イノベーション

読書をする事でもたらす恩恵とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




このキーワードでありテーマである「読書」をメインとした記事を何故する事にしたのか?

何で読書をする事で、恩恵があるのか?

その事をテーマに今回お伝えして行きます。勿論の事記事の対象の方もお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

となります。特に最後の「読書が嫌いだけど、やらなければならないと思っている」方に関しての方は、この記事の最もメインターゲット層となります。

理由として「かつて私自身」がそぅでしたから。詳しくは、後にお話しします。

予めご了承下さい。




読書は本を読む事なり。

まさにその名の通りです。読書とはその言葉の通り書物を読む」「本を読むと言う事です

書物ってその著者の方一人一人の(考え、理論、信念、感性、経験)等が形として記されてます。

特にどのジャンルとは決めかねますが、いずれにしろ書物はその著者が作り上げた(一つの作品として現したいわゆる宝物であり、一国であり、居城であり、宮殿であり、灯であり、街)であります

誰が何と言おうと私はそぅ思ってます。

書物を作成する事はあるし建物を作る事。

今お伝えした通り国を作るにしろ、城や宮殿と言った建造物にしろ、街を作るにしろ、大本って人々の経験と知恵が、積み重なり、その積み重ねによる経験が、生きて始めて作られる事です。

この事は書物だけではなく、他の芸術作品やエンターテイメントにおいても同じ事です

作品を作る為には、当然であり当たり前の事であり材料が必要です。その材料は先程お伝えした通り知恵と経験です。その上において閃きと衝撃、イノベーションです。

それもより高い物を求める事が。

そして作品をどぅクオリティに対して、どこまで(徹底的にこだわりを持ち追求して行くか)が焦点です。

それが出来て始めて作品と言う物が生まれます。

本を読むと言う事は。

その一つである書物を読む事で(作者と言う)一つの国が一体どぅ言う構造でこの国が出来てるのか

それに触れる事で、読書を始めとする数々の作品の恩恵が得られますその恩恵を自分の知恵や教養としてやがて活きる

さてそろそろ私が今回このキーワードを記事にした理由をご説明したいと思います。

読書は本の中に存在する一種の世界。

そもそも私にとってほ読書って何ですか?って。個人的には、その作者の知恵、経験、感性、教養、能力を一つの国であり、城であり、宮殿であり、街、財産、文化を書物として形にした事を伝える目的としている事です。

読書をする事で、その言葉の文章の奥底に存在する(世界観)に触れる事で、一人一人の(知性、感性、柔軟性、教養、能力、決断力、判断力、指導力、閃き、想像力、世界観)等を高め磨き上げると言う恩恵が御座います

そぅ。その書物と言う無限の迷宮が、人の可能性を広めると言う事がどれだけ重要なのか。それを著者達は、書物を通して日々伝えている。

書物でも普通のもあれば、(文庫本や新書、雑誌、漫画、辞書、電子書籍)と言った様々な分類に別れる。

またジャンルにおいても(世界史、日本史、政治、経済、ビジネス、自己啓発、文学、金融、スポーツ、文学、カルチャー、物理学、ジュブナイル小説、社会、哲学、経営学)等と言ったジャンルが存在します。

私の場合は、紐の栞が入っている物を好みますと言うよりそれじゃなきゃ嫌だ!って言うのが本音ですね




読書をするかしないかで、人の可能性の差が大きく変わる。

さてこれだけでも様々なジャンルが存在し、先程お伝えした通り人の様々な可能性の幅を広げ、能力を高めてくれますね中には一般常識を身に付くのも

実はビジネスの世界において(読書)をする人としない人との間で、仕事の結果に対する差が大きく開く事があると聞いた事があります

もっと言えば学生時代あるいは、幼少期の頃から読書習慣があるかないかで、その人の可能性の広さも決まってしまうと言う事も

読書は学生時代において必ず一度はする事になる。

恐らく誰しもが一度学生時代問わず(本を読みなさい)と言われた事があるはずです。

私自身もそぅでしたから。最初は押し付けられて読むか、読書感想文の宿題辺りで読む事がきっかけじゃないかと思います

ただ(嫌々か何となく読むだけ)でしか教わってない可能性があります。

そぅじゃなく(読書の意味の本質を伝えいかに好きで楽しくなる為に導く)事が、読書をする重要性を伝える事が大切です。

故にただ読書をするだけでなく、現実に対応し、自分と言う居城をいかに強固であり磐石でありタイトで引き締まった状態として完成する為に、より確実で効果的な書物を読むか!です。

それは自分自身と世の中の本質を自問自答し、見極めた上でする事です。故に本当の意味においての高い(知性や教養)が記された書物です。

読書家は常に限られた時間でも読書を怠らない!

読書をする方は、常に限られた時間の中において(読書をする習慣)を怠らないと言う方が大勢だと思います

それは即ち(日々自己成長)を求め続けている事です。彼等は常に読書をしなければ(自分自身が駄目になる)と言う危機感があります。

私の場合は、過去に自分の無力さを思い知り、(このままじゃ自分が負け続けるままだ!)と言う危機感が理由で始めました

最近では電子書籍も出てます。勿論素晴らしい事です。でもやはり本は紙の本です。

なおお勧めの書物であり私のバイブルとしての書物をこの場をお借りしてお伝えしておきます

危機にこそ経営者は戦わなければならない理由は著者の方が、(本当に危機感を持たなければならない)と言う本質が記されてるからです

是非ともおすすめ致します。

もぅ一つがハーバード流逆転のリーダーシップですこちらは(本当の意味で国際社会で活躍出来るリーダーに必要な事が記されてます)。

読書だけでなく実社会で学ぶ事も必要。

最後にいくら読書習慣があるからって、やはり実社会で経験し、実際の真実を知らなければ何もなりません。

また嫌いな方については、やはり実践で勉強をし、その本質を見極めて成長して行く事です。

それも本当の事、正しい事を知っている方に師事をした上でです。それも自分自身と言う存在を見極めた上でです。




まとめ。

ここまで読書の事をお伝えし、その読書が、どれだけの事をお伝えし、どけだけの事を学べるかをお伝えして参りました。

読書は、常に人を成長させる為に存在する事です。

それが出来るか出来ないかはその人次第です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。