健康

子供の頃から健康に対する意識の高さが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大人になって行くにつれて、心身の成長が始まり、背丈も伸びて行きます。

幼少期の頃特有の好奇心旺盛さによるずば抜けた物事の吸収力の高さ、その過程を得て経験を積み重ねて人々は、大人になって行きます。

もぅこれは生きている間の宿命です

運動をして行くにつれて、体内の血流促進効果が高まると同時に、身体の抵抗力が高まり、結果として病気に強い身体になって行きます。

故に筋肉が発達するにつれて、無駄な肉が削ぎ落とされて、贅肉が着きにくくなりますので、結果として疲れにくく、疲労が抜けやすい身体になって行きます。

一方脳の方の訓練を積み重ねて行くと、知識が豊富になります。

これは当たり前の事です。

ただその一方で、右脳を鍛えて行くと、芸術的な発想力が高まって行き、一方の左脳を鍛えて行くと、論理的思考力が高まって行きます。

これは素晴らしい事です。

右脳と左脳を両方巧みに使い分けられれば、それはとても大きな事が、成し遂げられる可能性を秘めている存在です。

ただこれから話す事も同時にお伝えしたいのです

いくら優れた才能の方でも、見た目からしていかにも剛健無双な体つきをしている方でも、本当に覚えて頂きたい事が、御座いますm(_ _)m。

それは健康に対する意識の高さです。

今回のタイトルが、それを示している通り、いくら剛健無双な方でも、ずば抜けた英才の脳の方でも、全ての原点の源は、体が資本と言う健康に対する取り組みです。

詳しくはこの後お話しを致しますので、この記事の対象の方をお伝えしたいと思います。

とてもおこがましく、押し付けがましい記事となります。

どぅかその事をご了承の上最後まで、ご覧頂く事をこの場をお借りして、お願い致します。

Contents

子供の頃から健康に対する意識の高さが必要です。

さてどぅして子供の頃から健康に対して高い意識を持つ必要が、あるのか?ですよね。

もぅ早速単刀直入に申し上げます。

大人になってから不健康な状態が、続くと必ず何処かで、病気等から来る体への負荷が、かかって来るからです。

その事を詳しく知りたいのであれば、よその国はどぅか分かりませんが、日本だと35歳以上になれば、成人病等の検査を交えた健康診断を受ける義務になるからです。

成人病を早期発見すべく健康診断の基準が上がる。

35歳以下の方でも健康診断を受ける事は、義務付けられてますが、本格的な健康診断となると、35歳を越えてからとなります。

分かりやすい例で言うと血液検査、尿検査、検便検査が、分かりやすいと思います。

例えば血液検査だと最低でもこれだけの検査が、出来ます。

糖尿病。

貧血。

高血圧症。

肝臓と腎臓の異常。

この他にも脂質系と感染症系の事も検査出来ます。

この記事を通して、どぅして子供の頃から健康に対する高い意識を持ってもらいたい理由をお伝えしたい事は、大人になるにつれて、必ず年齢を重ねる事になります。

故に老化の進行も避けて通れない。

それと同時に、老化も進行して行きます。

これはもぅ避けて通れない宿命です

つまり老化が、進行して来ると体力等の低下に伴い抵抗力の低下も進行して行きます。

その人の体質にもよりますが、若い頃からの生活習慣が、原因による病気の前兆が訪れ、後に病気に繋がる事になる可能性が、あるからです。

いくら自分が、若いから何やっても大丈夫だからって、過信してはなりません

今もお伝えした通り、若い頃であり幼い頃からの生活習慣の積み重ねが、原因で病気に繋がる事になるからです。

加齢による病気の現れは子供の頃からの健康管理から来る。

まさにその通りとなります。

大きな原因として上がって来るのは、食生活と運動不足による不健康不規則な生活が、年々続く事から来ていると思います。

その背景と言うか何と言うか、やはり食生活が、全て大きく関わっていると思います。

これは私の場合になりますが、昔はラーメン、ドーナツ、アクエリアス、マーガリン入りレーズンパンは、好きでよく食べてました。

所がある日ある事に、気が付きました。

それは糖質と脂を同時に食べた時に、脂肪と悪玉コレステロールが、つきやすくなりやすいからです。

言葉変えれば太りやすくなりやすい体になります。

それが理由で、数年前から自分の食生活から断つ事に決めました

あとホットケーキも天敵になります。

何しろマーガリンとシロップが、同時に食べる事になりますので、結果糖質と脂を一緒に摂取する事となります。

ここまで来れば、何を申し上げたいのか?もぅお分かりになられると思います。

お伝えしたい事は日常生活から見直す必要があると言う事です。

食生活によって、脂肪がつきやすくなり、無駄な贅肉による肥満体系となる事によって、疲れが溜まりやすく怪我がしやすい体になります。

故に病気になりやすい体にも同時になります。

あと未成年の頃から飲酒と喫煙をしていると、よりそぅ言った体に進行しやすくなります。

最も危険なのが、健康に対する無関心さ無頓着さの方です

これ等の方に関しては、もぅ言葉悪いですけど、いくら言っても無駄だと思いますので、年齢を重ねた頃に、痛い思いをしてからじゃないと救い様が、ないと思います。

結論としては、幼少期の頃から食生活、運動の重要性を教え、その上において体を蝕む物を教えて、健康に対する高い意識を持たせる事です。

子供の健康管理の重要性は腸内環境から始めましょう。

長々となりましたが、こぅ言う事を考えると、子供の頃からの私生活の徹底化が、必要となります。

世の中に出てからの姿勢が、そぅ言った所から出て来ます。

言葉を変えれば、仕事に対する意識の高さと結果を出せる方の差が大きく開き、出世と成功が出来る事も。

理由としては、年齢関係なく腸内環境が、不安定で整った状態が、続くと便秘になりやすく、様々な病気に繋がりやすくなるからです。

だからこそこの記事を通してまず腸内環境を整えなくては、ならない重大さからお伝えすべきです。

まとめ。

ここまで本文で、子供の頃から健康に対する高い意識を持つ必要が、ある事をお伝えして参りました。

正直申し上げますと、若い頃からであり、幼少の頃からの生活習慣が、病院に繋がる事が、多いケースであると見ております。

一番分かりやすいのが、糖尿病です。

こどもサンファイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA