イノベーション

会社を経営するには己の弱さと孤独に打ち克たねばならない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




今の現代社会でも絶え間なく続く会社を経営する者が、存在する。

その名は、会社経営者と言う存在である

経営者は、基本的に会社だけに止まらず、自営業等にも用いる名前の事である。

何しろ経営をする者の名前であるから。

ただ会社の経営者となると、どぅしてもこれだけは避けられない事である。

この三点は、最低でも避けて通れない事である。

本当の意味で、人の上に立つ立場になる訳ですからあるし、人の人生を背負い預かる立場に立たさせる事です。

その会社の経営者の方の為に、おこがましく思われますが、私が学んで来た事をお伝えし、お役に立てればと思い、この記事の作成を決めました。

予めご了承下さい。




会社を経営するには己の弱さと孤独に打ち克たねばならない!

改めまして、会社を経営する事に、なる事とは?の事ですよね。

一言で言えば、従業員の立場でなくなる

言葉を変えれば、雇われの身でなくなり、独立の立場となります

つまり自分の足で歩み稼がないといけない立場になります

会社の経営者になると言う事は、そぅ言った孤独との戦いの日々に立たされます

人は弱さを持ってますが、その弱さに打ち克ち克服しなければ、経営の世界での勝負には、生き残れません。

何しろリーダーになる訳です。

何故なら経営は毎日が勝負である!

この広い国際社会を幅広く見渡せば、「経営は毎日が勝負である!」の意味が、自ずと見えて来る事は、お間違い御座いません。

これは会社の経営者だけに止まらず、各界のリーダーを見ていれば、分かって来る事です。

そのリーダーとなる方を見ていると、常に感じて来る事は、毎日一分一秒が、勝負であり、その秒速に進む時間との戦いであり、危機感を持ち続けている事が、見ていると感じます。

今のインターネット社会は、勿論ですが、昔の非インターネット社会でもこれは、同じ事が、言えます。

私の場合は、フリーランスの身ですので、正直申し上げますと、偉そぅに言える立場じゃありませんし、私から言われると、おこがましく思われますが、ただこの二つに関して言えば、当てはまっています。

常に戦場となる経営の世界。その戦で生き残るには、やはり光速の如くスピードの世界で、一瞬でもポイントを掴み、そのポイントを活かす事が、肝心です。

経営者になるには生半可な覚悟じゃなれない!

これは本当にそぅ言い切れます。私の様に、フリーランスでも同じ事が、言えます。

独立すると言う事。それは人生勝負にかける事です。

勝負に出ると言う時点で、それだけの死を乗り越えるだけの覚悟が、必要となります。

確かに支えになってくれる方は、間違いなく存在します。ただ会社を経営するとなる事になると、それは会社のトップに立つ事になります。

会社は、トップと言う存在の人間力その物が、会社の大黒柱となります。

従いましてその最高経営責任者が、諸刃の剣の存在となると、いくら周囲の存在が、大きくても会社の土台が、弱く最終的には、会社が倒産する事も考えられます。

先程の話しに戻しますと、会社を経営すると言う事は、従業員一人一人の人生を預かる事になります。

その人達の人生その物を背負う事にもなります。

やはり経営者になれる方は、まず生半可な覚悟の気持ちの持ち主じゃない事は、確かです




会社の経営理念。それは自分自身の理念でもある。

これは企業のIR等と言った会社の紹介のホームページをご覧になられると、より詳しく分かって来ます

または株式投資をしている方なら分かって来ると思いますが、投資基準の尺度の一つとして、経営者の理念が、一つの投資基準となって来ます。

何を申し上げたいのか?企業の理念は、あるし経営者の意思の現れと言う事だと私自身は、そぅ見ております

この様な時に、政治の話しをする訳では、ありませんが、党の代表が、変わるとその党首によってキャッチフレーズが、変わりますよね。

それと同様に経営者が、変わると企業理念も変わると言う事です。

会社を経営するのに必要資格。それは己が成長出来る人。

これは誰が何を言おうと、私自身は、そぅ言う考えで見ております。

成長し常に勝ち続ける企業は、やはり経営者が、時代の流れと共に、成長し続ける事が、一つの現れだと見ております。

やはり大きく育ち国際社会で、戦える企業は、経営者と共に、従業員を含む組織が、常に成長し続け、変化に伴う柔軟性を重ね備えた優れた学習能力が、あると言う事になります。

結論を言えば、日々勉強と言う事になります。

あるし株式投資のTOBを出来る様になるのも武器の一つ。

これはM&Aを行い重視する経営者の方に、対してお伝えする事になります。

M&Aは、基本的に企業を買収し、自社の傘下に置き子会社化する事になります。

その手段として一般的に考えられる事は、TOBによる株式公開買い付けが、多いです。

その企業の株式を50%以上取得すると、経営権を握れると言う特徴が、あります

そぅすれば、複数の会社の経営権を握れる様になり、新規事業の開拓や既存の事業拡大化も図れます。

まぁ。TOBの事を知っておく事も会社を経営する上で、一つの武器になります

会社を経営するには時には負債を背負う覚悟も必要。

これは正直申し上げますと、経営者の方には、非常に怒り心頭になる項目となります。

確かに銀行、政府系の金融機関に事業融資を依頼する経営者の方もおります。

ただ起業をし始めた頃は、どぅしても避けて通れない事が、大半だと私は、見ております

また企業を上場させ、株式公開によって、資金調達を募る方法も取っております

これ以上あれこれ話してもおこがましく思われるだけですので、この辺で差し控えますが、やはり無借金経営をするとなると、それだけの初期投資が、しっかりしてこそです。

最後は本当にやる覚悟があるか!ないか!です。

まぁ。本当に人生の決断を迫られる重大な選択をする訳ですからね。

そりゃ本当に命をかけるだけの覚悟を決めないと、ハッキリ言ってまず独立し会社を経営するのは、止めた方が良いです。

やると決めたら本当にどんな困難にも負けない信念を強く持つべきです

恐怖、挫折、壁に負けずそれを乗り越えられる芯の強さの持ち主こそが、挑戦出来る世界なのです。

そぅ。己の限界を超えてこそ人は強くなれる。




まとめ。

ここまで会社を経営する事が、どれだけ覚悟を決める事かをお伝えして来ました。

やはり自分から積極的に挑戦して行く意志の強さの持ち主こそが、独立して行く方の特徴だと見ております

更に今まで培って来たスキルが、本当に勝負の世界に勝てる事なのか!?に関しても一つの焦点だと見ております。

けど最後は、やはり自分自身に信念があるかないかです

その上において「己の弱さ、甘さ、雑念、誘惑」に打ち克てる強靭で剛健な克己心が、ある事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。