イノベーション

経済の発展を望むならコツコツと地域経済の活性化を推進すべきです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事を作成するにあたって色々と世の中の動きを見ましたし、過去に学生時代に勉強して来た社会科の授業の事をふと思い出しまして、この記事のレイアウトをどぅすれば良いか試行錯誤しました。

結果として今の世界経済の発展の一つの要因として地域経済の活性化が、一つの要因として私は、見ております。

詳しい事につきましては、後程別の項目でお伝え致します。

この項目でお伝え出来る事は、今世界中に名を轟かせている企業も最初は、一つの小さな地域から発足し、その地域密着からスタートしたのが、始まりです。

そこからやがて日本を始め世界に進出し、やがて日本経済の枠を越えて世界経済を牽引するまでに至りました。

そろそろお話しを進めたい所ですので、対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




地域経済はその国の文化を象徴している。

改めてお伝えする形となりますが、今世界中に名前と存在を轟かせている企業もかつて地方から創業した企業も御座います。

今でも地方に本社を構える企業も御座います

ただそぅ言った現代社会的な経済活動でなく、本当にその地域に密着し、地域の文化を伝え、その地域の良さを伝えてこそ、地域活性化に繋がると言う事をお伝えしたいのです。

地域経済活性化のメリットとは。

いくら地域の良さをアピールして、その地域の経済を活性化させてもメリットとデメリットを把握し理解しないと、本当の意味での地域経済活性化に繋がりませんからね。

さてその地域経済を活性化するにあたってのメリットとなりますが、やはりその地域の特徴と産業、文化が世間に広まり、例えば何かの名産地の観光ツアーの企画運営、名物の食事のPRだけでも集客出来るだけの強みが、出て来ます。

また近年地方都市においても大型ショッピングセンターの進出や、映画館と言った娯楽産業の進出も出て来ております。

その地方都市伝統の観光産業と現代的なビジネスにおけるハイブリッドで、地方都市の地域活性の強みが、活かされて来ます。

その流れに沿って、当然雇用の拡充の必要性も出て来ます

そぅする事によって雇用から始まり、地域経済の活性に伴って税収が、増えて結果として微力ながらその国の経済の発展に大きく貢献しております。

地域経済活性化のデメリットとは。

その一方で、地方における地域経済活性化におけるデメリットも生じて来ます。

分かりやすく言えば、光ある所に影ありし。表もあれば裏もあると言う事ですね。

まず地方での地域活性化のデメリットは、市場規模が都心部と違って小さい事です。

農業、家畜と言った産業になりますと当然農村部の方が、圧倒的に有利ですが、今世界に轟かせている地方発足企業の様に大々的なビジネスになって来ると、確かに土地はありますが、人口が少ない地域になりますと、事業規模の拡大が、至難の業となり得ます。

次に最低賃金の問題です。

東京と言った都心部ですと、最低賃金はそれなりにありますが、一方地方になって来ますと、最低賃金の格差の問題が、生じて来ます。

いくら地方ベンチャーと言っても安給料じゃ行くかどぅか迷いますね。

ただ自分自身の力でこの地方経済を世界で戦える心意気が、ある方なら迷わず飛び込むでしょう。

分かりやすく言えば、今のインターネット企業の起業家の方々が、それに値します。

何と言っても地方経済のデメリットは、情報網の乏しさです。

今の時代インターネット社会ですが、都心部と比べたら人口の数が圧倒的な差が、ありますので、人脈の幅を広げるのに制限があります。

人との対面でこそ生まれるイノベーションもありますので、そぅ言った面においては、不利になって来ます。

ただ今の時代SNSが、浸透しているので、そのSNSを有効活用すれば、地域経済の活性化に伴い地方創生の可能性が、生じて来ます。

名だたる経営者や偉人達も最初は、ゼロからの何もない状態からのスタートした方も中には、おります。

そぅ考えたら今の時代ですと、インターネットとSNSを上手く有効活用すれば、道は切り開けます。




今世界に轟く企業も最初は地域経済からスタートしております。

先程から何度も繰り返しお伝えする形になりますが、日本企業だけでもかなり計り知れない位、地方から誕生した企業が、数多く存在しております。

この話しになりますと、正直日本社会と日本経済の事を知らないとマニアックな話しになりかねません。

従いまして、日本以外の方になりますと、非常に敬遠される可能性が、生じて来ます。

その所をご了承下さい。

名前を上げるとすれば、ヤマダ電機で知られるヤマダホールディングス、ユニクロで知られるファーストリテイリング、ニトリで知られるニトリホールディングスと言った企業の本社は、東京でなく、それぞれの発祥の地で現在も構えております。

いずれにしろ今日本を支える企業の多くは、地方からスタートした企業もあると言う事です

地方創生がその鍵を握る。

これまでの日本の歴史の歩みを辿って行くと、今や昭和戦後以降からは、東京一極集中と言う印象が、強く持ちますが、今や新型コロナウイルスの関係で、リモートワークが浸透した関係で、地方に移住する方も出て来ております。

その関係で地方で起業を起こす方も出て来ております

私が知る限りでは、岐阜かどこかの山奥で、豆腐屋の創業をした若い方がいると聞いた事があります。

こぅして若い方の地方移住によって、地方に新たなイノベーションが、誕生する可能性が生じて来ます

例え小さな地域でも大きな経済に発展する事もある。

先程から何度も繰り返しお伝えしておりますが、今世界経済を席巻している日本企業の中には、地方から発足した企業もおります。

中には今でも地方に本社を構えている企業もおります。

話しはそれましたが、地方都市伝統文化特有の伝統工芸においても立派なビジネスです。

日本文化を伝えると言う立派な心意気が、伝わって来ます。

外国の方に日本文化を伝えると言う願ってもないチャンスです。

中には外国の方が、地方産業に就く事もあります。




まとめ。

ここまで本文で、経済の発展を望むならコツコツと地域経済の活性化を推進すべきである事をお伝えして参りました。

地方における伝統産業。たとえばねぶた祭り、なまはげ、だんじり祭、舞妓。

伝統工芸であるなら有田焼、京人形と言った有名な伝統工芸が、存在しております。

こぅ言ったその地域でしかない伝統産業を伝えるだけでも地域経済の活性化に繋がると言う事です。

ちりも積もれば山となる。ですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

地域経済の活性化に貢献してくれるパートナーです。

地方創生に伴う地域経済活性化を図るならやはりそれ相応のパートナーとなる存在が、必要となって来ます。


そのパートナーなら地域経済に役立つビジネスのノウハウの提供、宣伝PR、経費削減等をご提案してくれます。


そぅ言ったパートナーを味方につけて、自分にはない能力を持っているパートナーと組んで、皆様が思い描く地域経済活性化に伴う地方創生を目指しましょう!

これぞその地域経済の発展に貢献してくれるパートナーです。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。