 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

ボケ、痴呆、アルツハイマーの病状を抱えている家族の方へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のタイトルが、それを示している通り「ボケ、痴呆、アルツハイマー」の病状。痴呆に関しては、現在「認知症」と呼ばれる事もあります。

見出しの説明の写真の様に、ボケるとは?脳の働きが鈍くなり、脳の機能が崩れ落ちると言う事を例えます。それがこの記事のキーワードでありテーマです。

元々年齢が、重なるにつれて、老化の進行が、徐々に進んで来ます。

体力面だけでなく、脳も老化が、進行するのも事実です。

そろそろお話しを進めたい所ですが、お話しを進める前に対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

ボケ、痴呆、アルツハイマーの病状を抱えている家族の方へ。

このアルツハイマー病状は、一般的には後期高齢者の方に多く見られますが、実は「若年性認知症」も言葉に聞く事があります。

私は正直申し上げますと呆ける事は、この日本白井新聞を立ち上げるまでは、年齢が高齢の方がなるものだと思ってました。

言葉を置き換えれば、後期高齢者の特有の病気と思っておりました。

しかし若年層の方でもなる事を知った時には驚きました。認知症問わず他の病気でも。

そもそも「ボケ、痴呆=認知症、アルツハイマー」とは何か?

簡単にお伝えしますと、一種の物忘れが、凄くなる症状とでもお伝えしておきます。

まずは呆けからです。

簡単に言い分かりやすく言えば、年齢が重なるにつれて知覚や記憶力、認知判断力」が鈍くなる事を意味します。

もっと強い言い方をすれば、物忘れが激しくなりやすくなると言う事も現します

続いて痴呆=認知症についてお伝えします。

昔の呼び方では、痴呆と呼ばれております。現在では、認知症と言う呼び方に変わっております。

この認知症を具体的に言うと、成人後に、脳に損傷を受けることによって、脳の細胞が死滅するに伴って認知機能や記憶力が低下する状態を意味します。

主に「脳血管障害、脳外傷、変性疾患、アルコール中毒」などが原因で起こる。

続いてアルツハイマーをお伝えします。

このアルツハイマーは、よく耳にする言葉です。具体的にお伝えしますと、脳機能の低下に伴い「記憶、思考、行動」に問題を起こす病気です。

認知症に多いのが、このアルツハイマーが、よく言われます。

この病状は時と共に病状が進み多岐には渡りますが、最初は物忘れから始まりますが、最終的には死をもたらす事もあります。

ただ私個人的にこの場では、若年層認知症について上げたいです。

若年層認知症の初期症状とは?

このイラスト解説の通り、簡単に言えば65歳以下の方の認知症の事です。女性の方よりも男性の方の方がなりやすいと聞きます。

元々人間の細胞は、20歳になった時点で、毎日10万個づつ死んで行くと言う話しを聞いた事が、あります。

ただ若年層認知症の場合は、また別にあると見ております。

その若年層認知症には、中核症状行動・心理症状の2種類が存在します。

中核症状と行動・心理症状とは?

まずお伝えするのは中核症状からです。

中核症状は、脳の障害で起こる症状です。具体的に言うと先程お伝えした「記憶、思考、行動」力の低下です。

つまり新しい記憶から薄れて行き、いつどこか時間と場所が、分からなくなり、その上において判断力、思考力、理解力等の低下が進行しやすくなると言う事です。

次は行動・心理症状です。

一方の行動・心理症状は?と言うと「徘徊、妄想、幻覚、うつ、不安、焦り」等です。

このタイプは、一種の精神的不安定さ、シンナーなどの薬物中毒から来るパターンですね。

若年、高年層問わず一度なったら周囲の介護が必要になります。そぅなって来ると経済的や時間的な負担が重くのしかかります。

その認知症にならない為にはどぅすべきか?

残念ですが現在の医学では治療方法は存在しません。治療や医薬の研究は進んでますが、確実な治療法や解決策は本当に存在しません。

ここまで申し上げると正直誹謗中傷になり得ますが、過去の記事のテーマであげましたが「糖尿病、高血圧症、血管病」に一度かかったらアウトだと同じ様にこの症状にも同じ事が言えます。

あるとすればこれらに該当したら早期に医者に行く事です。

その他には脳や精神的なストレスを与えない様にし、低下を減少させる事ですね。

あと日頃から読書やクロスワード等で、日頃から脳を使う習慣をつける事ですね。

最後に運動によって脳の働きを活性化させる事です。

特に前頭葉の働きが、私個人としてとても重要だと見ております。

まとめ。

ここまでボケ、痴呆、アルツハイマーの事をお伝えして来ました。

この記事を作成して行くにつれて、改めて振り返りますと、アルツハイマーに患う方は、高齢者の方だけじゃないと言うのが、よく分かりました。

私自身も他人事じゃないと言うのも分かります。

若年層認知症の事を考えると本当に恐ろしく、自分もいつなるのか分からないです。

だからこそ日頃から脳の働きを上手く活性化する様心掛ける必要性が、あります。

やはり一番は、運動をする事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。