教育

プログラミング教室で学ぶ事で実社会での活躍が活かされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プログラミング教室で学ぶ事で、何に繋がり何を得するのか?まぁ。勿論の事自分自身の新たなスキル取得には、間違いなく繋がりますし、新たなステータスにも繋がりますね

今の時代AIテクノロジーをメインとした、ロボット開発など様々な面で、プログラムの必要性が、認知されてます。

AIテクノロジーのプログラム問わず、ゲーム開発のプログラムにしろ、気象予報のスーパーコンピューターの演算によるプログラムにしろ、インターネットサービスのプログラム開発にしろ、とにかくコンピューターが、大きく関わっているので、それに伴う高度なプログラムが、どぅしても必要となって来ます。

なので、学生の頃それも頭が、柔らかい頃から学ぶ必要が、ある時代へとなりつつあります。

私が学生の頃は、プログラミングを学ぶのは、独学か高校進学してからとなりますので、なので最短で学校教育で学ぶとなれば、高校からとなっておりました。

ただ言語はどの言語からスタートかは、流石に分かりませんでしたね。

私の当時の事は、さておき今回の「プログラミング教室で学ぶ事で」につきましては、社会人の方を対象とした事をメインに、お伝え致します。

予めご了承下さい。

プログラミング教室で学ぶ事で実社会での活躍が活かされる。

私立学校の様に、個人経営でプログラミング教室を開講している所も数多く存在しております。

それと同時にハローワークと言った職業訓練を通してプログラミング教室を行っている所も存在しております。

目的としては、有効なプログラマーを一人でも多く育て上げ、社会に進出させる事です。

ただ今のご時世(ミドル世代採用)を積極的に行っている企業が、多いので今のこのご時世人手不足と言われている中で、プログラマーとして転職を考えている方にとっては、チャンスとなります

システムエンジニアに転職を目指す。

この場では、システムエンジニアとして強く強調した見出しとなっておりますが、実際は、プログラミングを職業とした方の事を指しておりすので、くれぐれも誤解のない様お願い致しますm(_ _)m。

言ってしまえば大元はプログラマーですね。

システムエンジニアでも結局システムを稼働に必要な(プログラム)の開発が、必要となって来ますので、結果としてプログラマーが、必要となって来ます。

例えば・・・・・・鉄道の運行状況を管理するシステムのプログラム開発ですかね(-_-;)。他にはSECOMやALSOKにありがちな(機械警備)のプログラムですね。

プログラミングの資格も取得すべし。

プログラマーとして転職を確実に目指すなら、プログラミングの資格を取得すべきです

高校在学中の頃から資格取得の為の一貫は、御座います。

基本情報技術者、情報処理技術の資格など御座いますが、プログラムの資格となると様々な専門的な資格が、存在しますので、結構幅広いですね。

どのジャンルのプログラマーとして、転職を考えるのか?それに適したプログラムの資格を取得すべきです。

資格取得は転職時においてのアピール出来る材料となる。

 そぅ言う事です。中途採用の転職となると、基本的にな採用基準として「即戦力採用」となります。

求人募集の中には、「未経験採用」も募っておりますが、基本的には「経験者有利」となります。

従って未経験での転職となると彼等「経験者」から採用を勝ち取る為には、どぅしても資格取得が、絶対的に必要となって来ます。

理由は未経験でも転職に有利となるから。

簡単な事は、先程お伝え致しました。何しろ未経験で、プログラマーとして転職を目指すなら「資格取得」が、採用される為に必要となって来ます。

そもそも募集要項に有資格者も書かれている事もありますからね。

まぁそぅ言う事です。短期間でプログラミング技術を取得して、面接時においてアピールする事は、必要となります。そもそも何が自分の強みなのかをアピールしないと、面接担当者には、伝わりませんからね。

採用の決めては実力が明確に証明出来る資格である。

ただその強みを証明出来る物って何か?となると、一番の強みってやっぱり「資格」です。

履歴書に記載すれば、採用される可能性が、ぐっと広がります。

故に採用後において、最初はチームの下積み作業からスタートとなる可能性がありますが、その中において、先輩社員のプログラム作業の共同作業も任される事も有り得ます。

その未経験の方をベースとし、いかに転職したいと思いきや、中々そのきっかけが、ないままズルズルと時が経ちます。

まとめ。

ここまでプログラミング教室でプログラムを学ぶ事で、その学んだプログラミングが、実社会で活かせる事についてお伝えして参りました。

仰有る通りプログラミングの訓練校で、実社会に通用出来る人材の育成と、それに伴うプログラミングの資格取得によって、企業の面接で、有能な人材の育成を獲得する為の橋渡しとして、存在しております。

ただ忘れてはならない事は、本当に有能な人材かどぅかは、実社会で、判断すべきと言う事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。