健康

ストレッチを更に効果的にやる方法は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




そのストレッチですが、どぅやったらストレッチが、効果的にやれる方法が、そんざいするのか?

それ以上に、どぅしてこの記事を書く事を決意したか。と言う理由ですが、いつも通りgoogleを開いた時にストレッチでさらに女性らしく!」の記事を目にしたからです。

読んで行くにつれて(私がここ最近でより効果的なストレッチ法)をお伝えするべきと決めたからです。だからこそ書く事を決意しました。

ただこの記事で、初めてこの「ストレッチ」の記事を見る方もいると思いますので、初めて見る方にとって分かりやすい様にお伝えして行きます。

また様々な過程において私が学んだ「更に効果的なストレッチ」をお伝えして行きます。

その前に、この記事の対象の方をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

予めご了承下さい。




毎日のストレッチを重要視する理由は?

まず私が何故ストレッチの重要性を強調する理由からお伝えして行きます。またその中においてストレッチとはどぅ言う事なのかもお伝え致します。

まずはストレッチとはどぅ言う事を意味するのか。そこからお伝えして行きます。

ストレッチとは?

簡単に説明しますと、体を柔らかくする為の柔軟運動です。

分かりやすく言えば、膝の屈伸、アキレス腱を伸ばしたり、股関節を広げたり、内腿を柔らかくすると言う関節の柔軟運動です。

何で改めて私が「ストレッチの必要性を強調するのか?私個人の意見としては、疲労回復に伴う(疲れにくく疲労が抜けやすい体作り)と(怪我をしにくい体作り)の為です。

それに伴い(より確実な結果を出す為に必要な事)だからです。

その上でストレッチをする事で、どの様な効果があるかをお伝えして行きます。

やはりより詳しく明確に説明しなければ、私がストレッチの必要性を強調する理由が見えて来ませんからね。

まずストレッチを行う事によってのメリットからご説明致します。

ストレッチをする事によって得られる事とは?

日頃の日常生活において通勤電車や立ち仕事による(立ちっぱなし)、事務職における(座りっぱなし)、肉体労働における(筋肉の疲労)などにより(身体の使い方の癖)により筋肉の硬直、眼精疲労、肩凝り、首凝り、頭痛、腰痛、膝痛などが起こりやすくなって来ます

これは身体の使い方の癖により身体の柔軟性が乏しく(身体が固くなっている)事です。

こぅ言う状態が続くと(血液の流れが悪くなり)体内の血液と酸素の循環が悪くなり結果として血液のドロドロにより(疲労などの老廃物)が蓄積されやすくなります。

身体が固い状態だと悪い方向になる。

結果として先程お伝えした通り(腰痛、肩凝り、首凝り、眼精疲労)などか起こりやすくなり、脂肪などのコレステロールや贅肉が溜まりやすい身体になります

また骨盤や背骨などの歪みも生じやすくなって来ます。

更にストレッチをせずに筋肉トレーニングなどの運動を行うと、疲労が溜まりやすくなる事はおろか、筋肉の柔軟性が乏しくなりやすく、体内の血液循環に伴う酸素と細胞の流れが悪くなります。

結果として筋肉がつくのには、全く効果がなくなります故に怪我もしやすくなります

その為には、より確実なストレッチをする事が大切です。その中で(より効果的)なストレッチをお伝えして行きます。




ストレッチをする事のメリットは。

さていよいよストレッチをする事によるメリットとその効果的なストレッチをどぅすれば、出来るのか?

その事をお伝えして行きます。

血液循環が良好になり、代謝が高くなりやすくなる。

まずストレッチをする事によって体の骨と骨との間が広がり、結果として体の関節の可動が広がりやすくなります。

その結果筋肉の伸縮性がスムーズになり、筋肉の緊張感がほぐれやすくなる為(血液循環)がよりスムーズになるので、新陳代謝が高まる事で、疲労が抜けやすく老廃物の排出がより効果的になります。

この為消費カロリーの量が高まり、(肩凝り、首凝り、眼精疲労、腰痛)の予防にも繋がります。

健康面だけでなく美容効果にも絶大的である。

先程お伝えした通り(新陳代謝)と(血液循環)効果が高まる事で、老廃物の排出がよりスムーズになります。

その為肌の汚れも同時に排出されますので美肌効果にも繋がります。

更にデコルテ部分をストレッチしておけば、更なる美容効果が高まります。

ストレスを感じにくい身体に。

実はストレッチには副交感神経(リラックス神経)を高める効果もある為、リラックス効果と体内のホルモンのバランスを整える効果もあります。

結果としてストレスの緩和によりリラックス効果が現れます。

このストレスにはこの様な効果があります。しかし!ただするだけでなく、より確実で効果的に行う必要もあります。そして今回のこの記事を通してお伝えする目的でもあり



ではどぅすればより効果的なストレッチが出来るのか?

さていよいよ効果的なストレッチをどぅするば、出来る方法ですよね。

私が、学んだ事をお伝え致します。

己の身体の柔軟性を知る上で行う。

伸ばす事はとても重要です。けど闇雲に伸ばすだけでなく、大切なのは(自分の柔軟性を知る上でどこが硬いか)を知る事です。

最低10秒以上はキープする。

今回私が見た記事では(15~20)秒が、理想だと記載されてましたが、今改めて仰る通りです。

ただ短い時間で伸ばすだけじゃ効果は出ませんから大切なのは、いかに効果的にじっくりとそのストレッチをキープする事です。

左右交互に何処が伸びているかを意識する。

片側だけやっては意味がありません。それじゃ身体の左右のバランスが悪くなります。

それに伴い何処を重点的に意識して伸ばす事が一つの焦点です。

もし意識している所が伸びたりないなぁって感じたら角度を変えてみて伸ばす方法も一つの手です。

呼吸をしながらする。

ストレッチをする時に呼吸法を取り入れると(筋肉が緩み血液循環を促進し、酸素や栄養の供給)効果が高まります。

これに伴い疲労軽減効果、老廃物促進効果も高まります。大事なのは「長く、ゆっくり、深く」する事です。

内腿であり内転筋を柔らかくする。

何故なら内腿と股関節は、物凄くかなり密接に繋がっているからです。

ん?俺股関節が、硬いなぁって感じたら内転筋と内腿も柔らかくする事から始めて下さい。

そぅすれば、腰回りを含む下半身の血流が、良くなります。

と言う事が効果的なストレッチ法です。

ここからは私が今回お伝えしたい事であり、投稿の目的です。




ストレッチを更に効果的にする方法は?

この方法も私が、学んだ方法です。

いったいどぅすれば、更なる効果的なストレッチが、出来るのか?その事をお伝え致します。

整体を定期的に行う事を併用する。

骨格矯正や鍼灸を行う事で、骨と骨の間が広がる事で「関節が柔らかくなりやすい」事が判明しました。

実際に股関節のストレッチをする時に今までよりも更に広がりやすくなりました。

ただしやるなら1、2週間の内は必ず定期的に行って下さい。また全身の骨格矯正をして、その上で鍼灸を行って下さい。

膝の屈伸をする時には、足首をしっかりつかんでする事。

これは以前に(メレンゲの気持ち)を見た時に、畠山愛理さんが、番組内でレクチャーしてました

何でもこの方法でやると(ストッパーがかかるようになる)ので、太ももの裏とお尻が確実に伸びやすくなりますこぅする事で開脚時において伸びやすくなります

肩甲骨を伸ばす。

肩甲骨は様々な関節と神経と繋がってますので、この部分を伸ばす事でより柔軟性が高まります。実際股関節や背中も以前に比べたらだいぶ伸びる様になりました。

やるなら風呂上がりにやる。

入浴であり湯船に浸かった後身体が最も柔らかくなりやすいので、より効果的な方法で望むならこの方法が確実です。実際昼間の時と比べたら全然伸びが違いますので。

そぅ私が本当に伝えたかった事が、後から説明したこの4つの方法ですより効果的にやれば身体の柔軟性が高まり疲労も抜けやすく、仕事が図りやすくなります

そぅする事で、より確実で高い成果を生み出せる事になります。

また美容健康面においてもより質の高い効果も得られます。是非この記事が何かのきっかけであり参考にして頂けたら幸いです。




まとめ。

ここまで本文で、ストレッチをより効果的にやる方法をお伝えして来ました。

こぅして改めて振り返りますと、ただ闇雲にストレッチをするだけでなく、体の関節の仕組みを知り、その部分を効果的に柔らかくする事が、肝心だなと言うのが、伝わって来ます。

股関節を柔らかくしたいなら内腿と内転筋を柔らかくする事から心掛けて下さい。

それが最も確実で効果的なストレッチです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。