 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

現代問わず日本の社会体質から逃れなれない物。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他に縦社会による官僚気質社会

そこから来るパワハラやモラハラなどによる嫌がらせ。そして最終的にストレスを抱え絶えきれず過労死、過労自殺に繋がる。

近年多くの会社は、パワハラ、モラハラ撲滅に対する取り組みが、必死となっております

やはりこの後にお伝えする事が、大きな事に繋がっている事は、お間違い御座いません。

この記事では、そのパワハラ、モラハラの事についてお話しで進めさせて頂きます。

そしてそれがキーワードとテーマです。

その上において記事を作成した目的と対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。

現代問わず日本の社会体質から逃れなれない物。

日本問わず世界各国においても同じ事が、言えます。

どの国においても必ずその国の社会的マニュアルが、存在しております

しかし!その果てに必ず縦社会と言うのが、存在しております

その過程において、今からお伝えする3つの出来事も兼ねてお伝え致します。

最も今からお伝えする事を理由に、この記事の作成を試みた理由でもあります。

過労とパワハラの出来事と言えば。

過労関係と言えば、電通の高橋まつりさん過労自殺が有名な話なのは、もぅご承知だと思います。

それ以外でも楽天トラベルのハワイ支社のGMの吉田茜さんもかつて引きこもり経験があるとかつて放映されたのセブンルールと言う番組で知りました。

また、はあちゅう事ブロガー件作家の伊藤春香さんもかつてパワハラを受けてた過去もあります。

高橋まつりさん、吉田茜さん、はあちゅうさんの3名の方の過去の体験した事を一部取り上げた事も理由に、逃れられず逆らえない社会体質の一部をお伝えしました。

そぅ。これ等以上の理由で、今回の記事を作成した理由です。そこから様々な悩みを抱え最終的に過労死、過労自殺に繋がる方も出て来る可能性も生じて来ます。

またはいじめも一つの社会体質から来ている。

もぅ大分昔からいじめは、続いている事です。

すでにいじめが、原因で自殺するケースも出ています。

学校だけでなく社会に出てもいじめの深刻さが、解決出来ずじまいです。

やはり好き嫌いがあり、その人の存在が、気に入らないからと言う理由で、いじめがエスカレートし、やがてパワハラやモラハラに繋がると言う事になります。

それも自殺の原因として上げられて来ます。

ではその過労死と過労自殺の事をお伝えして行きます。

先程のいじめによる自殺じゃありませんが、精神的に追い詰められて、自殺に追い込まれるケースが、メディアを通じて大々的に伝えられております。

それは心身共に過労に追い込まれて、回復すら出来ない状況に陥る事になります

どぅしてそぅなるのか?その過労死と過労自殺の事をお伝えして行きます。

まずは過労死からお伝えします。

よく聞くのは脳や心臓に重い負担がかかると聞き「くも膜下出血、心筋梗塞、心疾患、脳卒中」などになる事が多く聞きます。言ってしまえば、過労とストレスによる突然死と言う事になります。

一方過労自殺はと言うと。

こちらはうつ病や精神障害が原因と多く聞きます

このグローバル競争化社会において当然企業の競争や生き残りのし烈さは、日に日に増します。

ましてやインターネット社会でもありますので、情報の共有スピードは計り知れません。

その上において企業の買収による合併統合、従業員のリストラ、企業の倒産等から来るプレッシャー。

そこから生まれる過重なノルマから来るストレスによる人間関係から来るパワハラなど。

巷で騒がれるブラック企業の存在、嘘偽りの求人広告、誰でも良いから採用する会社の存在。

最終的にこれらから生まれるストレスが原因で、精神的に追い込まれやがて過労死、過労自殺に繋がる事になりえます。

人の倍を働かないと稼げないのも一つの原因?

これは日本の社会においてですが、「稼ぎたければ人の倍働かないと稼げない」と言う事がよく聞きます。

また「地道に働いてこそ」と言う事も聞きます。勿論人間働かなければ収入も入りませんし、生活も出来ません。

この項目においての原因として考えられる事が、やはりお金を稼がないと、生活が、出来ない!と言うプレッシャーから来ている事になります。

けど私はそこにこの過労死、過労自殺の大きな原因があると思います。

なぜなら今もお伝えした通り働かなければ収入も入らず生活が出来ないとお伝えしました。

正直グローバル化の流れに伴い日本の社会体質が、追い付けないんじゃないかと私は、考えております。

時間と言うのは皆が同じ平等で24時間と定められます。確かに人の倍の時間を働き稼ぐ事もありですが、それ以上にいかに就業時間内でどれだけの成果をあげるかが、今後の焦点となります。

その後の時間は自己投資して能力の開拓、開発、向上に努めるべきです。

やはり時間の使い方の効率化が大切。

今の若い方は、恐らく時間の効率化言う考え方の方が多いと私は見ております。

残業して稼ぐよりもむしろ先を見据えて、限られた時間の中で稼ぐ環境に改革する事が一つの方法と思います。

言い換えれば、自分の実力と可能性で勝負し、自分にしか出来ない稼ぎ方を模索する。

自分に適したフィールドを見つける。

結局最終的に、いくら世界的大企業に就職しても稼げなければ視野が狭くなり、精神的なストレスが生まれます。

故に好きな事も出来なくなり、ただただ食べて行くだけの生活になります。

これにより人間関係に追い込まれ最終的に過労死、過労自殺になります。

ただそぅ言う過程においても精神的なストレスやプレッシャーも避けれません。やはり日本の社会は協調性や助け合いが求められます。

ましてや縦社会的な官僚気質が未だに根強いです。その中において弱味をつけ込まれ、いじめに合い精神的なストレスから来るうつ病になります。

これはもぅいくら実力行使で結果を出しても上司等の考えや方針で、認められない場合もあります。

まとめ。

本文を通じてお伝え出来る解決法としては、自分自身をしっかり見つめ、本質を見抜き「自分に合った働き方、自分自身の実力を発揮出来る環境」を探し移るべきです。

今後ますます働き方改革が進行され、残業時間の規制もあり得ます

年功序列から実力主義になりつつあります。そぅなる前に自分に合った環境や働き方を探し求める事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。