 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
ビジネス

セカンドハウスを構えるなら貸家でのやり方が効率的である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の中では、「セカンドハウス」を構える方は、基本的に社会的にある一定の収入が、ある方が持つ事が、多いと思っております。

またはサラリーマンの方が、(単身赴任)や(仕事部屋)で、利用する目的で「セカンドハウス」を構える方が、いらっしゃいます。

言ってしまえば、(プライベートオフィス)ですね。

あと先程もお伝えしましたが、(単身赴任)目的で、会社負担で、部屋を借りると言うやり方で、「セカンドハウス」を構える方も中には、いらっしゃる可能性が御座います。

ただ理想としては、もぅ一つ家を持つと言う目的で、「セカンドハウス」を構える方が、大多数じゃないでしょうか。

例えば期間限定で、移住生活をすると言う目的で、賃貸なのか分譲なのか分かりませんが、何かしらの理由で、「セカンドハウス」を構えると思います。

大体の方は、地方と言った郊外に、構えるかと思いますがね。

中には都心部で、構える方もいらっしゃるかと思いますが。

ただ今回何故「セカンドハウス」を構えるのに、貸家の方が良いのか?その事をお伝えすべくこの記事を作成する事に、しました。お話しを進める前に、対象となる方をお伝えしてからお話しを進めたいと思います。

予めご了承下さい。

セカンドハウスを構えるなら貸家でのやり方が効率的である。

ある程度の収入と蓄えが、あれば物件購入による方法で、「セカンドハウス」を構える方が、いらっしゃいます。

またある特定の目的で、それも短期間による目的で、「セカンドハウス」を構えるならやはり賃貸によるやり方で、構えるのが、理想的じゃないかと思います。

その理由を私自身の視点でお伝えさせて頂きます。

じゃないかなって思います。いや(–;)あくまで私の個人的な意見でしか過ぎませんが(–;)。

ただこの現代社会の過酷な労働条件となると、この二つ「仕事で中々家に帰る暇がない方、通勤時間の短縮による目的」に関して言えば、当てはまっているんじゃないかなって思います。

一例としてオーナーズホテルを利用する。

例えば(都営大江戸線の勝どき駅)に、ある(東京ビュック)と言うオーナーズホテルによる「セカンドハウス」での利用も一つの良い例です。何を根拠に、この(東京ビュック)を例えとして上げたのか?って。

簡単な事です。この(東京ビュック)は、会員制登録によって、ホテルの客室を共有持分権として、所有権を持てる様に、なります

この為宿泊費もかなり安値で、利用も出来ますし、マンスリーマンションと同じ様に、生活において最低限の家具も備えておりますし、ホテルだけあってレストランも完備されてます。

従って最低限の荷物さえあれば、貸家と同じ感覚で利用も出来ますし、単身赴任者や通勤時間の短縮等にも繋がると言う事です。

と言う理由で、購入による「セカンドハウス」ではなく、貸家的な感覚での「セカンドハウス」で、 利用し構える事をお勧めする理由です。

ただの貸家ではなくマンスリーマンション的なセカンドハウスである。

まぁ。この(東京ビュック)の様なオーナーズホテルの様な例だと、明らかにマンスリーマンションの様な感覚での「セカンドハウス」になりますね。この都心部においても各地に、マンスリーマンションが、数多く存在します。

大きな目的は、先程も申し上げました「単身赴任者と通勤時間の関係」で、こぅしたマンスリーマンション、オーナーズホテルによる利用での「セカンドハウス」を利用すると言う理由だと思います。

結局わざわざ家を購入してまで、多額で莫大なお金を使いたくない!と言う事になりますね。

結論として通勤時間の関係が大きい。

先程もお伝えしました通り、やはり遠い地域から(単身赴任)の方が、「セカンドハウス」を構える目的が、多いケースが、考えられます。

その理由として、やはり自宅からの通勤時間の短縮が、大きい理由と考えられます。

このやり方でのセカンドハウスでの貸家がお勧めです。

先程お伝えした(東京ビュック)と同じ形でのご提案と言う事に、なります。

その理由として上げるのは、事業として扱っているオーナーズホテルと言ぅ形で扱う、いわゆるマンスリーマンションであり、オーナーズホテル式の「セカンドハウス」が、最も望ましいです。

住居としての利用は、勿論の事、ホテルとして貸し出しも出来るメリットもありますので、使わない日の費用負担が、減るので、結果として「家賃削減」にも繋がるメリットも御座います。

理由として外泊ホテルとして節約が出来るから。

(東京ビュック)と同じ様に、一時的の滞在目的として利用する為のオーナーズホテルとしても利用可能です。まさに今の時代の「セカンドハウス」を象徴する為に存在システムです。

やはり生活費削減と言うべきです。

最後はそぅなります。会社勤めの方で、会社が、家賃光熱費を負担してくれるなら話しは別ですが、完全自己負担となるとそれだけ家賃光熱費での負担が、大きくなります。

それがオーナーズホテルと言った形式で、「セカンドハウス」を構えるべき理由です。

まとめ。

ここまで本文で「セカンドハウス」を構える事に必要で、無難で最適な提案をさせて頂きました。

最後はご自身の財政との相談して決めるべきと言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単身赴任としてセカンドハウスを使用している目的の方には必要な物です。

人生様々な目的で、「セカンドハウス」を構える方が、いるかと思います。


この場で、お伝えする事は、仕事の(単身赴任)による目的で、「セカンドハウス」を使用目的として、使用している方。その上において、「個人事務所」として使用している方の為に、お伝えしたい事が、御座います。

下のアイコンをクリックすると、仕事の円滑化経費削減等様々な目的で、多くの方に使用されているビジネスツールが、御座います。


私自身も数多くの局面において、手助けとなり、これまで私を始め数多くの方が、その助けにより今日まで、多くの試練を懲り越えられました。

このビジネスツールは、それだけ本当の意味で、修羅場を乗り越えられる為に存在するビジネスツールなのです。


これぞ仕事を円滑にする為の仕事道具です。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。