不動産

部屋探しするにあたっていつからすべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




部屋探しする時期がいつからなのか?ですよね?世間一般的に、知られているパターンとしては、「転勤時、進学時、入社時」そして「上京時」が、最も多いパターンとして、知られます。

何しろ仕事をするなら(東京)など都会に、多く集中しておりますので、大学等も東京など(関東地方首都圏)をメインに、部屋を探す方が、多いと思います。

何でしょうね?ただ単純に、東京での生活に、憧れる?からですかね(–;)。

東京に出て来れば、「新宿、渋谷、池袋、銀座、原宿、六本木、上野」辺りが、遊びのスポットですからね。

勿論それ等の場所で、買い物も出来ますし、楽しみが溢れていっぱいですからね。

そぅ言う楽しみも一つ部屋探しをするきっかけとなります。やっぱ部屋を探すなら自分が、住みたい場所に、住みたいですよね。

予めご了承下さい。




部屋探しするにあたっていつからすべきなのか?

部屋を探す時期なら先程、お伝えした通り、進学や就職が、決まった時期となります。

一番多く集中する時期は、3月から4月の始め頃における年度末から年度始めの時期となります。

この時期は、あくまで日本の場合ですが、大体の時期は、年度末と言う事になります。

因みにアメリカの進学時期は、9月と聞きます。

ただこの記事では、別のルートでもお伝えして行きます。

それは会社等の寮から出て行かなくては、ならない事を余儀なくされた方です。

プロスポーツクラブは勿論の事、会社によっては、社内寮や社宅を設けている所も中には、存在します。

場所に関して言えば、その組織においてよりきりですがね。

何を伝えたいのか!?今もお伝えした通り、寮に住める期間って、組織によっては、時期が限られております。

寮にいられる時期は。

プロスポーツクラブになると、長くいられても(5年位)と聞きます。

それ以降は、寮に住めなくなり、強制退寮となります。学生寮だと卒業する頃には、退寮扱いとなります。

一般企業の例だと、大体の例だと「退職か転勤」時が、多いと思います。

また寮にいるよりもどこか別の部屋に、住みたいと思う事も一つのきっかけとなります。

予めお伝えされた場合は別として、突然の解雇による通達だと部屋を探す時間が、難しくなります。

その突然の解雇による例とは。

分かりやすい例だと、警備会社の寮住まいです。

警備員だと仕事が、なくなると収入が、ゼロとなりますので、人によっては、退職する事も考えます。

なので、寮に入りたくない方も中には、おります。

あと今回お伝えしたい事は、家賃を払えなくなって、強制的に部屋から出て行く事を余儀なくされた方も中には、存在します。

一番多い例は、景気が突然悪化し、会社等が倒産され収入が、全く入らなくなった方です。

貯金があれば話しは別ですが、中には貯金が全くない方もおりますので、そぅ言った方も部屋を探すきっかけになります。




その部屋探しのポイントは。

一番重視する点は、やはり(通勤、通学圏内)において、通いやすさを重視する方が、多いと思います

そもそも実家を離れて、わざわざ上京等して、部屋を探す目的は、そぅなりますからね。

次に部屋を探すポイントとなる点は、やはり「家賃、間取り」そして「立地場所」となります。特に家賃でしょうね。

簡単にお伝えしますと、同じ間取りでも(東京都内と川を股がって近郊都市)と比べたら家賃が、大きく変わって来ます。

恐らく給料のほぼ半分近くが、家賃で取られますので、最も重視するするのは、間違いなく家賃となります

従ってなるべく家賃と通勤圏内の両立を図って、探す事が、大切と言う事になります

なるべく家賃を安く抑え、通勤時間を短くしたいと言う需要が、あるかと思います

これこそ部屋探しのコツとなる業者です!

部屋を探すにあたって必ず避けて通れないのが、不動産屋に来店する事です。例えば(ピタットハウス)とかですね。

学生時代でもそぅですが、社会人になって来ると、仕事疲れ等で来店するのが、面倒だと感じる方が、多い事は、お間違い御座いません

ただ今の時代になりますと、インターネットによる不動産でのお部屋探しが、普通に出来る時代となります。

勿論従来の店頭型不動産屋もインターネットによる部屋探しを積極的に行っております。

つまりインターネットによる部屋探しこそ時間が取れる。

最終的には、現地に足を運んで実物の部屋を見る事になりますが、不動産屋に赴かなくても部屋探しだけならインターネットで、出来るのが今の時代の特徴とも言えます。

Yahoo不動産辺りは、丁度その象徴的とも言えます。

Yahoo不動産ですと、物件の購入も行っております。

将来不動産投資をお考えの方は、ある意味最適な不動産屋となり得ます。




まとめ。

ここまで本文で、部屋探しをいつの時期にすべきか!についてお伝えして参りました。

本文でもお伝えしましたが、基本的には、年度末の時期が、盛んになります。

その時期を想定して、インターネットによる不動産探しをすれば、いちいち不動産屋に足を運ばなくても良い方法となります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。