健康

特殊電子療法を利用して体調管理にこだわる理由は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私自身がかつて坐骨神経痛の治療で、利用した特殊電子療法。

その坐骨神経痛の記事でお伝えしました「特殊電子療法」による治療と体調管理法。

何故私が、ここまでしてこの治療法にこだわるのか?このキーワードとテーマとし、その上においてこの記事を作成した理由もお伝えして参ります。

それと同時に対象となる方もお伝えさせて頂きます。

故に対象となる方は、坐骨神経痛を含め体の治療を自宅療法で、行いたい方です。

予めご了承下さい。

特殊電子療法を利用して体調管理にこだわる理由は。

特殊電子

それは特殊電子療法特有の(体内に高い電圧を加える事)で、体内のプラスイオンとマイナスイオンのイオンバランスを整える事で、血液の汚れを浄化し、血液を健康にする事により頭痛、肩凝り、慢性便秘、不眠を改善すると共に(体内の栄養・酸素・水の供給と老廃物の除去がスムーズ)に出来る様になります

またミクロマッサージの効果もある為筋肉痛の予防にも効果があります。

更に「自律神経のバランス」「新陳代謝の促進」が高まる事も実証されており(自然治癒力)の効果も高まり、(体質改善)にも役立ちます。

その「特殊電子療法」こそが、このキーワードとテーマです。その上において、先程の作成理由の事もより詳しくお伝えして行きます。

特殊電子療法は複数の種類が存在する。

その特殊電子療法にこだわる理由ですよね。

お話しを進める前に、特殊電子治療の事を具体的にお伝え致します。

まず私が普段特殊電子療法で、使用しているのは、こちらの画像の「イオンケア」です。

近年ではその「イオンケア」よりも更に質が高く、「アスモケア」まで展開されております。

その他にも「ドクターラボ」、「フィットケア」など複数の種類の特殊電子療法の医療機器が、存在しております。

この特殊電子療法は、ストレッチで体の柔軟性を高める事で更なる相乗効果が生まれます

理由として「ストレッチをする事で、血液の循環が良くなり、電子による血液循環促進効果が、効率良くなります」。

ポイントは血液循環効果が、どこまで良好であるか?

これは私が特殊電子療法の治療と、当時通っていた整体院で、学んだ事をヒックアップした事を上げさせて頂きます。

私は今から10年位前つまり2010年に、このイオンケアの特殊電子療法当時通ってた整体院の繋がりで購入しました

理由として、日頃から自宅でこの療法を取り入れたかった事です

この方法を導入する事で、より仕事の結果に結び付くと思いました。

今振り替えると導入は正解です。なければ今頃体がくたびれ果ててますね(;_;)。間違いなく( ´-ω-)。

自宅での特殊電子療法導入により自宅治療環境を整える。

特殊電子

そぅ。この特殊電子療法と当時通ってた接骨院の治療を併用して、坐骨神経痛の患部に電子を与えた事で、自宅療法をして治療しました。

あの時の電子の流れが、坐骨神経痛の患部に強く刺激したので、かなりの激痛でしたがね(>_<)。

及び日頃の体調管理や健康管理もこの療法でやってます。また筋肉疲労等のマッサージも兼ねて行っております

金額は多額の支払いを覚悟すべし!

この療法は正直自宅に導入となれば、数十万単位でなければ購入出来ません物によっては、100万を超えるのもあります

一番は購入する事ですが、多額の金を払って購入するのが、ご無理であるなら特殊電子療法を導入している整体院などの医院に通って療法する事も一つの方法です。

ただそぅなると通院時間と特殊電子療法がある場所が、限られて来ますし、場合によってはない所もあります

おこがましく聞こえ、捉える方が大勢ですが、時間を上手くやりくりして、調整して通うしか方法は、ありません。

電子治療は最初は弱い電流からで。

そぅ。始める最初の頃は、いきなり強い電子ではなく弱い電子から始める事をお勧め致します。

そのフィットラボ社で、扱う特殊電子療法の機械は、3種類のタイプが存在する。

私の場合は、最初ドクターラボと言う機器からスタートしました。

今だと恐らくアスモケアからスタートする形となりそぅですね?因みにイオンケアでもアスモケアでも弱い電子に調整する事は、可能です。

何故弱い電子から始めなければならないのか?

理由として体が馴染めてない段階で、急に強い電子を与える事がよくない事だと教わった事があります

元々体内に電子が、流れる訳ですからある意味、電気を体の中に流れる仕組みになります。

その為体が、段々と慣れ始めて行くにつれて電子を強めて行く事をお勧め致します。

まとめ。

ここまで特殊電子療法の事をお伝えして来ました。

この記事を作成した現在でもイオンケアになりますが、特殊電子療法を続けております。

お陰で体質改善やら疲労回復等に、お役に立っております。

重要なのは、ただ特殊電子療法に、頼るのではなく、日頃から風呂上がりのストレッチで、体を柔らかくした上で、血液の循環が、良好な環境を整える事で、より一層効果が、高まると言う事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。