 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
サブカルチャー

大切な思い出はずっと記録にすべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それはご最もで御座います。昔。つまり私が、子供の頃は、写真とビデオカメラによるやり方で、大切な思い出を記録してる時代でした

ビデオカメラで録ったテープを差し込めるVHSテープに取り付けて、それからVHSデッキで楽しむのが、家族の楽しみでもあります

一番大切なのって、やっぱり子供の運動会ですね私が子供の頃運動会当日の夜に、家族で見たのが記憶に御座います

今の時代デジカメであり、スマホで動画撮影が、出来る時代ですからね。

これに加えVHSではもぅ見る事が、難しい時代になりつつありますから、街の写真屋辺りで、「思い出のテープをダビング」してもらう事により、Blu-Ray辺りで見れる様な形となります。

そぅ考えると、昔の思い出をずっと大切にしておくと、改めて振り替えると「当時の思いでを楽しむ」事が出来、懐かしさを思い出させてくれますね。

見出しでは、そぅお伝えしましたが、私自身は学校の卒業アルバムは全て破棄しました

理由は持っているだけで、ストレスに感じ煩わしいからです

そぅ言ぅ事も時と場合によっては、ありますが、良い思い出素晴らしい思い出は、是非写真か何かで、記録して残したいのが、本心だと思います。

そろそろターゲット層をお伝えする頃ですね。

この場だとやはり2、3番目ですね。理由は後程お伝え致します。

予めご了承下さい。

大切な思い出はずっと記録にすべき!

昔から本当に大切にしている思い出は、やはりずっと記憶の中に留めず、写真か何かに記録として残しておきたいです。

今の時代ですと、スマホをメインとした何かの媒体で、メモリーに残して残す事が、出来ますが、スマホやカメラ付き携帯以前の時代の思い出になりますと、写真かビデオカメラで、思い出を残す時代となっております。

その大切な思い出を今の時代で、甦る事が、可能な時代となっております。

事実ベーダ、VHSと言った媒体で、録画した物ならダビングスタジオで、実現可能となります。

昔の思い出はBlu-Ray等で甦る。

そぅ言う事になります。実際にこのやり方で、見た事はありませんが、Blu-Rayですから画質は、VHSの時に比べたら格段に良くなっていると思います

もぅ一つの思いでを大切にする方法は、昔ながらの「レンズ付きカメラ」による写真で、思い出を残す事です。

いずれ結婚した時、結婚式による新郎新婦の紹介の歩みの時になれば分かりますが、今の世代だとデジカメ辺りでの思い出記録となりそぅです。

私が子供の頃だと、今申し上げました通り(フィルムカメラ)での写真となります。その写真を編集し、新郎新婦の紹介として、動画として、会場のスクリーンに公開されます。

それは子供の成長記録の手作り。

まずは「思い出をずっと大切に残したい方」を残したい方からです。私自身も押し入れを整理し、自分のアルバムを見ると、「俺ってこぅ言う感じで、成長したんだなぁって」つくづく思います。同時にこぅ言う子供だったんだなぁって思います。

私の事を例にして例えると、世界中どこ探しても見つからないオリジナルのその人個人の成長記録を記した、アルバムによる思い出作りです

この事をやがて、親となって自分の子供にも自分自身の事を伝える事が、出来ると言う魅力が、御座います

今の世代だと(スマホカメラ、youtube等の動画)による思い出を記録する方が、多いと思います。

それをinstgram等のSNSで拡散し、全く知らない方に伝えるやり方も存在します

自分の大切な思い出は、人々に伝えられやすくなっていると言う事です。

またイベントの撮影も記録にすべき。

これはイベンターの仕事をしている方なら分かると思いますが、舞台役者の方だと、当時の芝居を何かしらのやり方で記録し、思い出として、伝えたい気持ちが、あると思います。

その舞台のご活躍ぶりを(友人等)に、見て欲しいと言うのもあると思います。

ただこの方法になりますと、主催者側の許可が、必要になって来ますがね(>_<)。

イベントによる思い出も記録したい!

そぅ言う方も大勢いると思います。やっぱ自分の晴れ姿ですから、そりゃ思い出として残したい方もいると思います。

また仕事として撮影し、自分のイベントを動画配信して、ビジネス拡大に繋げたい方も中には、おります

だって展覧会、ダンス発表会等になるとプロに取って、思い出に残した方が、移り具合が良いに決まっているじゃないですか。

それも思い出である。

そぅ。「学芸会、何かの発表会、イベント」これも思い出作りの一貫です。

撮影をするとなると、よりクオリティーを求めるならプロにお願いした方が、上手く撮ってくれる可能性が、あります。

またこれもこれで、思い出作りとなります。

まとめ。

ここまで本文で、思い出を記録に残すべき必要が、あると言う事をお伝えして参りました。

今の時代ですと、スマホの容量があれば、いとも簡単に画像と動画をシェアする事が、出来る時代となってますが、2000年前半頃までの思い出になって来ると、ビデオカメラ等になります。

その思い出を現代の技術で、甦る事が、出来ると言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な思い出こそサイトとして公開すべき!

大切な思い出。やはり写真等で、ずっとアルバムとして、思い出にしまいたい方が、大勢だと思います。


けどその思い出を写真館のサイトとして、公開し、自分自身の歩みを伝えたい方もいると思います。


そぅ言う方は、このAistgramを導入し、集客ツールとしてご利用する事をこちらからご案内させて頂きます。


このツールならサイト運営に、役立ちます。


写真館サイトの集客ツールです。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。