に逞しく剛健でなければ、なりません

大きな試練に勝てるだけの強さも必要。

社会に出ると言う事は、それだけの試練の連続と言う事です試練を与えられるのは、その人が、それだけ成長が出来る!と言う可能性を秘めているからです

生まれつきであり、幼少期の頃から甘え根性のまま大人になった方には、普通の人の倍以上であり、過酷で残酷な試練となるでしょう。

こぅ言う言い方は、おこがましく高圧的に思われますが、正直言ってそぅ言う「どんな局面において自分の事を理解し、味方になってくれないと心を閉ざす方あるいは周囲の空気を読まず、常にわがままを通さないと気が済まない方。」と言った甘え根性で、精神的に軟弱な方には、試練を乗り越えられるだけの強さはなく、最終的に自分の事を大切にしてくれる方に甘えてしまって終わります。

言ってしまえば、冒険に出ても強くなる可能性は、難しく人の倍の強さを求められます

そぅ言う大人にさせない為にも幼少期の頃からの教育が、大事と言う事です

ただし抑圧的な態度と環境であってはならない。

これは自信持って言い切れます。この話題はかつて関わっていた知人の例ですが、正直言ってこの知人とは、絶縁してますので、多く語りたくありません。

人間的にも好きなタイプじゃありませんので!もっと言えば、生きている間は、二度と会いたくなく関わりたくない!そんな人です。

結論で言ったら「甘え根性で、自分の事を大切にしてくれる人に甘える」タイプです。多分「生まれつき甘え根性」でしょう。

何故そぅなのか?

父親が、とても厳しい方だったので、幼少期の頃から厳しく育てられた事は、聞いた事があります

そのせいで、その父親のしつけに対する不満とストレスを覚えたまま大人になってますので、人相や性格も擦れたまま大人になったと言う事です。昔グレたヤンキーだった頃のまま以前に。

何しろ目付きも「何かに対する不満とストレス」が、出てますので。

抑圧的な態度と環境での教育は、本当に逆効果です。また甘やかし過ぎても駄目です!

それだけ試練を乗り越えられる強さは、備えられないと言う事です。

理由は後々の人生で、ストレスによる不満を覚えるから。

今もお伝えしましたが、いくらキチンとした教育したと言いきっても外に出た時の態度や評判を聞くと、全然違う!と言う事になる事もあります。

教育と言うのは、それだけ難しいと言う事です。一つのやり方次第で、大きく変わりますからね。

現代社会と言う世界に冒険に出すと言う事は、それだけでも重要な使命です。その事を理解するべきです。

まとめ。

ここまで子供の教育の重要性についてお伝えして参りました。

正直お伝え致しますと、人は云々育てる事は、本当に難しい事です。

抑圧的でスパルタ教育をしても返って逆効果な事も時には、あり得る事です。

ただ忘れてはならないのは、本当に社会に出て、試練を乗り越え、自立出来るかは、その人次第です。

その事を十分理解して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。