 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
健康

薬物に走る事は弱い自分になってしまう事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワードとテーマは、「薬物」です。薬物と聞いたら真っ先に何を思いますか?メディアでよく取り上げられるのは(大麻と覚せい材)が、よく聞きますね?あと(シンナー)も聞きますね。

でもこの3つ以外に他にも存在します。その薬物は、最低以上の物が存在しております。

・ヘロイン。

・コカイン。

・合成薬物。

・睡眠薬。

・抗不安薬。

・LSD。

・アルコール。

・ニコチン。

とまぁ。最低限これ等が上がって来ますね。

ん?おっと(゜ロ゜)(アルコールとニコチン)が、上がってますね。薬物と聞いたら(依存症)が、強い印象がありますので、恐らくそぅ言う理由で上がって来ました。

この薬物の事をそれぞれお伝えして行きます。やはり内容をお伝えした方が、宜しい事です ゚Д゚)ノ。

勿論事この記事の対象の方をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

故に薬物依存に走ると言う事は、弱い自分に走ると言う意味も。

予めご了承下さい。

薬物の種類は複数存在する。

その薬物の事を上からの順番にお伝えして行きます。

ヘロイン。

モルヒネから合成された薬物であり、日本では1960年代から乱用され始め後に、使用者が増加する。

このヘロインは、麻酔性と依存性は極めて高いと言われており、多幸感が感じる様になるが、その反面(怠慢感、悪心、嘔吐)などが起こる事もある。

使用方としては(鼻からの吸引、あぶり、注射)による使用方法があると言われます。

コカイン。

この麻薬を使用するとコーク・バグと呼ばれる精神障害が起こる事も。

(麻薬及び向精神薬取締法)で使用禁止されており、こちらは(鼻からの吸引、注射、喫煙)などによる使用方法となります。

合成薬物。

簡単に言うとMDMAのと呼ばれるエクスタシーがこれに属します。化学物質から合成される麻薬の一種です。

睡眠薬。

簡単に言うと不眠症になった時に使用する睡眠安定剤の事です。

副作用として(持ち越し効果、記憶障害、早朝覚醒)などが起こり、アルコールと一緒に飲むと危険性が高い。

抗不安薬。

主に不安障害の治療薬として用いられる。使い方を誤ると投与直後から自殺の危険性がある。

LSD。

この薬物を使用すると強い幻覚症状が、現れる様になり、急性精神毒性の危険性が高い。勿論(麻薬及び向精神薬取締法)により使用は禁止されている。

アルコール。

これはお酒に含まれている成分です。お酒は適量なら(百薬の長)と呼ばれますが、気持ちよくなってしまうとつぃ飲んでしまいます。

適量を越えると体内の臓器への急性的な毒性になります

もっと言えば(肝臓病や脳の萎縮を始めとし、すい炎や糖尿病、骨粗しょう症、がんになるリスク)も一層高まる。

ニコチン。

煙草に含まれる成分で知られる物質です。喫煙をするとストレスなどによる興奮状態から気持ちをほぐす効果があると聞きますが、この効果は一時的であり、反復作用に犯されやすく、アルコールと同じで、身体に害を及ぼす可能性もある。

有名なのは、(喫煙者は肺がん)になりやすいと。

ここまで主な依存性の事を上げました。改めて薬物とは関係のない物質も上がってますが、正直言うと依存症になれば、薬物中毒と何ら変わりありません。

この上において薬物中毒に犯されると、法に反する行為とされ、最悪刑務所に連行され、人生を台無しにする事もあります。実際ニュースでも聞きます。

そもそも薬物に走るきっかけって何ですかね?勿論飲酒喫煙もですが

薬物中毒、依存症になる傾向とは?

一番多いパターンは、ストレスにより精神的な疲れや鬱により、走る事がありますねそのきっかけは、売人、インターネットからの購入ルートが、上がります。これにより精神的な快楽に陥ります

他にあるパターンは(友人、知人、先輩)からの勧めで始めるパターンです。これは飲酒喫煙も同様のパターンの手口となります。

断る勇気と決断が必要。

断れば仲間外れにされ、いじめられると言う恐怖感になります。それが、嫌でつぃ手を出してしまいます。

こぅ言う場合そぅでなければ、友人じゃないと言うのは、本当の友人ではありません。絶交される覚悟で断る勇気を出すべきです。

一度でも薬物に走ったら抜け出せなくなる。

そぅ薬物に手を出せば、確かに精神的な快楽になります。しかし依存症になれば、その薬物なしでは、生きて行けなくなりやがて刑務所行きとなり、次第には人生その物を台無しにします。

今の世の中じゃそぅ言うストレスが、原因で薬物に手を出す傾向がありますが、それは現実逃避しているだけで、自分の弱さに甘えてしまうだけです

薬物に手を出す前に、自分の弱さとどぅ向き合うか。まずはそこからです。薬物依存症にならなくても、薬物依存症に陥っても決して一人で悩みを抱え込まず、相談所に相談して下さい。きっと手を差しのべてくれます。

薬物だけでなく実は、アルコール依存症に陥って、人生を棒に振るケースも存在します。

まとめ。

ここまで薬物と依存性の事についてお伝えして参りました。

よく薬物に手を染めて、人生を棒に振る方が、よく見かけます。

このストレス社会ですからやはり己の弱さと甘さに打ち克つ精神力が、必要な社会となって来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。