 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

白血病になると検査と診断が必要ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では「白血病」の事をお伝えさせて頂きます。

この記事を書いた理由は、(以前であり、この記事を作成した当時であり、かつて上がった競泳の池江璃花子選手)の白血病のニュースです。

当時知った時は衝撃的でした(@ ̄□ ̄@;)!!何でこぅなるのってでも世の中何が起こるか分からないのは、実はこぅ言う事なんですね

そぅ人生本当に何が起こるか分からない。例えそれが例え(白血病者本人達が望まない)事でも。

何でこの記事を作成し、どの様な方を対象にお伝えしたいのか?その事をお伝えして行きます。

そしてこの白血病とは、一体どの様な病気なのか?まずはそこからお伝えして行きます。

故に一度でも白血病になると検査と診断が必要な理由も。

予めご了承下さい。

白血病とは血液の病気である。

この白血病は血液の癌です2種類存在します

一つは(急性白血病)と呼ばれます。もぅ一つは(慢性白血病)と呼ばれております。

まずは急性白血病の方からお伝えして行きます。

急性白血病とは。

白血球や赤血球、血小板を作る為に、重要な造血幹細胞が、悪性腫瘍として生み出す病気の事です。

一度急性白血病で悪性化になると、正常通りに成熟出来なくなります。

この急性白血病を更に細分化すると急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病の2種類が、存在します。

初期症状として骨髄性の場合は、いつもより風邪が引きやすくなったり、少しだけ息切れする、全身がだるくなりやすい、めまいがする、鼻血などが出やすいなどがあります。

一方のリンパ性は、頭痛めまい、貧血動悸息切れ、あざ(皮下出血)、発熱だるさ、鼻血歯ぐきからの出血が、上がって来ます

こぅして見ると共通している面がありますね。

慢性白血病とは。

次は慢性白血病の方をお伝えて行きます。

こちらもどぅやら(慢性骨髄性白血病)と(慢性リンパ性白血病)の2種類が存在します。

慢性骨髄性白血病の方からお伝えします。

特徴として、ゆっくりと進行する血液の癌の一種です

初期症状の段階だと自覚症状は出ませんが、ある程度進行すると貧血、全身の怠慢感、無気力などの自覚症状が次第に出て来る様になります

更に進行すると夜中に大量の汗がかく様になり、体重の減少に気づく様になります

慢性リンパ性白血病とは。

もぅ一つの慢性リンパ性白血病についてお伝えします。

こちらも初期症状としては、何も感じずゆっくりと進行するのが特徴です。

次第に進行し始めて来ると(健康診断)などで白血病数の異常が指摘されます。

進行が進むにつれて(倦怠感、食欲不振、寝汗に伴う微熱、体重減少)や(脾臓や肝臓の腫大により発熱や肺炎)と言った感染症も次第に進行します。

と言う白血病です。この他にも多数の血液の癌が存在します。しかし今回は、この白血病のみで絞り混んで行く形でお伝えします。

つまり白血病は2種類の中で更に2種類存在する!

ここまでお伝えして来ましたが、細分化して見て見ると、白血病は、二つ存在しそこから更に二つに分かれます。

何か色々複雑だなってつくづく考えさせられます。

そろそろ原因部をお伝えして行きます。

白血病になる原因は。

急性骨髄性白血病からお伝えして参ります。具体的な原因は分かりませんが、放射線と科学物質などが原因でなると言われておりますが、詳しい事はまだ解明されてません

けど発病率は年齢が重なるにつれて増加します

次は急性リンパ性白血病についてです。こちらも何が原因でなるかは、現時点では不明点が多いです従って現在の医療技術で予防法などは明らかにされてません

続いて今度は慢性骨髄性白血病です。こちらの原因は、専門的な話になって来ますが、どぅやら原因のほとんどは(染色体の9番と22番の一部が入れ替わる事により生じるフィラデルフィア染色体)が関わっている模様です。

発症確率は50歳代の男性が多いようです

最後に慢性リンパ性白血病です。こちらも発症原因については解明されてません。欧米人に多いと言われており、遺伝的な要素が大きく関わっている様です

白血病の解決法って難しいですね。

と言う事は、やはり体調が平常時よりも優れない場合は、早期に病院に診察に行くべきですね。いつもよりも優れない場合において、血液検査をすれば判明するやもしれません。

骨髄のドナー移植のやり方が、どぅやら一つの治療法の様ですね。早期に見つかり、その段階で治療が一番望ましいです。

また池江選手の様に悲観的にならず、絶対に直すと言う強い意志があれば道は切り開けるでしょう。

現に今池江璃花子選手は、回復傾向に向かいつつあり、公の場で当時の心境をスピーチしてました。

願わくば完治して、また病気前の様に元気で、水泳をしている姿を披露して欲しいです。

まとめ。

ここまで白血病の事をお伝えして来ました。

改めてご説明しますと、こちらの白血病でもかなり難病と言うのが、伝わって来ます。

ただ池江璃花子選手のお姿を見て、治療に向かって懸命に取り組んでいる姿に、心を打たれた方が、大勢いらっしゃる事は、お間違い御座いません。

やはりその懸命に取り組めるからこそ試練を乗り越え、成長が、出来る人の特徴と言う事の証しが、改めて知る事が、出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。