 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
ビジネス

資本主義から生まれしナノマシン技術。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて。この記事のキーワードでありテーマは、二つとなります。それは「資本主義」と「ナノマシン技術」となります。

どぅして二つにしたか?それは、今の世の中は、どぅも資本主義社会と言う印象が強くその事について自分なりの考え方や捉え方を書きたい事が一つと、ナノマシン技術が、稀に聞く時があります。それに何処かのアニメか何かで、聞いた時がありましてね。

この二つのテーマとキーワードを組み合わせた記事を書こうと決めました。

本題に入る前に、この記事が、どの様な方を対象にしているのか?それから本題に入らせて頂きます。

その上において資本主義から生まれしナノマシン技術の事も併せてお伝え致します。

予めご了承下さい。

資本主義とは。

まずは資本主義の方からお伝えして行きます。

どぅも今の国際社会を見てるとそぅ言う傾向が、目立ちますね。いや・・・・・・(^o^;)先進国がねって。簡単にお伝えしますと、資本主義は、経済の体制が自由化された主義です

言葉を変えれば実力絶対評価制度。

働いたらその能力や成果に応じて、報酬の額が決まりますので、いわゆる実力制度を象徴してます

従って経済活動も、起業するのも、新しい事業を興し商品開発するのも、就職活動もすべて自由です

努力をし成功をすれば、それだけの恩恵を得られますが、逆に怠け、失敗をすればリスクに陥る可能性もあります

国の政治体制によって資本主義の体制は、異なりますが、いずれにしろこの資本主義によって(貧富の格差)が、生まれたのは事実です

ナノマシンとは。

そろそろ次のナノマシンの事に話題を移させて頂きます。正直この資本主義の事は、非常に奥深いですので。

今回のもぅ一つの話題である(ナノマシン)は、今注目度が高く最先端の研究技術として評価されている技術の一つです

ナノテクノロジー」と言う言葉を聞く事が、あるかと思いますが、まさにそのナノテクノロジーから生み出された技術です。

そもそもナノの意味は?

ナノ」とはラテン語で「小人」と言い、1メートルの10億分の1の大きさに値する(゜゜;)\(–;)意味です

まぁ平たく言えば、ウイルスと同じサイズだと思えば、分かりやすい例えとなります(-o-;)。

この話を聞いて正直驚く方が、多いです。

時代の進歩と共にコンピューターの進化に伴い、大型のスーパーコンピューターから超高性能の演算処理を施せる(CPU)を搭載した、家庭用と業務用のデスクトップ型パソコン

そこから更に小型化したノートパソコン。やがてタブレット。

その流れに伴い、このナノテクノロジーを駆使した(ナノマシン)と言う目に見えないサイズのコンピューターが、誕生しました。

ナノテクノロジーを­応用し駆使した技術。

今それだけ画期的なテクノロジーが、それだけ注目されてます。中でも「ナノ医療」と言うのが、聞く事があります。

現時点では、研究途上と聞いてますが、今後医療技術の発展の為に実用化を目指していると聞きます。IPS細胞と言う再生医療の為に研究を進められている細胞治療があります。

今後このナノテクノロジーが、発展し実用化されれば、癌細胞の治療と共に、IPS細胞による再生医療とのハイブリッドになれれば、今後の医療の発展に役立てると思います

これは私の個人的で、独り善がりの考えに過ぎませんが、やはりこのナノテクノロジーは、資本主義社会だからこそ生まれた技術だと思っております。

確かに実用化されれば、これまでにない恩恵が、受けられる事は、お間違い御座いません。

この先悪用する方も現れる可能性大。

ただその一方で、技術を悪用する可能性が、出て来る可能性も否定出来ません。

資本主義問わず、社会主義国家でも共産主義国家でもこれは、考えられる事です。

この場では、資本主義社会として上げます。

その理由は、インターネット上でもさる事ながら、著書でも出版されてますが、「ナノ兵器」と呼ばれる物が存在していると言う話が、出回ってます。

恐ろしいのはナノテクノロジーによる兵器の現実化。

やはり経済や産業の自由化ですからそぅ言う理由で、ナノテクノロジーを兵器として開発すべき者が、現れても不思議じゃありません。

現在では、ナノ兵器は仮に各国が公の場による開発は、発表されておらず、技術の大半はまだ推測の域を出ないものとされています。

ただ今後ナノテクノロジーが、本格化された時にそぅ言う恐ろしい方向に、使われる可能性もあります。やはり軍事力をアピールするには、絶好の機会ですからね。

そぅ資本主義社会によるナノテクノロジーが、生み出す可能性が、あるのは正しい使い方だけでなく、過った使い方や方法で使われる可能性もあり得ると言う事です。

まとめ。

ここまで資本主義によるナノテクノロジー技術についてお伝えして来ました。

資本主義社会になりますと、基本的に自由主義であり、完全実力競争化社会となります。

その上において、ナノテクノロジーと呼ばれる科学の進歩の結晶が、生まれても不思議じゃありません。

この先ナノテクノロジーが、どぅ言う形で社会に貢献するか正直不透明極まりないですが、悪用される事は、避けて欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。