ビジネス

資金調達の一つである助成金とは何なのか?簡単にお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




資金調達と聞いたら一体何を思い浮かびますか?

真っ先に上がって来る事は、資金を集めると言う事が、上がって来ます

その方法は、銀行からの資金調達による融資が、主に上がって来ます

あとは消費者金融と言った所から資金を集める方も中には、いらっしゃると思います。

勿論政府金融公庫からの融資と言う手段もあります。

ただこの方法となりますと、正直言って事業で、結果を出さなければ、返済が滞り場合によっては、自己破産申告しないといけなくなります。

現に会社が倒産して自己破産申告をしている経営者の方も数多くいらっしゃいます。

ただ助成金であり補助金となると時と場合によっては、返済不要と言う話しを聞く時が、あります。

この記事では、助成金の事をキーワードとテーマとしてお伝えして参ります。

お話しを進める前に、対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。




助成金とはどの様な仕組みなのか?

お話しを本格的に進める前に、助成金がどの様な仕組みなのか?その事からお伝えしてからお話しを進めて参ります。

その助成金は、厚生労働省が管掌している国が定めた支援金の一つです。

主に経営者を対象とした雇用に関係してる支援金として理解して頂ければ分かりやすい解釈となります。

ただこの助成金にもいくつか種類があり、助成金を受け取るには、審査があると言う事を理解して下さい

この場をお借りしてお伝え出来る事は、法令違反が申告されている会社には、助成金の審査は、通らない可能性が、あると言う事です。

理由として厚生労働省が、労働環境の良い会社だと認めた場合に信用が増すと言う事です

つまり労働環境が悪く、ブラックな会社だと判断された企業には、審査が通らない可能性があると言う事になる可能性が、あります。



何処から助成金が得られるのか?

基本的には厚生労働省を通して国から得られるのが、一般的だと理解して頂くと分かりやすいです。

結論からして国から支給される給付金と解釈して頂ければ幸いです



助成金は返済不要?

基本的には返済不要と言うメリットが、あります。

何故なら支払った金額が、後から受け取る仕組みとなっている関係で、自然に要件を満たす為の事業計画を作成した後に、審査しその後審査が、認められれば受け取れる仕組みです。

ただ審査が通るには、それだけの信頼が必要と言う事になります




事業を展開して行くなら助成金に頼る方法もある。

世間一般で言うなら銀行から融資による資金調達が、嫌なら助成金の申請をして頼る方法もありです。

事実助成金は、その為に存在していると判断されます。

ただ助成金に頼る方法だと助成金の場合色々とハードルが、高いです。

その事を今からお伝え致します。



何故なら助成金の申請が必要である。

先程も別の項目でお伝えしておりますが、基本的に助成金を受け取れるには、それだけの審査が通らないと受給出来ません。

審査が通ってから受け取れるまでの期間が、凡そ1年から1年半かかります。

何故なら実施計画作成した後に、厚生労働省の認可を受けてから第一審査通過の様な形で、要件を実施します。

その後半年間の待機期間を得て最終審査の様な審査が、行われます。

結論からして本当に助成金が、受け取るのに信用性があるかを見極める期間となります。

この長い期間を通じて、申請が信頼出来るかどぅか見極める期間となります。



最後は経営者の手腕にかかっている。

最後はそぅなります。助成金を受け取るには、それだけ長い期間を用いりますし、銀行等から融資を受けるには、最低でも金融ブラックだと融資が、通らないのが基本です。

となると事業を動かすには、それだけの資金力が、ないと事業が機能しなくなります。

仮に資金力が豊富だとしても土台がしっかりし、会社の組織力が強くたくましくないと、逆に戦場で生き残れなくなる事もあります。

言葉を変えれば倒産か買収される事になります。




まとめ。

ここまで本文で助成金とは何なのか?についてお伝えして参りました。

改めて本文を振り返りますと、助成金は確かに返済不要と言うメリットがあります。

ただ助成金の審査がかなり厳しいと言う印象も同時に、あります。

やはり誰でも良いからと言う事でなく、厚生労働省から本当に信頼された企業じゃないと駄目と言う事になりますね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。