投資金融

株式投資家なら一度は株主総会に参加すべきです。その株主総会とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




株式投資家の方なら一度は、必ず参加した事が、あるのが御座います。

それは株主総会です。その株主総会とは一体何なの?って思いますよね。

ニュースで度々◯◯社の株主総会のニュースが、流れる事が、あります

そぅ言う経緯で一度は、必ず株主総会の名前だけでも触れた事は、間違いなくあります。

その株主総会に参加すると、一体どぅ言う事を知る事に、なるのか!?その事を踏まえて、この記事で、出来るだけ分かりやすく丁寧に、お伝え致します。

そろそろお話しを進めたい所ですが、この記事の作成した目的と、対象となる方をお伝え致します。

続きまして対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




株式投資家なら一度は株主総会に参加すべきです。その株主総会とは。

さてその株主総会ですが、株式投資家なら一度は、必ず参加した事が、ある事は、お間違い御座いません。

株主総会ですから株主となりますと、当然その企業の株式を保有していないと、株主総会に参加する事は、出来ないのが、原則として定められております。

ただ株式会社だけあって、原則一年の内一度は、必ず株主総会は、参加しないといけないのが、法律上の原則です

その事につきましては、後程ご説明致します。

何故株主総会が存在するのか?

平たく言えば、出資してくれている株主の方の為に、企業の決算やら経営方針をお伝えする場として、設ける為です。

自社を信頼して、株式を投資している事に、なります。その株主の方に、会社の経営等の方針と報告をお伝えする場を設ける事も株主総会が、

株主総会で何があるのか?

大きくお伝えする事は、この三つとなります

となります。これ等の事をお伝えするとなると、かなり細かくお伝えする形となります。

簡単にお伝え致します。

定款の変更、新株発行、会社の解散、吸収合併契約や株式交換契約の承認等に関する事が、会社の根幹に関わる事であります。

もっと話しを推し進めれば、会社と組織の在り方を根本から変更する場合において、株主総会で株主の承認が、必要となります。

会社の役員に関する事ですと、取締役や監査役などの役員の選任、解任が、株主総会で行われる事も時には、有り得る事になります。

株主の利害に関する事は、簡単にお伝えしますと、役員の報酬額の決定事項となります。




その株主総会が開催される時期は。

原則として、一年間の間に、一度は、必ず開催されます。ただし時と場合によっては、臨時株主総会が、開催される事もあります。

その株主総会が、参加される時期ですが、大体の企業が、6月頃に開催される事が、多いと聞きます

開催される場所は、その時になってみないと分かりませんが、大体のケースは、収容人数が、多く収容出来るイベントホールが、多いと予想が、出来ます。

最低でもこの二つの株主総会は、覚えて下さい

と言う二つの株主総会が、存在しております。

定時株主総会とは。

毎事業年度の終了時において、一定の時期に行われる株主総会の事です。

基本的に法律上に基づいて定時株主総会は、開催される事が、義務付けられております。

臨時株主総会とは。

こちらの株主総会は、必要に応じて開催される株主総会です。

必要であり要請があれば、何度でも開催される事が、出来ます。

全ては株主に企業の事をお伝えする為にある。

最終的には、そぅなります。

改めてご説明させて頂きますと、株主総会の目的は、一年の内に、一度必ず開催される事が、法律上として、定められております。

主な目的は、株主の方々に会社の意思決定をお伝えすべく、議案を検討と意思決定を決める場として設けております。




まとめ。

ここまで株主総会の事をお伝えして来ました。

改めてお伝えさせて頂きますと、株主総会で、会社の命運が、左右される事になります。

また近年では、新型コロナウイルスの関係で、バーチャルであり、リモートによる株主総会も開催される時代となっております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。