 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

資格取得の意味。それは自分自身の能力の証明書へと繋がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の作者である私自身が、日本人である為この場では、日本の事をメインにお伝えする形を取らせて頂きます。

皆様予めご了承下さい。

街中のフリーペーパー紙を見ていると、時々「資格」の講座のご案内が、見かける時が、あります。

特に印象的なのは・・・・・・・やっぱ書店かな?本を購入すると、「資格案内」のチラシが、一緒に入っている時が、あります。

今や転職になると多くの企業が、募集要項に必ず「資格必須」の欄が、見かける時が、あります。

職種によって様々ですが、その職種に適した「必要資格」が、御座います。

要するに中途採用になると「資格」が、必要になると言う事です。

何せ即戦力である経験者の方が、有利になります。

その事を今からお伝えする形を取らせて頂きます。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

改めました上でご了承下さい。

資格取得の意味。それは自分自身の能力の証明書へと繋がる。

先程もお伝えした形となりますが、中途採用による転職は、勿論の事新卒採用による求人でも今や「資格取得」しているかどぅかで、採用基準の判断が、される時代となって来ております。

知っての通り今や海外に進出している企業が、数多く存在しますし、海外に事業を売り込んでいる企業も同時に存在しております。

まぁグローバル競争の時代の影響でしょうね。

その関係もあってか「英検資格」が、ないと採用対象にならないケースも見る事もあります。

理由を上げるとすれば、やはりこぅ言う理由になりますね。

の二つが、私自身の中での理由となります。

やはり外国での転勤も想定してと言う事ですね。

資格がないと不利になる事もある。

少なくとも私自身は、そぅ考えております。

理由として「資格」が、あると言う事は、その人には、それだけの能力が、あると言う事を証明出来ると言う事になります。

あるし実力を示せると言う事です。

何を言いたいのか!?と言うと、いくら実力に伴う能力が、面接時にアピール出来たとしてもその事を確実に証明出来る物が、あるのか!

となったら最も無難な方法は、やはり「資格」と言う事になります。

ただ忘れてはならないのは、いくら「資格」が、あったとしても実戦で、それを活かせなかったら宝の持ち腐れになり、本当の意味で、自分の実力を証明出来ずじまいとなります。

就職活動時においてあるとないとじゃ差が大きい。

これは確実に言い切れます。勿論即戦力となる経験者の方も立場的には、優位になります

ただ未経験からの転職、あるいは新卒採用時になって来ると、「無資格」のままだと正直自分を売り込む事になって来ると、不利になるのが極まりないです。

詳しい事は、(ハローワーク、リクルート)と言った就職支援機構の求人募集をご覧になられると、分かって来ます。

とにかく中途採用の採用基準は、経験者による即戦力か、「有資格者」の方が、最低限の採用基準の対象となります。

資格取得の証明書はあるしタイトルと一緒?

この「資格取得の証明書はあるしタイトルと一緒?」って一体どんな意味なの?って正直にそぅ思いますよね。

この場でお伝えするタイトルの意味は、スポーツ選手のタイトルの事です

野球で例えたら首位打者、最多安打、本塁打王等になります。

何をお伝えしたいのか!?と言う事ですよね。

今お伝えしたタイトルは、打者としての証明となります。

自分は、バットコントロールと長打力に自信があります。

いくら自信が、あったとしてもそれに見合うだけの証明が、出来る物って何?ってなって来ると、やはりタイトルが、所有しているかしていないかで、その人のポテンシャルの証明が、左右されて来ます。

何故ならタイトルはプレーヤーの実力を証明する証し。

まさに仰る通りです。勿論無冠の方でもそれ相応の実力を証明する事は、可能です

ただ説得力が、必要になって来るとやはりタイトル獲得者の方の方が、断然優位となって来ます。

彼等タイトル獲得者に共通している事は、ただタイトルを獲得し、実力を証明したのでなく、そこで満身創痍に甘んじず、己の限界に挑戦し、その限界を超える事を常に目標としております。

言ってしまえば、自分との闘いに勝つと言う事です

自分の実力を証明したいなら資格取得を目指すべし。

話しは大幅にそれましたが、本当に自分の実力を証明したいのであるならやはり「資格」の取得は、絶対的に必要不可欠となって来ます。

先程のタイトル獲得者の話しと照合しますと、自分のポテンシャルを証明出来るのは、タイトルが、前提となって来ます。

これに比例して、就職を乗り越え入社後でも活躍を見込める為に、必要になって来るのは、やはり「資格」取得となって来ます。

それもそれ相応の実力を証明出来る「資格」です。

パソコンなら(MOUS)になって来ます。

金融関係になって来ると、やはりFP(ファイナンシャルプランナー)でしょうね。

ただし本当に実力を証明したいなら取得後の実戦ですべし。

これは間違いなく本当の事です。日本から世界に挑戦したアスリートの方の前例が、分かりやすい例です。

日本国内では、向かう所敵なしの実力をいかんなくして発揮して来ましたが、いざ海を越えて海外に渡った後に、世界の大きな壁を乗り越えられなかったアスリートの方も数多く存在して来た前例が、あります

この事を教訓に大切なのは、本当の意味で上の世界で、実力が証明出来るだけの実力が、備わっているか!です

まぁ。学生時代の時の実力が、全てでないと言う事です

まとめ。

これまで「資格」の取得が、どれだけ重要な事かをお伝えして来ました。

やはりアスリートのタイトルと同じで、己の実力が、どれだけあるか!が、証明する為に、必要不可欠な説得法として、最も確実的なのが、「資格」取得と言う事になります。

この記事をご覧になられて、「資格」の重要性を認識し、「資格」取得に励むきっかけになれる事を切実に願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。