健康

アルコールアレルギー持ちの方について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




アレルギーこの言葉を聞いて正直良い思いをした方は、いないんじゃないかと思います

この世の中には、様々なアレルギーが、存在しております。

今回はアレルギーの中でも「アルコールアレルギー」をキーワードでありテーマにしてお伝えして行きます。

その上において今回お伝えする事を対象にした方と、その作成目的をお伝えして行きます。

予めご了承下さい。




アルコールアレルギー持ちの方について。

その名の通りアルコールに対するアレルギー持ちの事を意味します。言い方を変えれば、酒が飲めない方の事を指します。

私自身も「アルコールアレルギー」持ちです。それにこの対象の方って実は私自身全て該当しております。

まるで私の事を意味している様に見えますよね?私自身の事は、後に詳しくお伝えして参ります。

私自身に実際でありリアルに、お会いすれば分かりますが、よく言われますが、見るから見た目はお酒に強く酒豪と呼ばれる位飲める体格をしてます。

でもアルコールアレルギー持ちです。父方の叔父も見た目は同じく飲める体格してるのに、実はスポイト一滴分でさぇも駄目」なんです。

アルコールアレルギーは遺伝的な体質?

恐らく私のこのアルコールアレルギーは、父方の叔父の劣性遺伝でしょう。また祖母の覚醒遺伝の可能性もあります。

それでも酒の席に行くと「飲めないのに飲め!」と言って来る方がおります。今はそれはまったくありませんが、昔と言うより特に20代前半だった頃は、「アルコールアレルギー持ちだから飲めない!」と言ったにも関わらず「飲め!」と言われました。

当時も今もこれからも過去にそぅ言って来た方とは、お付き合いはしたくありません正直人の事を何も知らず、無理矢理そぅ言う事をする方といるだけでも煩わしいので

アレルギー反応は体に現れる。

これは、アルコールアレルギーだけに限りません。他のアレルギー反応でも体に現れる事も有り得ます。

アルコールアレルギーの方に、話を戻させて頂きますが、飲んだ後に「唇の所におできが出来たり、顔が赤くなってかゆみが出たり、体調を崩したり、咳やくしゃみが出たり、蕁麻疹や温疹、下痢や腹痛、吐き気」とか色々と症状が出ます。

私もこれに該当してます。当時20歳になって間もない頃に、ビールを飲みました。飲んだ明くる日「唇にデカイおできが出来ました」。

幼少から2013~2014年位まで、お世話になってた内科の先生に、相談したら即座に「今後は絶対飲むな!体質がまったく合わないアルコールアレルギー体質だ!」と言われました。




日本人はアルコールアレルギー体質が多い?

実は我々日本人の約半数(二人に一人)は、生まれながらアルコールアレルギー体質(アルコールを分解出来る酵素を持ってない)を持っている事が判明してます。

元来アルコールは、肝臓内で分解されて(毒性物質アセトアルデヒド)になります。

しかしこの時分解しきれなかったアセトアルデヒドは、血液中に流れアレルギーの原因となる(ヒスタミン)を発生させます。

その原因の一つがアセトアルデヒド?

また二日酔いの原因もこのアセトアルデヒドも言われている事もあります。

このアセトアルデヒドは、エチルアルコールを酸化すると生じると聞きます。

一方のヒスタミンはと言うと、簡単に説明すれば肥満細胞で生成され,生体組織に広く分布している活性アミン。

いずれも専門分野になって来るので、詳しく説明すると長くなりますのでここいらで差し控えます。

つまり飲酒後に、悪酔いする方、二日酔いの経験がある方、酒を飲んで酔い潰れ、体調が悪くなった方は、アルコールアレルギー持ちの可能性が、あります。

つまりアセトアルデヒド持ちだと判断されたら酒は合わない体質だと?

そぅ言う事になります。と言う事は、自分自身の体質を知った上で酒に合う体質かを知る事が第一です。

合わない方は、確実に飲まない方が絶対です。故に勇気を出して断る事です。それが例え嫌われる事なり、交遊関係が絶交になってでも。

一方合う方は、今後詳しい内容を知った上で飲む事です。飲めば飲むほど強くなると言う事は、よく聞きます。

これには別の分解物質( ミクロゾームエタノール酸化酵素MEOS)と言う物質の働きが、活発だからです。ただ一方でお酒に強くなると同時に(薬に対する耐性が出来て来る)と言うリスクもあります。

故に癌の発生リスクも高くなります。

結論としては飲めない方に無理に飲ませてしまう事は、よくありません。その上において自分が強いからと言って過信して無理に飲みすぎたらMEOSが働いてしまう可能性がありますので、自分の適量を知った上で飲む事です。




まとめ。

ここまでアルコールアレルギーの事をお伝えして来ました。

確かに社会に出ると、お酒が飲めない方は、正直肩身が狭くなります。

ただアルコールアレルギー持ちなら本当に、勇気を出して、無理してまでお酒を飲まない事が、一番です。

自分の体を壊してまで飲む必要が、ありません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。