 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
教育

相手の痛みを感じない人。それは自分に甘えやすい人の特徴。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正直申し上げますとm(_ _)mこの記事のタイトル「相手の痛みを感じない人それは自分に甘えやすい人の特徴」をご覧になると、かなり反感と顰蹙を買う恐れが、あります((( ;゚Д゚)))。

場合によっては、もぅ即退場や訴えと言ったクレームもある事も想定しております。

それでもこの記事を通して、今まで私が、学んで来た事や見て来た事をお伝えしたいと思い、この記事の作成を決めました。

よくある事や事例を上げさせて頂きます。

ざっと上げれば、最低でもこれだけは、上がって来ます。念の為補足として「年齢や上下関係による圧力やいじめ」も上げさせて頂きます。

何故そぅ言う事が、起こりうるのか?タイトルとどぅ言う関係性が、あるのか?その事をお伝えして行きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

予めご了承下さい。

相手の痛みを感じない人。それは自分に甘えやすい人の特徴。

今の時代の「いじめ」と言った問題は、正直かなり深刻で、陰険陰湿さが、どんどん深刻化しております。

ニュースでもご覧になられている方なら分かると思いますが、(自殺、訴え)と言った事で、心の傷が、ひしひしと伝わって来ます。

その内容はこちらの記事こちらの記事を併せてご覧になられると、この記事の意味合いもご理解して頂けると思います。

さて何故そぅ言った「人の痛みが分からないか?」ですよね。

これは私が見て来た事、学んで来た事を参考にお伝えさせて頂きます。

まぁ。これだけ出て来ますね。何でこぅなの?かって。その事をこの後の項目でお伝えさせて頂きます。

原因の一つは自分に怠けやすい人。

まずはこれが、出て来ますね。先程の「権力を振りかざす」のと「個人の好き嫌い」言う理由による「圧力といじめ」の事を上げます。

属に言えば、「弱い者いじめ」と言うのが、これに値します。

幼少期と思春期の頃の環境もある。

私個人的に一番の原因と言うべきなのは、実はこの「幼少期と思春期」の頃の過ごして来た環境が、大きいと考えております。

何故かと言うと丁度「幼少期と思春期」の頃は、成長期真っ最中であり、物覚えが最も早く優れている時期であります。

それと同時に多感な時期でもあります。「思春期」の頃で言えば(子供から大人に変わる)時期です。

この「幼少期と思春期」の頃に覚えた心の傷やトラウマは、後々の人生において、様々な面で大きく左右され関係して行きます。

特に私個人的に言えば、過ごして来た家庭環境を含む環境が、大きな原因と見ております。

故に先程の「いじめ」の原因もここにあるとみております。また自分に甘えやすい人もここにあると見ております。

ある意味肥満の人?

これはお世話になっている鍼灸院の先生から聞いた話しです。

筋肉による肥満の方は、この事に対して正直どぅかと思いますが、普通に贅肉の塊の肥満体型の方に関しては、あるしこれに該当します。

何故そぅ言いきれるのか?って。肥満体型の方の特徴は、かなり自己管理に対して無頓着で、堕落しやすい傾向があります。

その上において、血流効果が悪くなりやすいので、体内のストレス等の悪い物質の排出環境が、悪くなりやすくなり、それと同時にその物質が、無意識の内にどんどん蓄積されて行きます。

つまり肥満体型には気を付けろ!ですね。

やはり自分自身に危機感がない人?

この事に関しては、正直上手く話せませんので、私の伝え方が、曖昧に思われる可能性も出て来ます。

予めご了承下さい。

例え話しでお伝えするなら(健康診断)の結果や「一度入院等で身体を壊した経験がある」方の例でお伝えさせて頂きます。

ニコチンとアルコール中毒に陥り、その中毒で身体を壊し蝕んでいるにも関わらず、身体の健康状態が、悪化しても(飲酒と喫煙)が、止められない方が、多いと見ております。

(飲酒と喫煙)をしないとストレスが、発散出来ない上に、心が落ち着かない。

先程の肥満体型の方と重なりますが、やはりこぅ言う方も正直自分に対し危機感が、ない方の典型的な例だと見ております。

相手の痛みを分かる様になるには。

これは正直申し上げますと、物凄く困難で生半可な事じゃありません。

この事につきましては、この後の各項目で、お伝え致します。

一つの方法として自分を追い込む事。

まず真っ先に言える事は、常に自分自身に対して危機感を強く持つ事です。言葉を変えれば、自分を極限限界まで追い込む事です

何故なら自分自身に厳しく常に追い込み続けていれば、苦労も分かって来る様になり、相手に対して親身に接する事が、出来る様になります。

故に常に低姿勢であり腰も低くなり、謙虚になれる事も出来ます

自分の限界まで鍛える事。

これは一番分かりやすく言うと「フィットネスジム」通いです。それも最低でも周一で、それも常に危機感と高い意識を持つ事です。

何故なら「ウェートトレーニング」に限りますが、自分の限界の重さでの「トレーニング」によって、自然と自分をいじめる事になるので、結果として、自然と無意識の内に、相手の辛さや痛みが、分かって来る様になります。

筋肉痛の経験した方ならそれが、よく分かると思います

最後は自分自身が成長出来るかどぅか。

一番重要な事は、ここです。

この事に関しても上手く伝えられるかどぅか不透明極まりないですが、私自身の持論になりますが、己の弱さと非を素直に受け入れ、その弱さと辛さを乗り越えられる精神力が、あるかどぅかです。

逆に言えば、己の弱さを受け入れられず、その弱さと置かれている立場に目をそらし、自分に優しくし親切にしその優しさに甘える人、誘惑に負けるは、本当の意味で「相手の痛みが分からぬまま」成長出来ない人で、一生終わる可能性が、あります。

まとめ。

事はかなりおこがましい記事となりましたが、この記事が、そぅ記している通りやはり今の世の中は、本当に「人の痛み」が、分からない世の中になったんだなってつくづく感じます。

その証拠に無差別で簡単に人を殺す時代が、それを象徴しております。

やはり己に弱く甘えやすい人ほど「人の痛み」が、分からない人になりやすいと言うのが、現実です。

だからこそ常に危機感を持ち己に課された試練を乗り越えなければ、なりません

試練は成長出来る人にこそ訪れます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。