イノベーション

今自室はプライベートオフィスとなりつつある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




自室がプライベートオフィスになりつつある事が、きっかけとなり、そのプライベートオフィスが、この記事のテーマとキーワードです。

こちらの記事と合わせてご覧になられるとこの記事の事で、この記事の事がより説明しやすいです。

この場でお伝え出来る事は、自室にWi-fiを設置した事を触れますが、今そのお陰か何と言うか。

Wi-fi環境が整った事で、ネット環境が充実した事で、自室が(プライベートオフィス)へと変わりつつあります。

と言ってもオフィス道具らしいのは「Wi-fi設備、愛用のスマホ、机、椅子、電気スタンド、エアコン」位しか整ってませんけどね(–;)。

正直言って「パソコン、プリンター、FAX、ポット」辺りがあれば更にオフィスらしくなりますけどね(-o-;)。

でも今はスマホとWi-fi環境だけでも十分プライベートオフィスになりつつあります。何故ならこのコンテンツマーケティングの作成に、必要だからです。

この事は後に触れますが、ミュージャンのスタジオに最低限の必要な設備として、(imac、pro tools、アンプ)等と言ったパソコンレコーディング機材が、あればスタジオも出来る時代です。

今までのアナログ的な機材でなく、パソコンを用いたデジタルレコーディングの時代です。

まぁ。そんな事で、Wi-fi環境によるネット設備が、整った事とワークチェア導入により仕事が、よりしやすくなりました。また「ゲーム、読書、映画鑑賞」もよりしやすくなりました。

まさにオンとオフの両立化が、向上したと言う事になります。

本題に入る前にこの記事の対象の方をお伝えしたいと思います。

予めご了承下さい。




プライベート空間を仕事場所にする事。それは自立心が高い現れである。

誰が何を言おうと私は、そぅ思っております。

アスリート辺りの例を例えると、自宅に酸素カプセルか特殊電子療法導入する事で、自宅でも治療環境を整える事で、健康管理の意識の高さが、目立ちます

これに比例して自宅でも仕事を出来る環境に整えると言う事は、それは「将来独立する」と言う意識の現れだと言う事です。

今フリーランスを始め、独立した方々も自宅兼オフィスの方もいらっしゃる可能性が、あります。

分かりやすい例をお伝え致します。

一番分かりやすいのは、やはり作家と漫画家ですかね?後はミュージャンの方で、自宅兼スタジオを構えている方ですね

あっ。アスリートの方で、自宅兼トレーニング施設の開設の方もいました。

更に氷室京介さんのビバリーヒルズの約7億の豪邸購入もその例に例えますね。

そぅ考えると上を目指す方ってそれだけ、より高い環境を整えると言う事になります。

私の自室はまだまだ整ってませんが、いずれにしろより高い仕事の結果を求める方って、それだけプライベート環境もオフィスにすると言う事ですね。

仕事道具は、Wi-fi環境とスマホがメインである。

これは私の場合です。今こぅしてコンテンツマーケティングをメインとしてますので、最低限の仕事道具として必要なのは、スマホとWi-fi環境と言ったネット環境です

今後5G導入に伴いWi-fiが更に高速化する可能性もあり得ます

その時の為に、より高速で質の良い環境に備える必要もあります。またコンテンツマーケティング環境も日頃からアップグレードする必要もあります。




これはプライベートスタジオを持つ事でも比例する。

先程お伝えした様に、ミュージャンを筆頭としたのプライベートスタジオを持つ事が、それに値します。

結局独立するにあたって、個人の仕事場は必要になって来ます。

と言う事は、プライベートオフィスを持つと言う事は、それだけ独立心が高いと言う事になります。

やはり時間に拘束されず、常に自分の時間とリズムで仕事をしたい方には、もっての他です。

プライベートの仕事場の基本は、やはりパソコン、スマホ、FAX、Lien、SKYPE、ネット環境です。

そぅですね。そぅなりますね。今の時代わざわざFAXを送らなくても、LineかGmailのPDFファイルとして送れる時代ですからね。

それでもFAXはあった方が、利便性は高いです。やはり最低限必要なのは「パソコン、スマホ、ネット環境」となります。

それに伴いSkypeと言うネット通信とLien電話があれば、今の時代スマート環境なプライベートオフィスが、出来ます。

絶対的にWi-fi環境は必要!

まず最初に必要な機材となると、個人的には、Wi-fiと考えてます。

理由として、今の時代完全たるインターネット社会ですので、スマホが必須品となります。

スマホを使って動画製作している方もいる可能性が、ありますので、どぅしてもパケット代無料のWi-fiが、必要となります。




まとめ。

ここまでプライベートオフィスの事をお伝えして参りました。

改めて振り返って、この記事を作成した理由と目的は、私の自室が、プライベートオフィスになりつつある事が、発端です。

その事を理由として、プライベートオフィスにするには、何が必要なのか?それに伴って独立すると言う心意気が、必要だと言う事を私の持論としてお伝えして参りました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。