健康

糖尿病に効くインスリンとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




糖尿病の投稿に「インスリン」と言うキーワードが出て来ましたが、この記事のテーマとなるインスリンと言うのが、糖尿病の治療に役立ちます。

そもそも一度糖尿病を患うと、不治の病と言う印象が、強いので、中々治りづらいと言うのが、実情です。

私は、糖尿病に患った事は、ありませんが、糖尿病に患った方は、繰り返し入退院による治療にかかった事が、ある方も見て来ております。

お話しはだいぶそれましたが、そのインスリンをキーワードとテーマにし、この記事の目的と対象となる方をお伝えして参ります。

この様にインスリンは、主に糖尿病を始めとする方に効果がある様です。

そのインスリンを今からお伝えして行きます。

予めご了承下さい。




糖尿病に効くインスリンとは?

このイラストの通り、食事するにあたって、膵臓のランゲルハンス島のβ組織で作られる、血糖値を下げる働きをもつ物質です。

このインスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり、たくわえたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりするのです。

こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれるのです。

そのインスリンの働きとは?

そもそもインスリンは、すい臓の働きによって作られています。

血糖が高い状態が続くと血糖値を下げるためにすい臓はインスリンを出そうと常に働き続けます。

ただこのインスリンの量が少なかったり、上手に働かないと血糖値が高い状態が続き糖尿病と呼ばれる高血糖の病気になります

つまりすい臓の働きが、弱まったらインスリンの働きが、弱まりやすくなると言う事に、なります。

このインスリンには種類が御座います。

基本的にインスリンは、冒頭のイラストの通り注射による接種で行う方法が、存在します

そのインスリン注射には複数の種類が存在します。その持続時間により5つの種類が存在します。

超速攻型。

速効型。

中間型。

混合型。

持効型。

と言う5つの種類のインスリンが存在します。この5つのインスリン効果の効力は、それぞれ異なります。

超速攻型だと効果は、急激に高まりますが、逆に持続時間が短いと言う難点が、御座います

逆に持効型だと超速攻型みたいには、急激に高まる事は望めませんが、インスリンの働き時間の効果が、ゆっくりと持続的に働く為、長い時間によるインスリンの働きが、望めます。いわゆる「兎と亀」です。

お伝えしたいのは、種類によってインスリンの働きが、異なる事です。

どの方法でインスリン注射をするかは、医師の方と相談して決めるべきです。




インスリンの副作用。

インスリンも一種の薬ですから、当然他の薬同様必ず副作用が、起こる可能性もあります。

例えばコレステロールを下げる薬の投与による副作用とか。

薬や医薬は、基本的に副作用が、必ず付き物です。

その事を踏まえるべきです。

そのインスリンが、一体どの様な副作用が、起こるのか?それを今からお伝えして行きます。

低血糖症。

まず可能性として上がっているのが、この低血糖症です。元々インスリンは、糖尿病の原因に当たる血糖値を下げる為の薬です

と言う事は、血糖値を下げるとなると、低血糖症になりうる可能性も出て来ます

この低血糖症になると、「運動後遅発性低血糖症、無自覚性低血糖症」等になる可能性があります。

インスリンアレルギー。

アルコールを摂取した際に、何かしらの腫れやかゆみって出ますよねこのインスリンでも同じ事が有り得ます

こぅなった時には、必ず医師の方と相談して下さい。

いくら糖尿病の予防の為にインスリンを接種しているからって、インスリンアレルギーを起こしたら元もこもありません

インスリン抗体による低血糖および高血糖。

これは正直言って難しいですね。何だろぅ( ´~`)。抗体が働くと言う意味ですかね?まぁ抗体が産生すると言う事ですね。

要するに、インスリン抗体が生まれて低血糖、高血糖を起こして、インスリンのコントロールが難しくなる可能性が、あると言う事ですね。

インスリンリポジストロフィー。

この項目でお伝えしたい事は、インスリンの注射部位が、皮膚の色の変色を起こる事です。

正直このインスリンリポジストロフィーと言う言葉は、非常に難しい言葉です。専門用語なので、馴染みがある方は、限られて来ます。

さて。そろそろお伝えする時ですね。先程お伝えした通り、インスリンの注射部位の皮膚の色の変色が、起こる事をお伝えしました。

同時に同じ所ばかりに、注射をしているとインスリンの効き目が、弱くなります




まとめ。

本文でお伝えした事を踏まえた上で、糖尿病を患ったら即座に、インスリンによる注射治療をすべきです。

糖尿病の状態が長く続くと動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞になり得ます。

故にインスリンを接種せず、糖尿病をほっておくと、より病状が悪化する恐れもあります。

と言う事は、インスリンはなるべくは早期に始めた方が良いでしょうね。

アレルギーになる可能性は、避けられませんが、やはり糖尿病になったらもぅインスリンによる治療で、やるべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。