ビジネス

パンデミックとの時にこそビジネスチャットを活用すべき 。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2020年初頭に起きた「新型コロナウイルス」によって、起きたと言われている(パンデミック)。

そのパンデミックによって、世界主要各国において、ロックダウンと言った「外出自粛要請」の取り組みが、実施された事は、皆様の記憶に新しい事です。

この不要不急の外出自粛要請は基!業種によって休業を余儀なくされた所も数多く存在しました

更に経済活動の停滞も印象強く残っている事も事実です

タイトルでは「パンデミックとの時にこそビジネスチャットを活用すべき」とお伝えしてありますが、勿論の事今回の(新型コロナウイルス)等のパンデミック時においても重要と強調してます。

これはあるし今回の新型コロナウイルスの事をきっかけに、ビジネスチャットを始め、(Zoom)など動画ツールや、(skype)と言ったインターネット電話の重要性も改めて認知された事も事実です。

理由として遠く離れた場所からの会議が可能だからです。

報道でも小池百合子東京都知事が、周辺4県「神奈川、埼玉、千葉、山梨」の知事とのテレビ電話会議による知事会議を実施していた事が、何よりの証拠であり、重要性あるツールとなります。

なので今回は、その中でもビジネスチャットに絞り込んだ事をお伝えして行こうと思います。

そして対象となる方をお伝えして行きます。

特に強調すべき点は「何より時間の有効活用したグローバル会議をしたい方」となります。

その理由として、パンデミックによる経済活動の停滞と同時に、今の時代グローバル展開している企業も数多く存在しており、会議だけの為に、本国の本社にまで行っての会議じゃ時間の無駄ですし、経費もかかる為、いかにこのビジネスチャットによる会議が、どれだけ有効か!それをお伝えして行きます。

予めご了承下さい。

パンデミックとの時にこそビジネスチャットを活用すべき。

今もお伝えしましたが、今回の新型コロナウイルスの事をきっかけに、全ての業種じゃありませんが、世界中の各企業が、外出自粛に伴う(企業の休業)を余儀なくされました。

その為(テレワーク)による在宅業務が、多くの企業で実施しておりました。

多くの企業が、このテレワークによる在宅勤務を取り入れた事で、リモート作業が、浸透し自宅でも仕事が、出来る環境になりました。

この事について何が問題点であり、悩みの種となるのか?

まず第一に考えられる事は、直接による対面の会議が出来ない事です。次にパソコン作業が苦手であり、スマホが使えず使う事が嫌な方です。

そして何より書類の提出が、メール送信でなく「会社に出社して直接上司からハンコを押してもらう」事の三点が、最低上がって来ます。

特に会議となると、今の時代フリーランスの方による業務委託も実施している会社も存在しておりますし、社外取締役制度も取り入れている企業も数多く存在しております。

何故これが問題点なのか?

簡単な事です。彼等の様な立場の方は、多くの仕事案件を抱えている為、仕事のスケジュールのやりくりが、難しい為どぅしても一つの場所に集まっての会議は、難しいと言う事が、上がって来ます。

なので、そぅ言った彼等の為にビジネスチャットを始めとした、Zoomなどのツールを使用した会議によるやり取りが、最も最適な解決法として、私自身は考えております

ビジネスチャットのメリットとデメリットは。

このビジネスチャットにも実はメリットとデメリットが、存在します。

ビジネスチャットのメリット。

  1. リアルタイムによる簡潔なコミュニケーションが、出来る。
  2. ビジネスによるプロジェクトや部署単位での情報共有が可能となる。
  3. 基本的に特定の場所を選ばずWebによる会議も可能となる。
  4. セキュリティ性が高く、外部からのメンバー参加も出来るシステムも存在する。

逆にビジネスチャットのデメリットもお伝えしておきます。

  1. 社内教育によるコストの発生。
  2. 既存ツールとの競合。
  3. 対面によるコミュニケーションの低下。
  4. 無駄なコミュニケーションの増加。
  5. 過度なコミュニケーションの増加。
  6. 現地の時差によるリアルタイムによる参加となる。

こぅして見ると、確かに場所を選ばず、自由参加が出来るメリットがある一方「現地のリアルタイム」参加となります。

例えば日本の本社企業によるチャット会議において、北南米アメリカからの参加となると、時差が完全に反対なので、こちらが昼だとすると、向こうは夜中となりますので、そぅ言った問題点が出て来ます

簡単に言えば、FX取引と一緒です。

この事を十分理解した上で、今後間違いなく活躍する「ビジネスチャット」によるビジネス展開を実施すべきです。

何しろ物事の本質による理屈が通った答えが、重要なのですから。

そして新型コロナウイルス等による危機の時に、おいてビジネス展開が出来、同時に経済活動の停滞対策にも繋がるからです。

まとめ。

ここまでビジネスチャットの事について本文で、お伝えして参りました。

表向きは、新型コロナウイルスの対策の一貫として、リモート業務の為に、有効活用すると言う理由で、取り入れてますが、今後フリーランスと言った外部からの業務を受注する為にも社外取締役との会議を有効活用する為にもやはりこのビジネスチャットは、必要不可欠となります。

このビジネスチャットは、それだけのビジネスツールとなります。

Typetalk(タイプトーク)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。