整理整頓

不用品の買取業者をお探しなら俺達こそ探している業者だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を作成していたのは、2020年の11月の終わり頃に差し掛かる頃です

作成当時私自身もこの記事を作成していながら「もぅ今年も終わりが近づいているんだな」って、つくづく思いながらこの記事を作成していました。

そぅ思うと今振り替えると、2020年も色々あったんだなってつくづく思います。

何と言っても注目すべきビックイベントと言うと、やはり「アメリカ大統領選挙」でしょ。

2020年11月時点では、バイデン候補が、政権に向けて着々と準備をしている段階ですが、果たしてその行く先は、正直不透明極まりないですね

ただ(人によってこの記事を読む頃)には、もぅバイデン大統領が、正式に誕生している可能性も有り得ますが

あとは何と言っても「新型コロナウイルスCOVID-19」の世界的大感染です((((;゜Д゜)))。

こちらの方は、アメリカのファイザー社が、開発したワクチンでは、95%の効果が、あると言う話しですので、今後の動向次第では、コロナ終息が一気に加速しそぅですね

先程の話しに巻き戻しますと、(人によってこの記事を読む頃)には、すでに解決している可能性もあります。

今振り返ると何やかんやと言ったそんな2020年でしたが、来年に向けて大掃除や不用品の整理整頓の時期も差し掛かっている時期でもあります。

特に引っ越しになって来ると、必ず「不用品」が、出て来ます。

予めご了承下さい。

不用品の買取業者をお探しなら俺達こそ探している業者だ!

不用品」の整理整頓は、年末や年度末になると盛んに行われます。

その理由を私なりの考えで、お伝えして参ります。

最低でもこれだけ上がって来ます。これ正直どれもこれも全て該当します。

あとこの理由も上げさせて頂きます。

家具や家電製品を新しく買い換えた時

これは私自身も経験しております。一番直近ですと、2019年に「4KテレビとUltra HD Blu-Rayレコーダー」を購入した時です。

今思えば、かなり大規模な「不用品」の処理をしましたね。

ただこの「不用品」の処理をする時には、必ず業者の手助けが、必要となります。

主な業者の頼み方は、大体この二つのどれかを選ぶパターンによる依頼をする方が、多いんじゃないかと思います。

となります。大体の依頼するパターンは、この方法じゃないかなって思います。

時が委ねるとどぅしても不用品を売りたくなりますね。

先程の2019年の私の実体験を例にすると、話しは見えて来るかと思いますが、家電製品等を買い換える際に、部屋のレイアウトによって、既存の家具等をどぅしても「不用品」となりかねない場合も出て来ます。

最も身近な例で例えるなら、やはり「着なくなった服」が、多いんじゃないかなって思います。

または「聴かなくなったCD」も多いと思います。

勿論街中にある「買い取りSHOP」に持ち込む事もあれば、「メルカリ」での出品による方法での「不用品」を出す事も一つの「不用品」の処理方法だと思います。

むしろ「メルカリ」だと今の時代を現しているかと思います。

不用品」を出品して、買い手が見つかったらお金を受けとると言うシステムは。

不用品の中でもリサイクルが可能な物は可能です。

勿論そぅなります。よく「いらなくなったCDラジカセ」やら何やらの回収業者が、見えますよね。

私が聞いた話しですと、中東にその不用品を送り、現地でその不用品をリサイクルして、新たに販売すると言う話しを聞いた事が、あります

そぅ考えると、いらなくなったからと言って、そのまま捨てるのでなく、リサイクル利用する事も大切です

何故なら中東地域の方の手先は器用だから。

これはあくまで私が、昔警備員時代の頃に、工事現場の作業員の方から聞いた話しですが、先程の話しに戻しますと、不用品の回収の車が、回収するリサイクル物は、中東地域に運びます。

現地でその壊れた商品をレストアし、そのレストアした回収物を再利用して扱うと言う事になります。

まさに不用品回収業者こそ俺等だ!

まさに仰有る通りとなります。

完全にスクラップになったなら話しは別ですが、まだ動けて稼働出来るのであれば、リサイクル回収業者に出して、レストアすべきです。

それこそ不用品回収業者は、俺等だせ!と言うべきでしょう。

まとめ。

ここまで本文で、不用品の回収業者は俺等に任せろ!と言う事をお伝えして参りました。

結論から言いますと、不用品の回収業者は、お客様のニーズに合わせ、尚且つ壊れた物をレストアしてくれる業者と言う事になります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。