 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
未分類

お部屋を借りる前に住み心地を査定してからやるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を作成した2021年3月末頃。外国は、どぅか知りませんが、私が住む日本においては、丁度「卒業、新卒採用、転勤」等と言った新生活に向けての準備でバタバタしている時期です。

また人によっては、上京等と言った(引っ越し)シーズンの時期でもあります。

(引っ越し)か。何か懐かしいな。今はしてませんが、昔はよく(引っ越し)のアルバイトをしていましたね。

時には以前勤めていた警備会社の関連会社の人材派遣会社からお呼びもかかった時期もありましたね。今思えば、過酷な職業ですが、懐かしさもありますね。

そぅ言えば、建築の工期もこの時期に合わせてになりますね。

建物の着工から引き渡しが、終えて入居者が、続々と入って来ると言う。懐かしいですね。(引っ越し)のアルバイトをしていた時期が。

まぁ年度末から年度始めにかけて新生活を迎える事になりますが、新生活を迎えるにあたって必ずと言って良い位新たな住まいで、住む事になります。

その住まいとなると、必ず本当に不動産屋の方と物件を見に行くとなると、これ本当に住み心地が良いの(*´-ω・)って正直疑いますよね。

それも部屋の住み心地を求める方を更に対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

お部屋を借りる前に住み心地を査定してからやるべきです。

この世の中問わず世界中で、新生活を迎えるに当たってほとんどの方が、恐らく(賃貸物件)による住まいを探すと思います。(購入物件)で探す方は、余程の方じゃないとまずいないと思います。

そんな(賃貸物件)による契約ですが、恐らくここは借りるにあたって重視するんじゃないかなって思います。あくまで憶測であり私の個人的な観点ですがね(–;)。

になりますね。特にどれとは言えませんが、まぁ全部でしょうね。あるしこの記事と関連性が、ありますが、やはり部屋探しをするにあたって、住み心地と住みやすさは、どぅしても外せませんね。

新生活特有の期待と不安。

この記事を作成した2021年3月末頃が、過ぎていよいよ新生活が、始まる新たな生活の第一歩が、スタートすると言う事になります

まぁ新たな期待と楽しみが、膨らみワクワク感が、募る一方で、慣れない環境で新生活を迎える訳ですから正直緊張感が、募る一方です。

私もそぅでした。慣れない環境になると、どぅしても不安と緊張が、募って来ます。

何せ住み慣れた地元を離れて、見知らぬ所へ移り住みますからね。そりゃ不安になりますよ。

家賃があまりに安いと。

特に安い部屋を借りるとなると、(ユニットバス)の物件が、多いと思います。欧米だと基本的に「風呂、トイレ、洗面台」が、一式型となりますので、そぅ言った欧米の方に受け入れられる様に、日本でもそぅ言う(3点式ユニットバス)物件も多く出回っていると言う事になります。

勿論の事「風呂、トイレ、洗面台」が、それぞれ別々の物件も存在はしますが、家賃の事を考えたらやはり(3点式ユニットバス)の物件で、妥協する事も時と場合によっては、あると言う事です(;´д`)。

やはり住み心地が悪いと住むのが嫌になりますね。

正直それは大いにあると思います。よく不動産屋の物件紹介の項目で「オーナーチェンジ」の物件の紹介が、あるのを見かけると思いますが、これ実は理由があるんです!!( ; ロ)゚ ゚。

そもそも何でそぅ言う「オーナーチェンジ」物件が、存在するの?って思いますよね。私自身もそぅ思う事もあります。

その理由をお伝え致します。勿論私の知る範囲であり、私自身の個人的な見解で。

なぜオーナーチェンジが怖いのか?

その理由をお伝え致します。

まぁ。ざっと上げればこぅ言う理由で、「オーナーチェンジ」物件として扱われますかね?

この「オーナーチェンジ」は、不動産投資をする時に行う事なので、賃貸の場合でも決して関わらない事じゃないので、頭の片隅に入れておいて頂ければ、幸いです。

こぅ言う事になって来ると、やはり住み心地も重視すべきですね。

お部屋を借りる前に査定業者に依頼すべきです。

本当に住み心地がよく、住みやすい部屋を探す前に、やるべき事が御座います。

それでしたらお部屋の住み心地を査定するサービスを行っている業者に依頼すべきです。

いくらこれだ!って言った物件に、たどり着いたとしても住み心地が悪かったら、元も子もありません。

なので足をしっかりと固める必要が、あると言う事をこの場をお借りしてお伝えさせて頂きます

やはり理想は快適なお部屋ですね。

仰る通りです。仕事とプライベートの両立を図るならやはり住み心地が、良い部屋に住むのが、一番です

やはり理想は出来立てホヤホヤの新築物件ですね。

新築物件でも欠陥がある事も。

いくら新築物件特有の綺麗さが、あっても何処か欠陥が見つかる事もあります。

そこだけは、くれぐれもお気をつけ下さい。

まとめ。

お部屋探しをするに当たって必要最低限するべき事をお伝えしました。

ただ「この部屋が良いから気に入った」からだけでなく、やはり実際に見て、「住み心地やすさ」を査定してもらってから判断すべきと言う事が、この記事を作成して我ながらひしひしと伝わって来ます。

最後はその人一人一人にとってどれだけ住みやすいか!?それが最重要な決め手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。