ビジネス

世界情勢のニュースを味方につけて株式投資の力を身に付けよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界情勢のニュースは、連日(一般の新聞紙)を始め、今の時代を象徴する様々で複数の「NetNews」で、大々的に広く多く知れ渡り、取り上げられております。

一般紙の朝刊とかになりますと、どぅしても(作成やら編集)で、前日の事をメインに取り上げますので、正直リアルタイムのニュースじゃなく、遅れて入って来る情報となります

一方の「NetNews」になって来ると、インターネットの情報網と情報力の早さが、群を抜いているだけあって、すぐさま「リアルタイム」の情報が、流れます。

ただデメリットとして、複数各社の報道が、一斉に流れて来ますので、一つの話題に対して、複数の多様な情報が、一気に入って来ますので、正直混乱する恐れが、出て来ます

場合によっては、フェイクニュースも交えて入って来る事も有り得ます

情報の数は計り知れません。けど本当の真実の情報は、数が限られております。

まぁ。今のインターネット社会の象徴であり、現れと言うべきですね( ゚Д゚)ノ。とにかくニュースの数が、半端ないですよ!!( ; ロ)゚ ゚。

で?何でその世界情勢のニュースと株式投資が、大きく関連してるのって?正直言って、大いに関連し「世界情勢と株式投資」とのリンクが、株式を大きく左右される事も事実過言と言うべきでしょう。

これは株式投資のバイブルと言われる「会社四季報」をご覧になれば、その意味が詳しく分かって来ますが、その銘柄が、どの情勢に関連しているのか?

そして株式投資その物が、どぅして世界情勢と大きくリンクしているのか?その事を今からお話しを進めて行きたいと思います

お話しを進める前に、この記事の対象となる方をお伝えしないといけませんねm(_ _)m。

予めご了承下さい。

世界情勢のニュースを味方につけて株式投資の力を身に付けよう。

さてどぅして世界情勢と株式投資が、大きくリンクしているのか?ですよね?簡単な事です。

この記事を作成した2020年の世界情勢をメインに、ピックアップすれば、話しの内容が自ずと見えて来ます。

まず真っ先に上げるのは、何と言っても新型コロナウイルスの世界的集団感染です

報道でしか伝えられてない情報だけで、分析をすると、私自身の仮説だとこぅ言う理由が、出て来ます。

その導き出した仮説の理由とは。

未知の新型ウイルスの世界的集団感染によって社会活動の停止停滞を招いた事により、「経済活動」の減少に繋がりました。

つまり経済活動が、本来の働きが、出来ない事により結果として「経済の停滞」へ陥った。

その結果上場企業もロックダウンと言った活動停止に、よって企業の力が、弱まり結果株価の低迷へと繋がりました

となります。要するに経済活動に伴うマーケットが、正常に活動する時は、世界情勢が比較的安定している時となります

逆に突然のイレギュラーにおける大惨事が、やって来るとマーケットが、神経質となり、結果株価の低迷へと繋がります

その一つとしてVIX指数を参照して下さい。

これは「VIX指数」を毎朝ご覧になられると、分かると思います。念の為この「VIX指数」の事を簡単にお伝えしておきます。

一言で言うと「恐怖指数」です。この指数の特徴は、アメリカを始めとする世界市場の心理を現しております。

この「VIX指数」が、「20以下」だと安定しており、投資しても大丈夫と判断されます。

逆に「40以上」を超えると、市場が危険領域となる為、投資するには危険と判断されます。

その間となる「20~40」の数値が出ると、不安定だと判断されます。

このVIX指数のチェックもニュースと共に、する事をお勧め致します

株式投資をするにあたって経済ニュースも見る必要があります。

まぁ。とにかく株式投資をするに当たって、ニュースチェックは、必要不可欠と言う事です。

広く知れ渡る経済ニュースも必要ですが、個人的には、このメディアを取り入れる事もありだと思います

あと「日経QUICKニュース」も経済に特化したニュースですので、こちらも参考程度にお願いします。

世界情勢と世界経済はリンクしている。

大いにしております。先程の話しに巻き戻しますと、新型コロナウイルスの世界的集団感染に伴う、社会活動と同時による「経済活動の停滞」によって、マーケットの停滞に伴う「株価低迷と円高」の進行が、進んだ事は、明らかだと思います。

同年2020年であった出来事をあげると、私が好きな会社だと「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の事を例にして、上げます。

新型コロナウイルスの世界的集団感染によって、ディズニーランドの閉鎖と、ディズニー映画の公開延期が、相次いで伝えられました

更に「ムーラン」においては、劇場公開を中止し、自社の動画配信サービス(Disney+)での公開となりました。

この事が相次いだ結果、大量のリストラを断行する事となりました

彼等「ウォルト・ディズニー・カンパニー」には、大変失礼な発言となりますが、こぅした出来事を大々的に伝えられると、果たして「ウォルト・ディズニー・カンパニー」に株式投資をして、本当に安心出来る会社なの?ってつくづく思いますよね?

株式投資の意味とは。

そもそも株式投資は、その投資した企業を応援している事ですから

つまり世界情勢と世界経済のリンクは、こぅ言う所から証明されております

ディズニー作品の制作が、コロナによって撮影が、困難となり、作品の展開も感染防止の為に、延期を余儀無くされると言う事です。その結果収益による収入が、入って来なくなると言う事です。

この企業ニュースは、先程お伝えしたロイター等経済に特化したニュースで、チェックすると明確に分かって来ると思います

政治的な動きも一つの要因となります。

同じく2020年においては、自民党の新総裁を決めるイベントも一つの例えとでもお伝えすべき事です。

これは日本政治に関係なく、国際政治のイベントにおいても同じ事ですが。

自民党の新総裁選挙の結果は、安倍政権の菅官房長官が、新総裁であり、新総理大臣となりました。

この新総裁候補が、掲げる「経済政策」が、どれだけグローバルマーケットに、受け入れられるべき製作かも一つの焦点ともなります。

つまりアメリカのウォール街を中心に、世界市場が、一つの国の経済政策が、どれだけその国の経済の信任に値べき政策なのか!?

その時の政権によっても大きく左右されて来ます。その時の政権によって、その国の市場動向も大きく左右されて来ます。

お伝えしたい事は、一つの出来事によって、マーケットは、大きく過敏に反応し、時としてそれが、大きく動く時もあります。

その中で株式投資の情報源の一つを味方につけましょう。

今回は株式投資向けの事をお伝えしたいと思います。そもそも株式投資を事をお伝えしてますからね(–;)。

何しろ株式投資は、企業その物に投資をする事となりますので、その企業も太平洋の未知なる大海原の過酷さに飛び込み、その過酷な環境の中を生き延びないといけない立場となります。

やがてその先に降り立つ「未知なる大戦」で勝利をし、限られたわずかな方でしか掴み取れない勝利の先に、成功と勝者の証を手にする事が、出来ます。

企業もそれだけ過酷な環境と戦っている。

企業は、それだけ過酷な環境の中で、日々戦い抜いております。

当然世界情勢との隣り合わせも避けて通れません。

だからこそその戦に勝利すべく、株式投資に必要な味方をつけるべきと言う事です。

その上において、こちらの記事を合わせて読んで頂くとこの記事の面白みが、より明確に伝わって来ると思います。

まとめ。

ここまで本文で、世界情勢のニュースを味方につけて株式投資に強くなりましょうについてお伝えして参りました。

仰有る通り株式投資は企業にお金を投じる訳ですからその企業もまた世界情勢によって、企業活動が、左右されて来ます。

従いまして、日頃から世界情勢に対する情報分析能力を養うべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。