健康

白内障の原因を見つけ早期に予防治療すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




このキーワードである「白内障」は、年齢の加齢が進むにつれて眼の水晶体が白く濁って視力が低下する病気です

その他に「緑内障」と言う病気も存在しますが、今回は白内障を絞ってお伝えします。

よく高齢者の方で、目が白く濁っている方が、いる事で知られます。

私も何名かそぅ言った方を見て来ました。

中には本当に直したくて悩んでいた方もおりました。

その事は、後々お伝え致します。今は、白内障の事を詳しくお伝えする事が、先決です。

それでは本題へと入らせて頂きます。この白内障とは一体どの様な病気であり、どの様な事で白内障の原因となるのか?

どの様にして白内障の治療するのかを。

更にどの様な方を対象にした記事なのか?

その事をお伝えしてから改めて、この白内障の事をお伝え致します。

予めご了承下さい。




白内障とは?

先程お伝えした通り(加齢が進むにつれ目の水晶体が白く濁る)目の病気の事を指します。別名(老人性白内障)とも呼ばれる場合もあります。

初期の頃はそぅでもありませんが、個人差もありますが、早ければ40歳を過ぎるとこの症状が出やすくなります。具体的に現れる状態は、この様になります。

白内障になると以下の事が生じる。

まだ御座います。

と言う主な症状が、この白内障の症状となりますそぅ言われると私も③は、確かに該当しますね

気を付けないと。自分で言うのも何ですが、日に日に重ねて行くにつれ、本当に太陽の日差しが眩しく、目が眩む様になりましたね。もしこれが本当に白内障に該当するなら私も他人事ではないですね(≧口≦)ノ

ではそろそろ具体的な病状と原因部をお伝えして行きます。

白内障の病状。

まず病状ですが、先程の話に戻しますが、視力の低下となり、目がかすむようになり、ぼやけて見えるようになり、二重三重にだぶって見えるようになり、光が眩しくなりやすくなります。

例えば晴天の日の日差しが通常よりも眩しくなったり、車の運転時において対向車のライトが眩しくなったりとかを感じやすくなります。

あと近視が進行するかの様な感じになり、遠くの物が見えにくくなります。更に目の黒い部分が白く濁る様な状態となる関係で、通常より目で見る物が、白く濁る様に写る様になります

と言う病気です。つまり目の水晶体が通常は黒い水晶体であるが、この白内障になるとその水晶体が白く濁っている状態となります

この白内障の場合複数の種類が存在します通常ですと加齢によってなるケースが多いですが、糖尿病が原因でなるケースも判明されてます

白内障の原因は複数存在する。

その糖尿病がなるケースを含め今から原因部をお伝えして行きます。

他にも御座います。

気になったのは(②と③)の部分です。糖尿病による原因でなるケースがあると出てますが、実はこれ本当のようです

詳しいメカニズムはまだ分かってない事もありますが、どぅやら長期に及ぶ高血糖が原因と言われます

風疹の場合母親が妊娠中に風疹なった場合において母体内の胎児にも感染する恐れがあるので、出産時において(生まれつきの白内障)持ちとして生まれるケースも存在します

ではこの白内障の治療解決法をそろそろお伝えして行きます。




白内障の治療法は?

先程触れた糖尿病から来るケースは、合併症のリスクが高いので、特に重度の糖尿病患者の方は細菌などに対する抵抗力が弱く、感染症を起こすリスクや、傷が化膿するリスクが高く、創傷治癒も遅くなってしまいます。

従って術前から血糖値のコントロールが必要となります。

解決法としては、勿論薬等の治療や検査も必要です。結論としては(手術)です。それも(国内最大規模の環境設備が整った)病院でやるべきです。

確かに街中の各眼科では(日帰り手術)を実施している所が多いです。それだけ腕に自信がありそれだけの設備が整っているからでしょう

しかし私としては、日本で一番と言われている(井上眼科)と言う所で通院し、検査し、手術をすべきです

白内障の手術がどぅして井上眼科にこだわるのか?

最初の頃の話に戻しますが、実はかつて白内障に悩んでいた方に、この井上眼科を紹介しました

理由として私自身も小学生の頃に目を悪くし、この井上眼科に定期的な通院治療により(治る事はもぅ不可能)と言われた視力を回復した経緯があるからです

その事を踏まえた上で、その方の現状を考えると井上眼科なら治る可能性があると確信があったからです

ただその方の当時の年齢が70歳前後でしたので、正直井上眼科で駄目ならその時は、諦めて下さいと言う事をお伝えした上で、井上眼科を紹介しました

そぅ井上眼科ならきっと治してくれるそぅ信じて紹介しました

井上眼科での治療の結果は?

さてその井上眼科に通院後の結果ですよね?流石と言うべきです。

何しろ井上眼科に通っていた医院じゃ見つけられなかった事が、見つかった事が、何よりの証拠です。

その結果ですが、予想外の事を言われました

今まで通院してた所とは、診断結果が、出なかった事が、この井上眼科で出た事です!!( ; ロ)゚ ゚

それは(角膜炎の炎症)です。これが判明した時は、あぁ(*_*)流石井上眼科だなぁって!!( ; ロ)゚ ゚この時に改めて井上眼科の凄さが分かりましたね(^-^ゞ

その後本格的に白内障の手術を行い無事に手術は成功しました

白内障の手術は医療環境が整った所でやるべき!

と言う事です。どぅしても白内障の治療を本当にお考えならそれだけの環境を整った病院でやるべきです。

井上眼科で駄目な時は、その分野においてもっと専門的な眼科を紹介してくれると聞いた事があります

白内障が治らないと決めつけないで、わずかな可能性を信じて諦めずに治療をすべきです。

実際私も最後まで諦めないで、治療した方を見て来てますので。

あと私自身も久々に井上眼科に行きたいです。理由は先程お伝えした通りです。

その井上眼科ですが、地方から泊まり掛けで来る方も大勢おります。何しろ日本で一番の眼科ですので。そぅ考えると予約も困難な状況です。




まとめ。

ここまで本文で、白内障の事をお伝えして参りました。

俺白内障だなって思いましたら直ぐ様白内障の治療を行っている眼科に行くべきです。

井上眼科と順天堂大学病院になりますと、地方の方にとっては、かなり遠出となります。

ただ本当に白内障を直したいなら井上眼科に行くべきです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。