サブカルチャー

日常生活において部屋にお花を飾る事は、癒しの一時となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




仕事帰りや下校途中。または休日の日街を歩いていると、たまたま「花屋」に立ち止まる事は、滅多にありませんが、ただ何となく立ち止まる事って時にあったりする事ありますか?

多分10人の割合で、アンケートを取ったら恐らく一人いるかいないか位の割合じゃないかなって思います

あくまでこれは推測ですがm(_ _)m。ただその一人の方が、たまたま「花屋」に、立ち止まって「」を見たとしますよね。

実際立ち止まって「」を見ると思いますが(–;)。

私の自宅の近くにも「個人で経営している花屋」が、御座います。

この記事を作成した2020年の12月頃においては、クリスマスが、近いと言う事もあり(クリスマスツリー)をモチーフにした小さな(ミニチュアツリー)も飾られておりました。

大きなメインストリートの「花屋」ですと場所によっては、(クリスマスツリー)として展示されている所もありそぅですね。

予めご了承下さい。




日常生活において部屋にお花を飾る事は、癒しの一時となる。

ご自宅に「」を飾るとなると、癒しの一時となると思います。「お花」が、好きな方は、本当に好きですからね。

花言葉」と言うのが、存在しておりまして、その「花言葉」の意味を信じて縁起担ぎに「お花」を購入する方もおります。

中には一軒家を所有している方に至っては、「花壇」みたいなのを玄関周りに飾っている家庭も見掛けます。

お花を飾る方の傾向とは。

お花」を飾る方は、主にこの方々だと思われます。

あくまで私の予想となりますが、主に上げるとすれば、この方々がメインとなるでしょう?

ただその一方で、時期によっては、「お花」に悩まされる時期も御座います。

これが理由で、部屋に「お花」を飾りたくても飾れない方が、いる可能性もあります(;´д`)。

それは花粉症の時期です

特に根っからの神経質な方、または(花粉アレルギー)をお持ちの方に関しては、本当に「お花」を飾りたくても飾れないと思います。

それだけ嫌で嫌で仕方がないと思います。

疲れ果てている現代社会において癒される事もある。

それでもこの疲れ果てやすい現代社会において、「お花」を飾る事は、癒しの空間となり、癒しの一時となります。

子供の頃であり、小学校の自由研究で、あさがおの「」を育てた事が、あります。

私自身は無知でしたが、今は亡き祖母が、栽培と言った植物を育てるのが、上手かったので、祖母が変わって育てていた印象が、御座います

ガーデニングで育てた花こそ癒される。

話しは大きくそれる可能性が、ありますが、趣味が(ガーデニング)の方にとっては、「と言った植物の栽培は、とても癒しになるかと思います

自分で種を植えて、日々その種を花壇と言った土に植え付けて、肥料を肥やした後に、毎日水をその土に植え付けた種に、定期的に水分を上げると、その種が、成長する頃に、その種が、球根として育ちやがてその球根から(小さな芽)が、生えて来ます。

その(小さな芽)から枝が育ち、その育った枝が、やがて「」を咲く事になる。

別の方面になりますと(小さな芽)から枝がすくすくと育ち、その枝が、長寿の樹木として立派に育ちます。

まぁ「ジャックと豆の木」と言う物語が、丁度分かりやすいやも知れませんね。

」を育てると言う意味では、分かりやすい物語の作品だと思います。

自ら育てた「」こそ本当の意味で、癒しの一時を生み出す環境に繋がるやも知れませんね。

一日の入浴後のリラックスの時において、まさに「」を見る時こそ本当の意味での癒しの一時となるでしょう。




お花を飾りたいなら我々にお任せ下さい。

そんな「お花」好きの方にとって耳よりの情報です。

町の個人経営している花屋でも定期的に、花を届けてくれる経営店も中には、存在しております。

ん?定期便と言う言葉が、気になりますね?その通りです。定期的に「」が、届けられて来ます。

お花の定期便となりますので色々な花を楽しめます。

その好きな「」を定期的に届けられるだけでも癒しの一時が、作れます。

その「」による癒しこそ明日に繋がる結果に結び付くと思います。




まとめ。

ここまで本文で、日常生活上においてお花を飾る事は、癒しの空間を生み出すと言う事をお伝えして参りました。

私の近所でも玄関やら外に、植木や花壇を飾っている所もちらほら見かけます。

何をお伝えしたいのか!?と仰いますと、そぅ言った方々は、お花と言ったガーデニングが、大好きな方だと言う印象を与えます。

そぅ言った彼等の為に、お花の定期的な購入サービスが、存在していると言う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。