健康

糖尿病って正直本当に恐いね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事でお伝えするキーワードとテーマである「糖尿病」。

この病気に一度なったら現在の医学では、治らないと聞きます。

私自身は、現在糖尿病に関わる病気にかかった事は、今の所ありません。

ただ比較的甘党ですので、いつなるのか!と言う不安は、正直心の何処かにあります。

私の不安を踏まえた上で、この記事を作成した理由と目的をお伝えして行きます。

兼ねてより対象となる方もお伝えさせて頂きます。

予めご了承下さい。




糖尿病って正直本当に恐いね。

40歳以上ですと4人に一人の割合で、糖尿病になると聞きます

何でなるのか?体内の「インスリン」が、不足しそのインスリンが効かないと血管の中が、糖だらけになり活性酸素が発生しやすくなり血管が傷つきやすくなります。

これによって血糖値が高くなり、糖尿病が起こりやすくなります。

厄介なのが体内で起こる病気ですので、初期段階では分かりにくいですが、ある現象が起こって来ると、それはもぅ糖尿病の可能性が高くなります。

まさに現代における不治の病。

まさにその通りとなります。

今後医学が、進んでいけば、糖尿病の治療が、進んで行く可能性が、生じて来ます。

ただそれでも不治の病である事は、変わりありません。

まさに油断大敵と言う事です。




恐らく糖尿病になっている方の可能性は?こぅ言うのに該当する。

今からお伝えする事は、私が調べた範囲で、ん?俺は糖尿病だな(;`・ω・)ノって言う方の傾向であり、特徴となります。

正直この中で、該当する方は、なるべく早めに治療やら検査に行く事をお勧め致します。

尿の回数や量が多くなる。

血液中にブドウ糖が増えると尿の回数が多くなります

更に血糖値が高い状態が続くとブドウ糖と一緒に排尿され、尿に泡立ったり甘い臭いがして来ます。

喉が乾きやすくなる。

この症状になると確実に糖尿病だと判断されます

理由として血糖値が高い状態が続くと頻尿になり尿と一緒に水分が排出される」為喉が乾きやすくなります。

もしそぅであるなら糖尿病として疑うべきです。

食べても痩せる。

いくら食べても満腹感が得られない。更に体重も減少傾向にある。

こぅなると糖尿病が進行し「インスリンの機能や分泌量が低下し、食事から接種した糖質をエネルギーに変換する事ができないので、脂肪や筋肉のたんぱく質を分解し、不足しているエネルギーを補うようになります」。

慢性的な怠慢感や疲れが生じて来る。

血糖値が高くなりインスリンの機能が低下して来ると、 ブドウ糖をエネルギーに変える事が出来なくなるので、休息しても疲れが取れにくく、常に全身がだるくて何もしたくない状態になります。




一体糖尿病になりやすい方は、どの様な方なのか?

この項目では、糖尿病になりやすい方の傾向をお伝えする形を取らせて頂きます。

ん?俺ってもしかして糖尿病!?もしこの中のどれかに、該当しているのであれば、一度糖尿病の検査をすべきです。

今からそれ等に該当する事をこれからお伝えして行きます。

遺伝と環境。

両親や親戚が癌の方だと遺伝すると聞きます

この糖尿病も同じです一方環境の方と言うと他の国や民族の方と比べたら日本人はなりやすい体質です

ましてや食生活のグローバル化で更に引き起こしやすくなってます。

肥満体型の方。

これは別の記事でもお伝えしましたが、肥満体型の方は要注意です

皮下脂肪と内臓脂肪と二種類御座いますが、特に内臓脂肪の方は、本当に気を付けて下さい

内臓脂肪が増えると異常に肥大した脂肪細胞が出来てインスリンの働きを低下させる物質が働きやすくなります

ストレスが溜まりやすい方。または耐性に齢方。

理由として「ストレスも糖尿病の大きな危険要因です」。

強いストレスを受けると、脳からアドレナリンなどのホルモンが分泌されインスリンの作用を弱めてしまうので、血糖値が高くなります。

偏った食生活。

特に甘い物や油っこい物が好きな方。更にドーナツやラーメンなど両方同時に含まれているのが好きな方は、気を付けて下さい。糖質が高いので。




では糖尿病を防ぐ方法は?

この項目では、その糖尿病を防ぎ予防する方法をお伝え致します。

この事は、正直申し上げますと、幼少の頃から取り組むべき事だと私は、考えております。

幼少の頃から蓄積された事が、段々と年齢が、重なるにつれて、体に現れ始めて来ます。

これは糖尿病にも同じ事が、言えます。

野菜を主とした食生活。

特に色の濃い緑黄色野菜やきのこ、海藻類などの温野菜をメインとした食生活を心がけて下さい

理由として食物繊維が多く含まれているので、血糖値の上昇を抑える効果があるからです。

ただし外食やコンビニで販売されている総菜は、糖質が高いので気を付けて下さい

肥満予防を主とした運動。

大切なのは内臓脂肪が落ちてくると血糖値が下がります有効なのは優酸素運動です

ストレスを溜めない。

この現代社会におけるストレス社会である以上、正直難しい対処法となりますが、どぅすれば対処出来るかそれを見つける事です。

塩分や糖分油っこい食生活から改善する。

これらを主とした食生活になると血糖値が高くなりインスリンが低下する恐れがあります




まとめ。

糖尿病を未然に防ぐ方法は、やはり若い頃からの生活習慣を徹底改善し、宝刀の意味で規則正しい生活を心掛ける事が、最大の予防なります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。