 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

腸閉塞(イレウス)になる原因はこぅなんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このテーマとキーワードである、腸閉塞(イレウス)とはその名の通り何らかの原因で、腸の働きが低下し狭くなった状態の事を意味を指しております。

そのイラストを示している通り、腸の働きの低下により食べ物の消化の機能が低下する状態の事の状態です。

私自身は、一度も腸閉塞事イレウスに、患った事は、御座いませんが、過去にお会いした方の中で、最低二人の方が、腸閉塞に患った事が、御座います。

その方々のご経験を踏まえて、お話しの方を進めて参ります。

その前に記事作成の目的と対象となる方をお伝え致します。

その上において、この記事でその対策法などをお伝え致します。

予めご了承下さい。

腸閉塞(イレウス)になる原因はこぅなんですね。

この腸閉塞は、大きく言うと機械的と機能的と二つに分類されてます。 具体的にどの様な症状なのか?それからお伝えして行きます。

こぅして見ていると腸閉塞は、最低限2種類が、存在しております。

その事をお伝えして行きます。

まずは機械的イレウスからお伝えして行きます。

腫瘍が物理的に閉塞した状態で、具体的には炎症や瘢痕による狭窄、先天性の奇形、周囲からの圧迫、腸管の捻れ、術後の癒着、異物や食べ物での閉塞、寄生虫による閉塞など腸管がつまった意味を指します。

これにより大腸癌を引き起こす恐れがあります。 この機械的イレウスは、更に細分化すると単純性と複雑性の二つのイレウスが、これに該当します。

この二つを先程の説明を兼ねて、簡単にお伝えして行きます。

単純性イレウスの病状は?

具体的に単純性イレウスの事をお伝えすると、この通りになります。

複雑性イレウスの病状は?

こちらの複雑性イレウスの方は、この様になります。

と最低として、機械的イレウスだけでもこれだけの病状が、出て来ます。他にも様々な病状が、出て来る可能性が、あります。

続いては機能的イレウスをお伝えします。

腸の働きや機能が悪くなり、内容物たまり、腸管が狭くなって詰まってしまう状態の事を指します。

これには麻痺性と痙攣性を該当します。 こちらの項目でも更に細分化された二つのイレウスの事をお伝えして行きます。

麻痺性イレウスの病状は?

具体的に麻痺性イレウスは、この通りになります。

­痙攣性イレウスの病状は?

一方の痙攣性イレウスに関しては、次の通りになります。

と言う恐ろしい病気です。原因として考えられるのは、恐らくこぅ言った可能性から来る事はお間違い御座いません。

年齢や閉塞の場所によって病状が異なり一概にどれが原因かは?分かりかねます。やはり考えられるのは、生活習慣が全て関わって来ます。

腸閉塞の前兆と病状。

そぅこのイラストを例える様に、腸閉塞の前兆には、何かしら体の反応によるアクションが、御座います。

その一例をお伝えして行きます。

お腹が痛くなるお腹が張る屁が出なくなるげっぷが多くなるお腹の調子が悪くなる」。

と言う事が最低上がって来ます。やはりイラストの例を上げると、いずれかが該当しますね。

その中において病状を上げます。

先程の各項目でご説明しました通り、腸閉塞になると腸管の中に、食べ物等の流れがスムーズに行かなくなります。

更にガスや消化物が充満します。この病状が、発生したら次の様な事が、起こります。

一体どの様な病状が、腸閉塞のサインとなるのか?

主なサインとなる特徴を上げます。

と最低これだけは、腸閉塞の病状として考えられます((( ;゚Д゚)))。

いずれにしろこの中のどれかの症状が、発生したらすぐ救急車による119番通報をお願い致します。

腸閉塞の治療方法と日頃から取り組んで欲しい事。

まずは腸閉塞にならない為に、どぅすれば良いのか?

まずは胃腸に負担をかけない事を日頃から心掛ける事からスタートです。出来るだけ消化に良い物を中心とした食生活に取り組むべきです。

簡単に言えば「野菜、果物、うどん、豆腐、白身魚」が上がって来ますね。逆に脂っこい物は、控える様お願いしますm(_ _)m。

治療は手術が第一です。もぅ一つは保存療法と言う物で、絶飲食にして、胃や腸の働きを休め、絶飲食の間は点滴を投与する方法です。

先程のお話しに戻しますと、私が今まで会って来た方の中にも腸閉塞持ちの方は、おりました。

腸閉塞になるのは、結局その人の日頃の生活習慣からだと思います。そぅなる前に日頃からの生活習慣に、気を配るべきです。

やはり日頃の生活習慣が全て。

この事をお伝えしますと、かなりおこがましく聞こえる事は、お間違い御座いません。

最悪記事の閲覧の途中に、退室もあり得ます。

最低二人の方に共通する事は、やはりストレスが、たまりやすい気質なのと、お酒好きが、特徴となります。

これ等が、全てと言いきれませんが、やはり日常生活から来るストレスは、間違いなくあります。

まとめ。

ここまで腸閉塞の事をお伝えして来ました。

本文でもお伝えしましたが、糖尿病同様一度腸閉塞を患ったら定期的な症状が、出て入院を繰り返す形になる事が、あります。

現に過去に知り合った方も何度か入院をしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。