リフォーム

リフォームの依頼相談にお悩みの方にお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リフォームすると言う事。それは住んでいる建造物の老朽化に伴い、内外装を改修し、新築の頃の状態に近づける事です

お伝えしています通り、(一軒家、マンション、アパート、公共施設)等の建造物の築年数が長くなればなるほど、必ず建物のどこかが老朽化し、場合によっては、業者に依頼して、修理をする事も検討しなくは、ならない時もあります

これは部分部分の修理であって、リフォームとなるとかなりの大規模な改修となります

分かりやすく言うと東京メトロ銀座線の各駅と都営大江戸線の勝どき駅が、それを示しております。

そもそもリフォームって何なの?って思う方も中には、いる可能性があると思いますので、簡単にお伝えしておきます。

リフォームの意味とは。

建造物の外部、内部の改装工事を意味する。それは痛んだ外装を新しくし、内装においても日本伝統の和式から新たにフローリングなど、洋式に改装する事を意味する。

また内部の間取りの変更もリフォームに該当する。

と言う事です。つまり新たに建て替えるのでなく、既存の建物をあえて新築の様に、リニューアルすると言う事です。

それだけでも随分大きく違いますからね。

ただリフォームをするとなると、それだけ信頼出来る業者に依頼する事になりますし、予算費用もそれだけでも莫大な資金が必要となって来ます。

それだけでもかなり悩みの種となって来ます(>_<)。

そぅ言う方の為に、今回この記事を作成する事にしました。故に対象となる方をお伝え致します。

これだと2、3番目となりますね。やはり信頼実績ある業者に依頼する事が、理想ですが、そぅなって来ると予算費用もそれだけかかる事になります。その為の解決策として、この記事を作成しました。

リフォームの依頼相談にお悩みの方にお伝え致します。

リフォームをするとなると、それだけどぅ言った業者に依頼するかによって、異なります。

勿論費用や信頼実績等も関わって来ますが。

ただ個人的には、やはり新築してからの築年数が、どれだけ経ち、それに伴いどの部分が、痛んでいるか!?にもよります。

そぅなって来ると、やはり信頼実績とそれに伴う仕事に対する姿勢が、一番重視すべきです。

勿論費用も伴いますが。

そもそも住まいの築年数が長いと。

当然家屋のあっちこっちにが、錆びて来て生き物と同じ様に、建物も老化して来ます。

生き物の場合だと、肌の張りが失い、顔など身体のあちこちにシワが目立つようになり、何となくしおしおになってしまう印象が、見受けます。

更に言えば、身体の体力低下と体質の変化に伴い「抵抗力、記憶力、視力、聴力」などが衰え、結果として病気になりやすい身体へと変わります。

これに伴い建物に至っても同じ事です。建造物だと、まず外装の壁が剥がれ落ちやすくなり、内装の壁においても(カビ)が目立つ様になって来ます。

ガスや水道等光熱関係においても使用する度に、壊れやすくなり、結果として時に風呂の湯沸かしが壊れた事が、理由で銭湯に行く方もおります。

私は一度もありませんが、知人で過去にそぅ言う事を経験している方が、いましたので、その体験談をお伝え致しました。

結論として建物の築年数が経ったら定期的なメンテが必要となります。駅など公共施設で例えるなら(エレベーターの交換工事)が、分かりやすい例えです。

住友不動産新築そっくりさんも一つの検討材料。

それは本当に仰る通りです。私も度々彼等住友不動産の新築そっくりさんリフォームの事を聞く時が、あります。

実際に住友不動産の実績を見ていると、本当に新築その物に見えます。ハッキリ言って新築に見間違える位です。

リフォームですから、建物の内外装となりますので、土地の改装までは流石に出来ませんが、あれだけ胸を張り自信を持って、宣伝している訳ですから、当然それだけの存在意義は、ある事は事実です。

恐らく内装の柱のリフォーム時において、最先端の技術を駆使した、耐震強化も図っていると思います。それも東日本大震災規模のマグニチュード9.0に耐えられる位に。

住友不動産だと追加費用なし!と言う一つの魅力もあります。

リフォームを依頼するなら慎重に相談すべし。

住友不動産の様な実績を誇る会社となると、それだけの見積もりを組んでくれますが、ここは一つ別の選択肢もご検討する事もありかと思います。

何故なら見た目その物を新築そっくりにするだけが、リフォームじゃありません。

中身を完全にレイアウトの変更するだけと言うのも一つの方法であり、手段とも言えます。

どぅ言う目的でリフォームをするかによって、依頼する業者も変わって来ます。

まとめ。

ここまで本文で、リフォーム業者を選ぶにあたって慎重に見極める必要性が、ある事をお伝えして参りました。

確かにリフォームする目的によって、どの業者に依頼するかによって、そのリフォームする目的が、変わって来ます。

最後は、やはり信頼出来る業者とそのリフォームの見積もりの費用が、焦点となります。

ホームプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リフォームの悩みにおいての相談の一貫として。

リフォームするとなると、それだけの予算費用が、必要な事は、記事に目を通して従順承知していると思います。


それと同時に建物を隅から隅まで、プロの方それも専門的なプロの方に、チェックしてから始めた方が、お勧めです。


下記のクリック先にクリックすると火災保険申請サポートも受け付けており、リフォームするにあたって、建物の何処が痛みだし、改修工事する必要性も見出だしてくれます。

更にその保険代で、リフォームの予算費用に必要となる資金も作れる事が、出来ます。


さぁ。下のアイコンをクリックすれば、その概要を知る事が出来ます。


さぁ。今すぐクリックですよ。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。